ズイコー持ってアキバへ

Posted at : 2007年 / 02月 / 11日
「レンズを買ったらアキバへ逝け」という古の賢人の
教えに従い、ズイコー55mmF1.2持ってアキバへ。

しかし開けて撮りたいのに、天気は快晴。
こーゆー時は低感度フィルムなんだけど、手元には
100円ショップのGOLD200しかねーや。ちょっと前まで
ショップ99でコニカミノルタのセンチュリア100が
在庫処分されてたらしいんだけど、今日あちこちの
店見たら全然残ってなかったい。

中央通りには、なんかプロっぽいキレイなお姉さんたちが
いて、すごい勢いで人が群がってたっす。プリマベーラ
というイリュージョンユニットだそうで。思わずいっぱい
撮ってしまったっす。

ズイコー55mmは評判通り、開放だと超個性的描写。
トロトロ。ところがF2までちょっと絞ると途端に
ピリッとする。色味についてはいずれポジで撮るか
EOS用アダプタ(電子接点付きのスグレモノ発見)で
デジタルに付けて撮るかしてそのうちに。

今回、現像はビックカメラのスピードプリント。
「フロンティア仕上げ」というデジタルプリントを初めて
注文してみたんだけど、なんかあんまり好きじゃない感じ。
妙に細部がピリピリ立ってて、どーも不自然なシャープさ。
スキャニングの時に輪郭強調強めにかけてるよーな。
平坦な被写体だとシャドウ部にデジタルノイズが乗ってる
コマもあるしなあ…ネガの紙焼きならアナログなマシンの
プリントの方が好みかも。安いし。


(OLYMPUS OM-1 + ZUIKO 55mmF1.2 
        F2・1/500 KODAK GOLD200)

あとね、
アキバはキレイなお姉さんもいるけど、最近はカメラっ娘も
増えてきたですな。今日も3人ばかり、本格的なデジタル
一眼下げた女の子を3人ばかり見たな〜(*´д`*)
池袋ではベッサT持ったカコイイお姉さんがいたしなー。
カメラ女子が増えるのはいいことです。

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:2
 |