ニッシンストロボ発送遅延

Posted at : 2007年 / 04月 / 18日
ニッシンストロボ無料モニターご当選者の方へ
(キヤノン用のご発送遅れについてのお詫び)

とゆーメールが来たですよ。
ニコン用は発送済みだけど、キヤノン用は早くてもGW明け、
遅くとも5月中旬になりますと。理由は書いてない。
なんじゃそりゃ。

こーゆーことすると、いくら無料のモニター提供とはいえ
メーカーとしての信頼が著しく低下するのにね。ただでさえ
知名度の低い会社なんだし。ウソでもなんか理由書かないと、
「ああ、やっぱ不具合出たのね」って結論出ちゃうし。

だいたいわしみたいなヒマ人はいいとして、普通にお勤めしてる
人たちはGWに使えないとレポート書くのけっこうキツいよ? 
いくら試用期間が3ケ月あるっつったって。次の連休はお盆だし
それって〆切ギリじゃん。なんだかなあ!


(Powershot A620)

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

ヴァージニア虐殺犯に関する備忘録

Posted at : 2007年 / 04月 / 18日


●チョ・スンフィが使用した銃はグロック19とワルサーP22
●「金持ちのガキども」「放蕩者」など怒りの言葉を書き
 連ねた例のデスノートは空白の二時間に書かれた。
●身を挺して中からドアを押さえ射殺されたリビウ・リブレスク
 教授(76)はルーマニア系ユダヤ人。ホロコーストの
 生存者だった。
●チョ・スンフィは脳内彼女に恋していた模様。
●複数の女子学生にストーキングしていた。
●携帯電話のカメラで机の下から女子生徒を隠し撮りしていた。
 (Guardian)
●ストーキング被害を訴えられ精神科通院。
 (NTV NEWS ZERO)
●授業中決してサングラスを外さなかった。
●チョを恐れて授業を欠席する学生も数人いた。
 (WASHINGTON POST)
●脚本創作の授業で異様に暴力的な作品を提出しクラスどっ引き。
 担当教授はチョに心理カウンセリングを勧めていた。
 全文はコチラに。
●あるクラスでは名前を名乗ることを拒否、サインに「?」を使用。
 一部の学生からは「クェスチョンマーク・キッド」と呼ばれる。
 (FOX NEWS)
●18日、NBC放送、チョから送られた動画と写真を公開。内容は
 チョが妬み嫉み・幼稚な自己憐憫をつぶやくように話す姿と、
 ランボー気取りで銃を構えてみせるセルフポートレート。
 これらは最初の殺人とノリスホールでの虐殺の間に撮影された
 ものだった。「空白の2時間半」の間にチョはシコシコと
 デスノートを書き、自分を撮影し、そのデータをテレビ局に
 投函していた模様。
●親族は子供の頃からチョがあまりに喋らないので、唖なのでは
 ないか、あるいは精神的に問題があるのではないかと心配
 していた。母親は多くの時間を教会での祈りに捧げていた。
●チョがノリスホールの虐殺に使用した弾丸は225発。殺傷力の
 高いホローポイント弾だった。
 (CNN)
 (GUARDIAN)





【お国柄ニュース】
ラジオコリア、事件直後にチョの両親が自殺したと報じる。
 が、米メディアにこの件に関する報道はなく、ラジオコリアの
 無根拠なトバシだった。両親は事件直後FBIに保護されていた。
●韓国各メディア、事件を聞いてチョの両親が失神と報じるも、
 そのニュースも流れているのは韓国だけ。見たんか?
●『報道ステーション』加藤千洋「最初に中国系(が犯人)という
 報道が出たのも、なんらかの差別を感じる」と意味不明発言。
 じゃあアジア系=どこ人なら公正なのか。インド人か?日本人か?
 番組内ではチョの国籍を終始「韓国籍」とあいまいな表記。
●朝鮮日報「韓国は33番目の犠牲者」と訴える。流石である。
ワシントン在米韓国人会、メディア各社にチョの国籍を放送しない
 よう要請。
流石である。 [ヴァージニア虐殺犯に関する備忘録]の続きを読む

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

ヴァージニア大虐殺犯は韓国人留学生

Posted at : 2007年 / 04月 / 18日
CNNによると、ヴァージニア工大で32人を射殺した米銃犯罪
史上最悪の虐殺犯は韓国人留学生チョ・ソンフィ(23)と断定された。

講堂での30人殺しは22口径と9ミリグロック各一挺ずつで、
わずか15-20分の間に行った。犠牲者を一列に並べ、しかも
「撃ち込まれた弾が3発以下の死体はひとつもない」という
プロの虐殺。単純計算で15分で90発の弾丸を発射したわけか。
23歳の韓国人だったら軍隊経験があるだろうから、これだけの
効率的な虐殺ができたんだろう。

失礼。92年渡米、03年10月グリーンカードを更新とあるな。

映画などのイメージでは、こういう殺人犯は狂っていてひどく
興奮している姿が思い浮かぶが、この冷静な殺しぶりはどうだ。
まるで殺人機械だ。コロンバイン高のいじめられっ子ギャング
たちは校内を無計画にウロつき、目にした人間全員に銃を乱射した。
その行動は感情的で衝動的。それゆえまだ理解できる気がする。

一方この容疑者の異様な計画性と儀式性の高さには、トレンチ
コートギャングを遥かに超える不気味さを感じずにはいられない。
初期報道どおり、女友達との感情のもつれが本当に動機だった
とすると、さらに理解不能だ。女にフラレたくらいで無関係な
人間を30人も計画虐殺するなど、狂人にしても度を越えている。

シカゴ・トリビューンによると、チョの部屋には学生生活に
対する不満を書き溜めたノートが残されていたという。
また過去に寮で放火騒ぎを起こし、女性に火傷を負わせていた。
かなり暴力性向のある人物だったようだ。腕には"Ismail Ax"
という赤い文字のタトゥーがあったというニュースも少し
気になる。

今後の続報が気になるところ。


それにしてもなんで日本のニュース番組は判で捺したように
「銃社会アメリカ」批判に時間を割くのかね。それは外国の
固有文化であって日本に関係ないじゃん。日本人死んでないし。
しかも犯人は留学生なんだからそもそもアメリカ文化関係ないし。
批判すべきはこの韓国人であって韓国文化じゃないの?
なぜか日本のニュースは韓国の文化社会にいかなる矛盾があろうと
決して指摘・批判しないお約束になってるんだけどね。ふっしぎ♪

アメリカ文化を批判するんだったら、聖書原理主義が教育現場に
まではびこって、国民の半数が進化論を信じてないことの方が
よっぽど深刻だと思うんだけど。

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:2
 |