エヴァン・レイチェル・ウッドに萌え

Posted at : 2006年 / 11月 / 15日


テレ東で絶賛放送中の『CSI:3』
マイアミ終わったから早速ニューヨークやってくれるかと
思ってたら、またヴェガスに戻っちゃったねw
まーニューヨークはまだwowowでやってる最中だからしょーがないか。

なんだかんだ言いつつ、毎回グチャグチャの半ナマ死体が
出てくるドラマをお昼時に放送してくれるテレ東の蛮勇を
讃えつつ、わしもゴハン食べながら楽しんでいるのだけど、
今日放送した"GOT MURDER?"という回は良かったねー
(邦題「捨てられた目」)。

【注意!以下ネタバレです】

いや何が良いって、犯人役の子が超美少女!!
パパンを密かに男性として愛してしまい、そのあげく離婚した
ママンを撲殺しちゃう処女娘という萌え〜な役どころ。

ときどきパパンのベッドでこっそりもにょもにょ〜してて
ついには想像妊娠までしてしまうなんてシーンもあってエロい。
エロすぎるよ(;´Д`)

さっそく調べたところ、エヴァン・レイチェル・ウッドという
女優さんであることが判明。87年生まれの19歳。番組放送当時は
15歳! ひえー。芸能一家の出身で、ハリウッドでも現在注目の
若手女優だそうな。日本にももうファンサイトがあるくらい。
ううむ、ひさしぶりに萌えるパツキン女優が出てきたなー。
今後要注意じゃ。


あ、いちおーカメヲタ的蛇足も。

カラスが人間の眼球を咥えているショッキングなオープニング
シーンで、それを発見するバードウォッチャーが持ってた
カメラがなんとα-8700iミール仕様! カメラ自体、カタナを
デザインした工業デザイナー、ハンス・ムートが手がけた大変
カッチョいいモデルなんだけど、これがソ連の宇宙ステーション
ミールのミッションに使用されたとかされなかったとかを
記念して発売された限定の純白ボディ。クロームじゃなく、
スペースシャトルみたいな真っ白なの。一眼レフが。

狂ってたねえ、バブル時代のミノルタは。

さらにその後、707siの限定漆塗りモデルを発売するなど
狂った限定モデルを出すのだけど、なんか最近、おんなじ
ようなことやってるメーカーがありますな。まああっちは
コンデジだからまだいいけどさ。

ちなみにこの第3シーズンでグリッソムさんが現場で愛用してる
カメラはキヤノンのEOS 7(sかどうかは不明)にサンパックの
デカいグリップストロボの組み合わせ。7はシンクロターミナル
がないので。ホットシューにアダプタ付けて接続してる。
ファーストシーズンではニコンが備品として使われてたけど
ハイテク部署だけにいろいろ使われてるのかも。フィルム
カメラってところが微妙だけれど(実はいくつかのシーンで
コンデジも併用されているけどね)。

Category : 映画 | トラックバック(-) |  コメント:0
 |