意外によかった「明智光秀」

Posted at : 2007年 / 01月 / 04日


思いのほか出来がよくてビックリしたな
「明智光秀〜神に愛されなかった男」。

明智光秀を単なる裏切り者ではなく、文武に
秀でたマイホームパパ的人物として描くのは
別に斬新なアプローチではないんだけど、
魔人信長(上川隆也)、功を貪るが憎めない
秀吉(ギバちゃん)、鬼将軍・柴田勝家
(隆大介)、よくわかんない丹羽長秀(本田
博太郎)、トホホな陰謀家足利義昭(谷原章介)
とキャラの立て方が非常に明確で、かつキャスト
がやたらハマってた。

えらく年の離れた光秀の妻役を演じた長澤まさみん
も演技力でハマっちゃってたしなあ。

ドラマだから決してお金はかけられないんだけど、
合戦シーンもあまり貧乏臭さを感じさせない工夫と
それなりのカッコよさがあって、ムダ金かけてる
割りに迫力ゼロの某大河は見習って欲しい。
鎧にも個性があって良かったしね。

西谷弘の演出の勝利ってことでしょうか。
ベタつかずサクサクしたテンポも若いスタッフ
ならではで、長編時代劇には珍しく見ていて
ダレない展開だった。

脚本はなんとビックリ、アニメ脚本家として有名な
十川誠志! 『東京ミュウミュウ』のホン書いてた
時はなんちゅう超脚本家かと思ってたけど、
人間三日会わざれば刮目して相対すべしですなあ。

つーかわしテレビ見すぎ。

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0
 |