最悪だなグレート・アメリカン・バッシュ

Posted at : 2006年 / 08月 / 13日


「スマックダウン!」が終わってるのは今に始まった
こっちゃないけど、レギュラー放送に輪をかけて
グダグダだったな特番『グレート・アメリカン・バッシュ』。

なんのドラマ性もない退屈なカードばかり。
スキットもロクになし。

長々と前フリしてきたアンダーテイカー対グレートカリ
(昔新日に来たジャイアント・シン)のパンジャビ・
プリズン・マッチは直前になって突然テイカーの相手が
ビッグショーに変更。カリが塩過ぎたせいかなんか
知らないけどドタバタ感が目立つ展開だった。

もうひとつの目玉、バティスタ対ヘンリーも、直前の
「サタデーナイト・メインイベント」でヘンリーが全治
8ケ月の重傷で急遽ミスター・ケネディが代役に。
ホントにバティとヘンリーは脚本部泣かせだな!
ケネディはいいレスラーなのに、見せ場も貰えず血まみれ
ボロボロにされるだけのジョバー役で可哀想だった。

挙句にチャンプのミステリオは単独開催の特番で世界王座
陥落というひどい扱い。まあ王座異動はスマダ脚本部が勝手に
決められるもんじゃないだろうけど、普段の番組からして
ミステリオは一方的に黒星つけられたりして、王者に対する
敬意を著しく欠いた扱いではあったわな。

個人的にエディ追悼の意味があったとはいえ、ミステリオ
戴冠には疑問を持ってはいたけど、あそこまで軽い扱いを
するならスタッフももっと考えろよ!とは思った。

さて、バティスタにベルトが戻るのはいつなのかな。

あ、冒頭に流れたシナの新作映画はすごくおカネかかってて
ちょっと面白そうだった。ヒットするといいな。で、シナが
映画界に引き止められて二度とリングに戻ってこないといいな。うん。

Category : プロレス | トラックバック(-) |  コメント:0
 |