キヤノン、秋の商戦開幕

Posted at : 2006年 / 08月 / 24日


どっひゃー、キヤノン、一気に秋商戦に新兵器投入してきたな。

まずはEOS Kiss Digital X
シリーズ初のセンサーゴミ対策機構実装、1,010万画素
といかにも営業的にパンチのある売りを乗っけてきたね。
ただKiss最大の欠点である小さなファインダー像はまったく
改善されず倍率0.8のまま。これさえ改善されればKiss
買ってもいいな、と思ってるわしのようなユーザーは
一切無視! あくまでも一見さんビギナーさん重視の
冷徹なマーケティングの産物って感じ。

多分このあと発表される新型ミドルクラスにもゴミ対策
機構が搭載されるはずで、むしろそっちを妄想するとワクテカ。




続いて久しぶりの新作単焦点Lレンズ、EF50mmF1.2L
50mmLといえば、少し前にディスコンになって、今や
とてつもないプレミアレンズになってしまった50mmF1.0L
というバケモノ玉があったけれど、それよりちょっとだけ
暗くしてお値段もまあ常識の範疇に(といってもニッコール
のMFレンズと較べると箆棒に高いけど)。

ポートレート派にとって50mmはフルサイズでもAPS-Cでも
大変使いでのあるレンズ。現行のF1.4は玉も駆動系も設計が
非常に古く、リファインを望む声が多かっただけに、
「ウホッ、いいレンズ…」と食いついてる人、多いだろうなー。
最新設計のデジタル対応超大口径50mm…うおーわしも勃ってきたー!
でも買えねーよなあ…('A`)

IS搭載の70-200mmF4とか、センサーが1/2.5インチのPowerShot A710 IS
とかはまあ、どーでもいーや。

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

『百鬼解読』(文庫版)

Posted at : 2006年 / 08月 / 24日


多田克己『百鬼解読』の文庫版を読む。

昨今多くの妖怪本を著している研究家だが、人気作家の
京極夏彦とタッグを組んで、鳥山石燕『画図百鬼夜行』を
図像学的に読み解こうという本。

古今の研究書はもちろん、漢籍、仏典にいたる膨大な文献を
渉猟しての妖怪研究への熱意は確かに感じる。

が、「事象のコンテクスト」と「単なる自由連想」がごっちゃに
なっている箇所が多く、牽強付会で論に説得力を欠く部分が目に付く。

たとえば312頁、赤ちゃんを指す赤子とイトミミズの異名であるアカゴが
同じ音なのは単なる偶然で、そこに意味的文脈はあるまい。ところが
著者は、アカゴの異名はモモホオズキだ、そういえばホオズキは
水子供養に供えられる、とどんどん飛躍していく。確かに連想としては
つながっていてお見事だが、そこに石燕本来の意図を読み取ることは難しい。

もともと石燕の創作妖怪は、当時の江戸っ子ならではの粋な地口(言葉遊び)
から作られた洒落っ気にあふれたものが多い。これ見よがしに漢籍仏典
(しかもあまり正鵠を射ていない)を衒う解読には、彼岸の石燕も
苦笑いしているかも知れない。

Category :  | トラックバック(-) |  コメント:0
 |