EOSデジタル + ズイコー55mmF1.2

Posted at : 2007年 / 02月 / 27日


EOSデジタルで往年の大口径使ってみよう第二弾。

お馴染みディスカバーフォトで電子接点付きマウントアダプターという
面白いモノがあったので買ってみた。OM-EOS用、送料代引手数料込み
12990円。安いなあ。

ちなみにブツは普通のマウントアダプターに、樹脂でもりっと接点が
貼り付けてあり、物凄い手作り感満点。取付もニコン-EOSほどスムース
ではないものの、問題なく着脱可。ただ外す時にはちょいと力が要る。
そのためか、外周に指掛かり用のギザギザが刻んであるのだけど、
それがぱっと見、ハッセルツァイスの白玉っぽくてやや萌えかも。

軽く接点部分をお掃除してからズイコー55mmF1.2をキスデジNに装着。
シャッターを半押ししながらピントリングを回すと、うほっ、ホントに
ファインダーに合焦サインが出るよ。そうなのだ、これ、MFレンズで
フォーカスエイドが働くありがたいアダプターなのだ。KDNの
心もとないファインダーで使うときにはまことに頼りになる。

測距の精度もまったく問題なし。ていうかオリンパスのME-1付けてる
せいで、わしのKDNはファインダー視度がちょっとアヤシイので、
肉眼で合わせるよりずっと正確だったりする。

接点内部のROMにはダミーデータが書き込まれてるらしく、どのレンズの
どの絞り値にしても、表示窓にはF2.0が表示される。もっとも測光は
実絞りの光量を測ってるので、絞り優先にしておけば適正露出に制御
される。つーかニッコールやレンズベビーのような素の玉を付けた時の
ように露出がオーバーになりにくくなったのは、ボディとの間である
程度の情報交換が行われているせいかも知れない。

つーことで、あんまり時間がなかったけど、近所でちょこっとテスト撮影。
順光でF2.8まで絞れば、今のレンズと遜色ない描写。逆光だとさすがに
盛大なハレーションとコントラストの低下があるね。発色はやはりシブめだ。


(EOS KDN + ZUIKO 55mmF1.2)
絞り開放で近接撮影。どうすかこのソフトな描写。

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

大木ちゃんvs前田ちゃん3rd round

Posted at : 2007年 / 02月 / 27日
前回よっぽど数字が良かったのか、早くも来ました「くりいむナントカ」
アシスタント争奪戦・第3ラウンド。

「大して使い道ないくせに頻繁にパーティドレス買ってんじゃねえよ!」
「一人で高級イタリアン行ってシャンパン飲んでんじゃねえよ!」

という前田アナの鋭いジャブに早くもたじろぐ大木ちゃん、

「朝晩すごい顔して歯間ブラシしてんじゃねえよ! こうやって。
こうやって。すごい顔してたんです!」

と反撃するも、そのモノマネをする自分がものすごくブサイク
顔になっていることに全く気付かない自爆娘・大木ちゃんであった。
そのアナウンサー離れしてコミカルな動きを上田かく評す。

「あいつ昭和の喜劇役者のニオイすんわ」

さらにたたみかける前田アナ。

「仕事帰りに、一人で×××行ってんじゃねえよ!」



一同騒然。なに?! ピーって何!?

前回ならここでうちひしがれてしまう大木ちゃんだが、今回は
セコンド次課長河本の耳打ちで必殺の逆転打を繰り出す。

「これだけは言うまいと思ってたけど、お前、
ウナジの毛濃くて気にして剃ってんじゃねえよ!」

気丈な体育会系娘・前田ちゃんもこれにはたまらずしゃがみ込んで
半泣きに。( ̄▽ ̄)そ、そんなに気にしてたのか!

前田ちゃんはついに最終兵器、プーちゃん虐殺Tシャツを露出!
ついでにセコンド土田はプーちゃん交尾Tシャツで援護!


これ以上見開けないほど目をまん丸にして抜群のリアクションを
見せる大木ちゃんは相変わらず素晴らしい芸人ぶり。得意の
テレビゲーム対決でも敗退して二連敗となった大木ちゃんは、
前田アナに土下座をしたうえ、そのTシャツを着せられるという
屈辱を味わわされる。3月の最終対決で完全決着なるか?!

前回は前田アナのプーちゃん攻撃でチンチンにやられてしまった
大木ちゃんだが、今回は「ウナジ姉さん」という有効なブローを
会得。これで戦力は対等・・・かな?

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:6
 |