ふるプニっ! No.6 トモエ

Posted at : 2011年 / 11月 / 26日
週末恒例池ポ通い。エボトイのふるプニっ!トモエがいよいよな
ワゴン値段になってましたので、保護しときました。しかし毎度の
ことですが、ほんとにレビューが少ないですね、ここの商品は。
誰も買ってないんかと真剣に思います( ̄▽ ̄)

てことでレビューっぽいことをしてみます。まずはパッケージ。


ブリスター。

右上に謎のスペースがw このメーカーさんにはままあります。

箱のベロにお札。


刀。鞘は納刀できるものと、単体で持つ用(ちょっと細くなってます)
の二種類。


同梱されていた謎アクセサリー。

パッケージにも公式サイトにも説明がないので、一体どこに
付けるものなのかさっぱりですwww形状的に、刀の下げ緒かな
とも思いましたが、長さが合いませんでした。

素立ち正面。

あ、エヴォスタンドは付属しません。以前はもれなく付属したん
ですけどね。ちなみに髪のボリュームのせいかフィギュア自体が
かなり重く、エヴォスタンドでは支え切れないケースもありました。

サイド。

腕が中途半端に曲ってますが、これが限界。これ以上はまっすぐ
ならない仕様です。髪に可動部はありません。

背面。


バストアップ。

顔の出来は悪くないと思います。もみあげ部分はやや固めの
軟質素材。もうちょっと柔らかいとポーズ付けが楽になったん
ですが。ここで強くこすると髪の黒が肌に移ることがあるので
注意が必要です。

袖の構造。

蝶番形式で可動します。

袴。いろいろと開発陣の苦労がしのばれます。

内側に、足にはめ込むクリップが付いていて、脚と袴が連動しやすく
なっています。袴は軟質素材で割れ目もありますので、なくても
いいような気もしますが。

足首と下駄。

足袋・下駄は鼻緒のところで別パーツになってまして、ほんの
わずか、ニュアンス程度ですが可動します。

抜刀ポーズ。


怒り顔。





脚はけっこう開くんですが、あまり開きすぎると腰の関節が
外れちゃいます。

巫女さんらしい穏やかな笑顔。



和服ってのは、とにかく布以外の素材で再現・可動させるのが
難しく、このトモエ、クイーンズブレイド屈指の人気キャラで
ありながら、あの海洋堂もいまだリボルテック化できていない
わけで、万全ではないにしてもよく頑張ったと思います。


さて、ここからはお待ちかねキャストオフだっ!!



キャストオフ。

いったん頭と手足をバラバラにしまして、上半身の合わせと袴を脱がせ、
おヌード用の腕と腹部(着衣用腹部はもっと細いです)を付け替えます。

羞恥顔。

おぱいはもちろんやわらか素材。むにむに。



下半身は褌仕様。ちょっと手抜きっぽいですね。


お尻から。


褌パーツは裸の股間パーツと交換可。

うっすらスージーもあります。

お尻。


裸になると可動ものびのび。「武者蹴りっ!」


適当にポーズ。

脚は足袋・下駄なしのパーツもちゃんと付属してまして、
個人的にはそこのポイントけっこう高いです。ただちょっとハメ
にくかったので、お湯で温めて養生しました。







ふるプニっシリーズNo.1桂木華と並べてみます。

この頃と較べると、顔やおぱいの造形、関節の工作精度、いずれも
進歩の跡が見られます。まあ関節が抜けやすいという部分は今も
ありますが、コレに関していえばキャストオフしやすいとも言えます。
華ちゃんはぶっちゃけボロボロだったもんなあ。

No.2カーチャ(限定カラー)と並べて。

並べちゃうとカーチャのロリ具合がやばいですねwwww






顔の造形(特に羞恥顔)が思ったより上出来だったので、大型全裸
可動フィギュアとしてはまずまず満足です。とはいえ、このメーカー
さんの定価ってなんなん? と買うたびに思うのも事実でありますハイ
( ̄▽ ̄)
あと髪の毛がもうちょっと動くようになってたら、ますますポーズの
幅が広がってよかったのになあ。



Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:1

Edit Comment

秘密にする

 |