買おうぜシーランド公国

Posted at : 2007年 / 01月 / 10日
世界最小の国(自称)シーランド公国が売られそうなんだそうだ。

もともとイギリス海軍の海上要塞として作られた島だったのが
約40年前にパディ・ロイ・ベーツ元英国陸軍少佐(なんとなく
響きが「闇の奥」だね)が独立国家を宣言。英国連邦政府と裁判で
争うも、法廷は海上領土である島の独立を承認して現在に至る
・・・んだとか。

なんかラノベのネタにされそうな国だよねえ。
プリンセスとかいたら萌えなのに。

「君主」ベーツ公の国家運営をめぐる冒険はWikipedia
詳しいけどちょっとしたドタバタ小説ばりにおもしろい。
ちなみに息子の役職は「摂政王子」だって。半ばジョーク
だろうけど、現在約4500円出すと爵位も売ってくれてる。
国が売却されたら爵位もどうなっちゃうのかな。

[買おうぜシーランド公国]の続きを読む

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0
 |