ジェフ・ハーディ復帰!

Posted at : 2006年 / 09月 / 11日


WWEで最もパンクなスーパースター、ジェフ・ハーディ
が今日放送のRAW#691で電撃復帰!

いきなり相手になったのが現世界ヘビー級王者にして、
かつてはエジクリ時代にハードコア戦線で鎬を削った
相手エッジというのも粋なキャスティング。

ハーディ・ボーイズ時代から才能・人気ともに兄マット
を圧倒するハードコア小僧だったが、ギミックではなく
ガチでパンク魂が溢れすぎていて、しばしばノーフューチャー
な仕事態度が問題視されていた。番組に大遅刻して穴を
開けた時などはハウスショーでビッグショーとセメントを
やらされキツいお仕置きを据えられたこともあったという。

しかしそんなこんながあっても態度はあまり改まらず、
結局「俺バンドやっからいーわ」と退団してしまった。
まさしく真性のパンクロッカーだったわけだ。

復帰初戦でも体のキレは全く衰えておらず、相変わらず
見事なコークスクリューダイブやスワントーンボムを見せて
くれた。RVDやカリート、シェルトンなど手の合いそうな
選手もたくさんいるのでこれからが楽しみだ。

そっれにしても今日のRAWは年に一回あるかないかの面白い
回だったなー。

ジェフの復帰戦だけでもお腹いっぱいなのに、オートンと
カリートの二世レスラーの抗争も始まったし、ますます
スケールがデカくなっていくDXのイタズラも往年のRAWばり。

キレたビンスはいきなりミックに「ケツにキスする会」入会
を迫り、やらなければメリーナをクビにすると脅迫する。
「あたしのためにそんな事しないで」と本当に目に涙を浮かべて
止めようとするメリーナだが、そこにまた意外な結末が!

トドメは精神崩壊寸前に怒り狂っているビンスのリムジン
走行中大破壊(マジあぶねー)! 完全に正気を失って
ブチキレまくるビンスでシメだもんねー。正味一時間半しか
なかったのに特番見た後みたいな満足感。いやー、毎回とは
言わないけど、月に一回くらい、このクォリティが続けば
文句ないんだけど…




まあそれとは全然関係ないけど、今朝のおはスタになぜか
小林由佳たんがメインゲストとして出てたね。別になんの
タイアップでもなく、ふつーに空手の話してたけど、なん
だったのだろうか?

あと普通女子は道着の下にTシャツを着るのだけど、
由佳たんやたら胸ぐりの深いタンクトップみたいの着てて
襟からやたら肌が見えて朝からドキドキしちゃったぞゴルァ!
…スタイリストGJ(・∀・)b

しかし由佳たんあれだけ可愛くてしかも萌え声なのは反則
だよなあ。おはガールより全然ちっちゃいし。タマラン(*´д`*)

Category : プロレス | トラックバック(-) |  コメント:0
 |