F3欲しい病ひとまず治癒

Posted at : 2006年 / 10月 / 07日
例のお店に、F3を見に行く。

明るいところで手にとってよくよく見ると、やっぱり
かなりアタリやスレがあり、そうお買い得感はない。
程度から言うと相場並み〜ってことで、今回はパス。
いやー、高額な無駄遣いしないで済んでよかったよかった。

ところでこのお店のご店主という人が大変に品の良い
ご老人で、カメラにも造詣が深い、なんか昔ながらの
カメラ屋さんという感じ。赤羽にある修理会社とも
関連があって、クラカメの修理なんかも受け付けている
んだそうだ。一見、どこにでもある商店街のDPE屋
さんなんだけど、意外なところに意外な方がいるものだ。

そういえば、板橋区というのはカメラ関係工場の多い
土地だったりする。今でも稼動しているペンタックスの
工場はもともとキヤノンの施設だったのを、キヤノン
移転ののちペンタが買い取って入ったのだそうだ。
カメラから撤退して久しいけれど、トプコンの大きな
社屋もある。シャッターメーカーとして知られる精密
機器メーカー・コパルもあるしね。前にも書いたけど、
ブロニカの営業所も板橋駅前にあった。赤羽に修理会社
があるのも、この近辺に退職された技師さんがたくさん
いるせいかも知れないね。あ、今度ここで板橋カメラ産業
めぐりしてみっかな・・・

ま、それはともかく。
手ぶらで帰るのもなんなんで、ビックでFM3A用のK3
スクリーン買ったです。FE2のファインダーがちょっと
明るくクリアになったわけで。カメラがディスコンに
なっても、アクセサリはまだ新品が買えるのは嬉しい。

アクセサリといえば、古いパナソニックストロボの
周辺パーツも、まだビックカメラ館では買えるですよ。
もうパナもストロボにはあんまり本腰入れてないのにね。


見てくださいこの昭和丸出しのカラーリングと、栄光の
ナショナルマーク。ちなみにわし、いまだにナショナル
ストロボットPE-381SG愛用しておるです。大きすぎず
そこそこのパワーがあるので、電源が取れないブツ
取材の時とか意外に便利。

※画像はオマケ。記事とは関係ありません


(EOS20D + EF28mmF1.8)

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0
 |