レンズの味

Posted at : 2013年 / 09月 / 17日
台風が過ぎたらいっきなり秋空になりました。
一昨日まで湿度がすごくて汗だらっだらだったのに、
急に冷えたんで、朝目が覚めたらもう喉痛いわ
鼻つまってるわ、ほぼカゼですねコレ。



デジカメWatchに「ニコン、“レンズの味”と“収差”の関係を解明へ」
という面白い記事がアップされてました。

『カメラ用交換レンズのすべての収差を測定できる計測装置
「OPTIA」と画像シミュレーターの連携運用』によって、
過去の名玉を再分析して、いわゆる「味」というすこぶる
主観的な評価を定量化できるかも、ということのようです。

ほんとに可能だとしたら面白い記事ですね。
一般的に「カリッカリにシャープだけど味わいには乏しい」
という定評(もともと報道写真用システムで名を上げた
メーカーなのでいたしかたない帰結)のニコンがコレをやる
というのがまた面白いです。

そもそも「味」ってなんなのよって話でもありますしね。
ズマリットがどーしたゾナーがどーしたウンチク垂れる
ジジイは多いですが、それならではの「名作」ってあんまり
ないでしょ。日本人が評価の重要要素に挙げているボケ味
にしても、カール・ツァイスなんかはそもそも評価項目にすら
していないって話もあります。

じゃあ「味」ってないのかよと言われれば、確かに「ある」
からまた困るんですよ。編集者やってた頃、初めてハッセルの
プラナーで某プロが撮ったポジを見た瞬間、その形容し難い
透明感に思わず「どひゃー」って叫んじゃったこともありましてねえ。

しかしまあ、そんな論議自体がもう前世紀のものなっちゃった
感も否めません。デジタルカメラ時代になって、ユーザーの
関心はもっぱら解像度と収差補正のみになっちゃったみたい
なところありますよね。わかりやすい定量評価ではあるん
ですが、それ一辺倒ってのも即物的でニントモカントモです。

ニコンのこの作業で、「レンズの味」の謎が、科学的に解明
されるといろいろ楽しいでしょうなあ。



Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

LUMIX45-150mmで阿波踊り

Posted at : 2013年 / 08月 / 24日
暑い日が続きますが、少しずつ風が涼しくなってくる気もします。
せっかく買ったLUMIX G VARIO45-150mmF4-5.6、まったくイベントに
出動させてないので、大塚阿波踊りに持って行ってみました。

基本、夕方から夜のイベントですし、F5.6の暗いズームじゃものの
役に立たないとわかっちゃいるのですが、一応実写してみんとね。



まあ結果は予想通りといいますか、やはり日暮れになるとてきめんに
ピント精度が落ちますね。ISO1600でもシャッターは1/80が精一杯。
こうなるとE-PM1のセンサー内手ぶれ補正では制震はほぼ不可。
要するにピンアマ・ブレブレのオンパレード。EVF使って三点保持
したらもうちょっとマシになるのかなー。いくらセンサー感度が
上がって手ぶれ補正が進歩しても、明るいいいレンズに如くは無し
ってことですね。45mm買おうかなー・・・




話は違いますが、昼過ぎにやってた『女子アナの罰SP』、
つまんなかったですねー。


[LUMIX45-150mmで阿波踊り]の続きを読む

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

EOS70D発表

Posted at : 2013年 / 07月 / 02日

キヤノン2年ぶりのミドルクラス一眼レフEOS70Dが発表になりましたね。

画像処理エンジンはDIGIC 5+に更新。
新開発CMOSセンサー採用でライブビュー時も位相差検出AFが使え
従来のコントラストAFのトロトロした挙動とはもうオサラバ!
常用感度は60DのISO6400から12800に。
高速メディアの使用で秒7コマ連写が可能に。
ボディは相変わらずプラ製のようですが、60Dより5ミリほど
幅が小さくなっているようですね。

実売価格は60Dと変わらず13万前後。
発売日は8月29日。

もうテレビ番組とかでも一眼レフ動画が当たり前に放送されてる
このご時世に、まだ動画一眼レフにご縁がないなあわし。
そろそろ欲しいなあ、動画撮れるやつ( ̄▽ ̄)



Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

日本立体カメラ名鑑Canon編その2

Posted at : 2013年 / 02月 / 25日
F-1に続いて、またまたガチャ。タカラトミーの
「日本立体カメラ名鑑Canon編」、こちらは1952年発売、
バルナックライカコピーの名機キヤノンsb + セレナー
28mmF3.5 気任后




これまた細部までよくできてますねえ。
外付けファインダーが泣かせますが、さすがにシューに
スルッと挿入というわけにはいかず、凹に押しこむだけです。

レンズキャップ、ボディキャップまで付けてくれるこの
凝りようはなんなんですかねしかし( ̄▽ ̄)



Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

日本立体カメラ名鑑Canon編

Posted at : 2013年 / 02月 / 06日
ひさしぶりにおもちゃ屋行ったらこんなガチャ見つけたんで
やってみました。タカラトミーアーツ「日本立体カメラ名鑑
Canon編」です。

まずは旧F-1とFD85mm F1.2 S.S.C.アスフェリカル。

70年代キヤノンを代表するフラッグシップカメラと、
やはりキヤノンの代名詞である超大口径レンズの組み合わせ。




なんと巻き上げレバーと巻き戻しクランクが可動です!


最初のペンタックス編(これはチェーン付きマスコットでした)
から続くレンズ交換可能のギミックが嬉しいのです。


レンズにはちゃんとフロント・リアキャップが付属。
ストラップ用の三角カンもあります(ただしこれは要接着)。


ディティールアップ用のシール。ただしサイズ極小なので
カメラ用のは微妙にサイズが合わないものもwwww


さてせっかくレンズ交換できなるなら、別のレンズも欲しく
なってきますね。てことでもう一回ガチャったら、早速出ました。
FD300mm F2.8 S.S.C.フローライトです。

こちらもフロント・リアキャップ付属。外すと……

これまたキヤノンのお家芸、フローライト(蛍石)を硝材に
用いた革新的高画質レンズ。キヤノンが自社で出版している
冊子「LENS WORKS」でもトップページに掲載されている
伝説の銘玉です。


三脚座も外れます。


てことでカメラに装着〜。

やべえかっこいい。モータードライブ欲しい!

スケール的には1/5くらい? ウッディさんには大きすぎかな。




全5種のうちいちばん欲しい2つがいきなり出てしまったので
なんか逆にガッカリ。レンジファインダーのIV Sbがあと
2種あるんで、ヒマみてまたガチャってみよっと。




Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

LUMIX G VARIO 45-150mm実写

Posted at : 2012年 / 12月 / 23日
昨日届いたLUMIX G VARIO 45-150mmF4.0-5.6のテストを兼ねて、
友人のOちゃんと皇居のお堀周りを散歩してきました。参賀の
方々で正門付近は大変な人出でした。予報では一日晴れのはず
でしたが、朝から終始曇天でちょっとガッカリ。


(97mm ISO1250)


(150mm ISO500)

さすがに300mm相当のテレ端では手ブレが抑えきれません。
モニターサイズだとセーフですが(まあそれでセーフならたいてい
問題ないんですけどね)、等倍で見ると微妙にブレてちゃってるのが
わかります。今日みたいに空が暗い日だと割りとそれが顕著なので
シャッター速度が1/200を切りそうなら積極的に感度を上げた方が
無難かもです。LUMIXボディで撮ったら、もうちょっとO.I.S.が
効果を発揮するのかな。


(45mm ISO200)


(150mm ISO250)


(93mm ISO400) エロ本の殿堂、芳賀書店。


(150mm ISO200)


(150mm ISO200) 日暮れ寸前になってやっと薄日が・・・。


(150mm ISO200)
今日最大のシャッターチャンス。千鳥ヶ淵にコゲラがいました!
日本最小のキツツキちゃんです。近年都内で繁殖しているそう
ですが、わしは生まれて初めて見ました。

トリミングしてみた。

ホントに木の枝をコンコンつついてエサを探してました。
なにしろ小さくて動きが早いので、1/250でもほとんど
ブレてました。

こちらはメジロちゃん。トリミングです。

(150mm ISO200)


(45mm ISO200)
ほとんどお日様が出てなかったので逆光性能のテストはまた後日。


45mm。ジオラマモード。


(150mm ISO1600)


(93mm ISO1600)
やっぱり望遠レンズは街のぬこたん撮りですよね。

安くて暗い望遠レンズですが、やはりコンパクトで取り回しが
楽なのはありがたいです。解像度もお値段分以上はあるんじゃ
ないでしょうか。テレ端はいくぶん甘くなりますが、45mmから
中望遠域はなかなか締まってます。オリンパスとはズーム
リングの回転方向が逆なので、そこだけちょっと戸惑いますね。
マニアックな要求に応えるクラスの玉ではありませんけれど、
トータルな性能とコストパフォーマンスは上々の望遠レンズかと。



Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

LUMIX G VARIO45-150mmF4.0-5.6

Posted at : 2012年 / 12月 / 22日
いやー7時からのももクロちゃん特番見てたらもらい泣きしちゃった。
テレ玉は神です。

それはそれとして自分へのクリスマスプレゼントが届きました。
LUMIX G VARIO 45-150mmF4.0-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.です。

アマゾンで44%OFF。実は純正品の40-150mmも今57%OFFの投げ売り中
なんですが、決め手は作りとデザインの良さでした( ̄▽ ̄)
オリンパス40-150mmはとにかく質感がチープという世評ですが、
こちらは鏡筒が光沢アルマイト仕上げの金属製。カッコイイ。
純正品はズームするとやたら伸びるのもちょっとイヤン。

こうして見ると300mm相当のズームとは思えない小ささ。
コーヒーのショート缶より小さいです。

金属鏡筒で手ブレ補正機能内蔵なのに、重量も不思議なほど軽いです。

マウントも金属製。


E-PM1に装着。

もともとキットレンズなので、手ブレ補正機能のオンオフ
スイッチはありません。ボディ内手ブレ補正のオリンパス
ボディに付けると、内蔵されたO.I.S.機能は自動的に
キャンセルされる設定です(この辺りちょっと気になったので
事前に直接パナソニックに問い合わせて確認しましたw)。


ズームアップ。

オリンパス40-150mmほど鏡筒が伸びないのがいいですね。
一昔前のズームレンズのように造りがスカスカしてないのも好感触。

前玉小さいです。


オリンパスと違って立派なフードも付属。これも嬉しい。

内側はちゃんと反射防止の溝が刻んであって、
オマケにしても気が利いてます。

もちろん動作も問題なし。明日は天気が回復するようですから
ちょっと実写に行ってきます( ̄▽ ̄)



Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

めざせ"カメラ婚"?

Posted at : 2012年 / 12月 / 12日

マイナビニュースによりますと、結婚相手紹介サービスのサンマリエが
オリンパスイメージングとコラボした婚活イベント「縁結びパワー
スポットでカメラ婚」を、12月22日開催する
そうです。

同記事によりますと、

『イベントでは同神社の神主による"婚勝"のご祈祷を皮切りに、
オリンパス ズイコーデジタルアカデミー講師のプロカメラマン・
むらいさち氏を招き、オリンパスの最新デジタル一眼カメラを
使ってのカメラ講座&パワースポット撮影会を実施する。
ブログやホームページに載せる写真をきれいに撮るための
テクニックなどを学べるという。その後会場を移動しての
アフターパーティーも行われる。』

ですって。
開催時間は13時15分〜17時30分。募集人数は50名(男性25名、
女性25名) 。参加費用3000円と意外にリーズナブル。
もしかすると、カメラ女子とケコーンを前提にお知り合いに
なるチャンス!? カメヲタ毒男大集合だ!( ̄▽ ̄)
オリンパスもいろんなことやっとるなあ。

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

ハクバカメララップ

Posted at : 2012年 / 11月 / 23日
多分ですが、ミラーレスカメラが普及するのと合わせて流行しだした
ラッピングクロス。クッション性はさほどありませんが、携帯性が
よくて汎用性が高く、ダッサいカメラバッグを買うより、カメラを
これで包んで日常使いのバッグに放り込んでおいた方がオサレ、
ということから普及したみたいです。

かくいうわしも、寒くなって熱いお茶を入れたミニボトルを持ち出す
機会が多くなりまして、ステンレスボトルとカメラがバッグの中で
ぶつかったりするとイヤなのでひとつ買いました。
ハクバのカメララップ(M)カモフラージュグレー。

アマゾンで62%OFF、982円( ̄▽ ̄)安い!

48cm×48cm。表はナイロン、裏はマイクロフリース。

迷彩カラーはグレーっつーよりブラウン強め。
表地は撥水加工がしてあるそうで、わしが今まで使っていた
昔ながらのセーム皮より耐候性はあるみたいです。

もちろん包むのはE-PM1。


くるくるまきまき。

MサイズだとE-PM1にはやや大きすぎる気がしますが、厚く巻けば
そのぶんクッション性がマシになるのでまあいいかw

留めるのはクリップでカンタン。




Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

EOS新レンズ2本

Posted at : 2012年 / 11月 / 06日

普及価格フルサイズ一眼レフEOS6Dの発売に合わせて、中口径高級標準ズーム
EF24-70mmF4 L IS USMが発表になりましたね。角度とシフトのハイブリッド
手ブレ補正機能に加え、なんと0.7倍の強力な接写能力が売り物です。
寄れるズームはいいですね〜。ちなみにお値段16万1700円也。

35mmF2もUSM化とIS機能搭載でリニューアルされました。長年ラインナップの
片隅に放置されていた地味レンズでしたが、安価ながら堅実な描写の玉で、
わしもホテルなんかで女の子を撮るときに必携してました。フィルム時代は
35mmF2っていうとお手軽価格の大口径広角レンズの代名詞でしたが、こちらは
8万7千円とちょっとした贅沢レンズですね・・・。



Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0
 | Next Page»