『マン・オブ・スティール』

Posted at : 2013年 / 09月 / 04日

『ウォッチメン』のザック・スナイダー監督、『ダークナイト』
シリーズのクリス・ノーランと『ブレイド』『バットマン・
ビギンズ』のデヴィッド・S・ゴイヤーが脚本の超大作となれば
見に行くしかないスーパーマン映画『マン・オブ・スティール』。
しかしこれだけの大作が、板橋イオンシネマでは一週間しか上映
されないってどゆこと!? まるでC級コメディか低予算ホラー
みたいな扱いじゃないのさ。しかも2D版はレイトショーないとか。
おかげであんまり好きじゃない3D版を割増料金で見る羽目に。
ぐぬぬ。


【以下ネタバレありです】
[『マン・オブ・スティール』]の続きを読む

Category : 映画 | トラックバック(-) |  コメント:0

『パシフィック・リム』見てきたお

Posted at : 2013年 / 08月 / 23日

ウエイン町山の「ロボットアニメと怪獣映画で育った人間には
宝物のような映画」という絶賛を受けて行ってきました。
『ロボジョックス』以来のハリウッド巨大ロボット映画
『パシフィック・リム』。

[『パシフィック・リム』見てきたお]の続きを読む

Category : 映画 | トラックバック(-) |  コメント:0

『キャビン』試写会

Posted at : 2013年 / 02月 / 28日

秋葉鮫隊長のお誘いで行ってきました、ウエイン町山も絶賛の
デコンストラクション・ホラー『キャビン』(Cabin in the woods)
新宿シネマートでの試写会です。

キモの核心部分はもちろん書きませんが、中盤までのことを書いても
多分にネタバレくさくなりますので、それでもいい方は続きをどぞ。





( ̄▽ ̄)
[『キャビン』試写会]の続きを読む

Category : 映画 | トラックバック(-) |  コメント:0

『ダークナイト・ライジング』

Posted at : 2012年 / 08月 / 14日

いやー久しぶりに映画館行ったなあ。『ダークナイト・ライジング』です。
以下、ネタバレしやがりまくりますのでご注意。

[『ダークナイト・ライジング』]の続きを読む

Category : 映画 | トラックバック(-) |  コメント:0

『ダークナイト ライジング』は8年後?

Posted at : 2011年 / 11月 / 22日


シネマトゥデイに、バットマン新作映画『ダークナイト ライジング』
についての記事が出てますね。ノーラン監督によると物語は前作の
8年後、敵役はベイン(キャストはトム・ハーディ)とのこと。

てことはもちろん、ストーリーラインはやっぱり『Knightfall』ですか。
バットマンが背骨をへし折られるのはいいとして、ロビンやアズラエルは
どうするんですかねー。

とにもかくにも楽しみです。

(⇒映画公式サイト



Category : 映画 | トラックバック(-) |  コメント:0

『ダークナイト』続編ティーザー予告編公開

Posted at : 2011年 / 07月 / 19日

クリス・ノーラン監督が手がける『ダークナイト』の続編
"The Dark Knight Rises"のティーザートレーラーが
公式Facebookにて公開されました。

といってもほとんど内容についてはわからない映像です。
キャストはほとんど前作から引き継がれての出演だそうですが、
ストーリーについては現状一切伏せられているとのこと。
公開予定は来年7月。全裸正座で待ちたいと思います( ̄▽ ̄)



Category : 映画 | トラックバック(-) |  コメント:0

リポゼッション・メン

Posted at : 2011年 / 06月 / 04日

スターチャンネルプラスで。

高額な人工臓器が自家用車のように人々の生活に定着した近未来。
巨大臓器メーカー・ユニオン社は、顧客に高金利のローンを組ませて
臓器を売りまくり、支払いが滞ると「リポ・マン」を派遣、強制的に
臓器を「回収」する商法で莫大な利益を上げていた(もちろん臓器を
抜かれた人は死ぬ)。

ジュード・ロウ演じるレミーはこのリポ・マン。相棒(フォレスト・
ウィティカー)とともに、毎日滞納者の腹を切り開き、人工臓器を
じゃんじゃん持ち帰る。その営業成績はトップクラス。

しかしそんなレミーも奥さんには弱い。いいかげん安全で定時に
帰れる販売部に移ってよ、と突き上げがきつい。真剣に異動を考え
はじめるレミー。

ある日、いつものように回収におもむいたレミーは、そこで機材の
不調で心臓に重傷を負う。半ば強制的に、ユニオン社の高価な人工
心臓を移植されてしまうレミー。自らも「債務者」になってしまった
レミーは、急に滞納者の腹を切り裂くことができなくなってしまう。
彼らが、家族も生活もある人間だという事が、初めて実感できたのだ。

販売部に異動するが、給料は半減。たちまちローンの滞納はふくれ
上がっていく。妻は家から出て行けと三行半を突きつけてきた。
彼の元にリポ・マンがやってくる期日が、刻々と迫ってくる。
そんな時、レミーはスラムの片隅で、かつて酒場で歌っていた女
ベス(アリシー・ブラガ)と再会する。ベスは病気と麻薬中毒と
売春サービスのために、体中に人工臓器を移植していた。ボロボロ
のベスを連れ、逃亡の生活を始めるレミーだったが・・・。


(以下ネタバレ)

[リポゼッション・メン]の続きを読む

Category : 映画 | トラックバック(-) |  コメント:0

スターチャンネルプラスで。
ザッカー兄弟の下で『最終絶叫計画』シリーズの製作・脚本など
やっていたクレイグ・メイジンが初監督した2008年のコメディ。
もちろん路線踏襲の大バカパロディ映画。ちゃんと故レスリー・
ニールセン師匠(合掌)も出てます。

パロディベースは『スパイダーマン1,2』あとちょっと『バットマン・
ビギンズ』と『Xメン』。役者は違いますが、なぜかファンタスティック
・フォーがザ・シング以外ほぼまんま出てきたりもします。


[『スーパーヒーロー ムービー!! −最‘笑’超人列伝−』]の続きを読む

Category : 映画 | トラックバック(-) |  コメント:0

レスリー・ニールセン死す

Posted at : 2010年 / 11月 / 29日

『フライング・ハイ』『裸の銃を持つ男』で知られた俳優レスリー・
ニールセンが肺がんで亡くなったそうです。享年84。

『フライング…』以降、エイブラムズ/ザッカー系大馬鹿コメディには
不可欠なスターでした。五十を過ぎてからの俳優人生で馬鹿親父役に
活路を見いだし、以後三十年間、馬鹿一筋に生きて世界中の人を笑わせ
愛された役者さんでした。こんなにも見習いたい人生の先達がいる
でしょうか。合掌。

Category : 映画 | トラックバック(-) |  コメント:0

『Defamation』

Posted at : 2010年 / 11月 / 20日

「松嶋×町山未公開映画を観るTV」で先週、今週と放送した
ドキュメンタリー映画『Defamation』、おもしろかったなー。

[『Defamation』]の続きを読む

Category : 映画 | トラックバック(-) |  コメント:0
 | Next Page»