ニッシンストロボ到着

Posted at : 2007年 / 05月 / 11日


ニッシンのスピードライトDi622試用モニター機が今朝到着。

いちおーモニター用に預かったモノなので、試用インプレはまず
ニッシンに送るのを優先するとして、ここでは外観の印象などを。

サイズ的にはキヤノンのスピードライト430EXとほぼ同等くらいか。
重量は430EXより20g軽い。下は旧550EXとの比較。


最近流行の、ヘッド部分を小さくしてダウンサイジングを図る
デザインではないので印象的にちょっと損しているけど、
Kiss Dに付けてもバランスのいい中型スピードライトだと思う。

バウンスはぐるっと真後ろまで回転できるし、ワイドパネルとは
別に乳白色のキャッチライトパネルも装備されていて、これは
なかなか便利そう。ヘッドに「うつむき」角度がないので
直射マクロには弱いかな?

インテリジェント・デジタルスレーブモードはキヤノン純正の
スピードライト・トランスミッターにも反応するか実験してみた。
赤外線に対する受光角がけっこうシビアだ。というか実質的に
単独ではシンクロしない。スレーブモードではTTL調光にならず
単体露出計を使った完全マニュアル調光が前提になる。

一方オフカメラシューコード2では、当然ながら完全に
シンクロした。マスターストロボの発光を受けてシンクロ発光
する機能は別段珍しくないけれど、どうやらこのモデルは何か
EOSスピードライト特有の信号を受けているようで、不思議な
ことにサンパックのB3000Sをマスターにすると、全くシンクロ
しなかった。

テレ時の最大GN44はクラス最高レベルで、一般的な撮影では
まず不満のない性能がありそうだ。ハイスピードシンクロ機能が
ないのも価格帯相応でこれは納得。

荷物がちょっとでも軽くなるとありがたいイベント撮影などで
活躍してくれそう。しばらく使い込んでみたいっす。

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0
 |