トンデモ本大賞2007

Posted at : 2007年 / 06月 / 30日


毎年恒例日本トンデモ本大賞行ってきたです@イイノホール。

例年、日暮里だの千代田公会堂だの地味目の会場で開催され
てきたイベントだけど、今回はクラシックコンサートなども
催される立派なホール。ゲストが冗談クラシック音楽
アーティスト杉ちゃん&鉄平さんだったからみたいです。
異常に奥行きのある舞台に、スタインウェイの立派な
グランドピアノが据えられ、いつもとはちょっと違う雰囲気。

今回も爆笑トンデモネタが次々と発表され、あっという間の
4時間でました。開田夫妻のトンデモ見学ツアーはタモリ倶楽部
みたいで特に面白かった。日本の先端科学の現場にはびこる
アニメ文化の影響力に震えたっす。理化学研究所の巨大な
超伝導リングサイクロトロン装置がガチでエヴァンゲリオン
カラーに塗られてる
とことかもうね。

大賞は圧倒的票数を集め枡谷猛『人類の黙示録』(文芸社)
が受賞。フリーメイソンからフォトンベルトまで全ての
トンデモ論を信じる究極のビリーバーが描く壮大な妄想
未来史。ネタの爆発力は圧倒的で、大賞もむべなるかな。

ただ、わしは第2位についた杉田達昭『地球23.4度の
回転引力衝突時間』に一票。『人類の…』は自費出版
てところが引っ掛かった。こちらの『地球…』は千葉県
市川市の食堂のおっさんが、チャーハンやトンカツを作る
合間に脳裏をよぎった画期的物理論および天気予報および
予言の書。千葉ではお天気おじさんとしてちょっとした
有名人とのことだが、市川出身のわしは記憶に無い。
素朴にしてトンチキな「とんかつ宇宙論」の図に
シビレたのよわし。

山本会長から特別賞が進呈されたアキバ系デムパCD
『ギリギリ科学少女ふぉるしぃ』も素晴らしかった。
「『と学会』15年の活動がこの歌詞に集約されている」と
会長絶賛。わしも首肯しつつ萌えた。買いに行こう。
リンク先の公式にご丁寧に歌詞もアップされているので、
ご存じない『と学会』賛同者は是非ご一見を。つーか、
これは『と学会』テーマ曲に採用して欲しいのお。




物販コーナーでは原田実さんの『図説神代文字入門』を買う。
ご本人にサインしていただいた。うは( ̄▽ ̄)

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

『これから始まるラジオ(仮)』第1回はじまた

Posted at : 2007年 / 06月 / 30日
gdgdなプレ番組が延々と続いていた『これから始まるラジオ』
ついにPodcast正式初回配信キタ━━(゚∀゚)━━ !!!!!

いやー永遠に第1回は始まらないと思っていたよ…
ホントに始まってむしろビックリだよ。
てか正式配信もタイトルそのまんまかよ!
まあ内容は相変わらずエロゲの中の人たちが酒かっくらい
ながらgdgdダベってるだけでなんも変わってないけど。

つか「中の人」でクレジットされてる元・本条真琴氏は
ほんとにタダのヨッパライのおばちゃんだなあ。
「パワハラ音響監督死ね」とかタイムリーな毒吐いてるしw
ゲップしてるしw


Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

え、今頃ですか

Posted at : 2007年 / 06月 / 30日


ええもう今頃ですよ。
ピンキーストリートですよ。
何周遅れだよって話ですよ。

現在『時かけ』コラボモデルがアツいようですが、それとは
全然関係なくってですね、たまたまアキバの裏通りで
008リサどんが安く売られていたので保護しただけでハイ。

この子、発売当初に「カワイクない」って人気なくて、
そのせいか再販もあまりかかんないのか、逆に今は
やや品薄気味。ネコ顔好きなのでわしはタイプなのよ。

ただ髪型と重苦しい服装が今の季節にはちょっとアレなので
おだんご頭と夏服にちぇーんじ。手首に妙なもんがついて
ますが深く気にしない( ̄▽ ̄)ドラ猫ケンカ番長の雰囲気で。

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

マリみて『フレーム オブ マインド』

Posted at : 2007年 / 06月 / 29日


短編集だけどキーワードが「写真」てことで、実質蔦子さん
主役ついにキタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!
ついでに表紙登場おめでとう。無印から苦節×年、長かったねえ。
もうこの巻は栞まで保存版ですよ。

今回個別の短編をつなぐキーパーソン役だけに、モテモテ
であります蔦子さん。日曜日にテニス部撮影会とかもうめっさ
(*´д`*)な妄想が膨らむっす。あと写真部三年生のお姉さま
がたに可愛がられてる笙子たんとか(*´д`*)。きっと部室で
モデルやらされて右から左から撮られまくっているのね・・・
とかもう妄想止まらんす。

しかし最後の、蔦子さんがフイルムをアレするシーン、
「おおーさすが写真部、撮影済フイルムのベロ出しておくのは
自家現像の基本だもんねー。しかしベロ出ててよく撮済フィルム
ってわかったなあ」とまたわし、キモヲタ特有の細かいところに
目が行く悪いクセ発動('A`)

相互にほとんど関係のない短編を、蔦子さんをめぐる小一時間
ほどの寸劇をブリッジにつなげていく手法はとても技巧的で、
このあたりさすがベテランの腕。いやー大満足っす。


Category : 百合 | トラックバック(-) |  コメント:0

リアルゴス

Posted at : 2007年 / 06月 / 28日
夕方、アキバでちょっと買い物をしていたら、駅前の
コトブキヤに白人の家族連れが。一家の最後尾を
おとなしく付いていく感じのハタチくらいの娘さんが
漆黒のゴス系ドレスをまとったブロンド美少女で、
思わずフィギュアの箱を手にしたまま見とれてしまった
ですよ(←不審人物)。身長170cmくらいあってキレイ
だったなあ・・・日曜にホコ天来たらスターですよスター。

※画像と記事は関係ありませんめぽ


(EOS KDN + ZUIKO55mmF1.2)

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

リングサイドでかぶりつき

Posted at : 2007年 / 06月 / 28日
ちょいとした仕事で、プロレスの写真を撮ってきたです。

いやー生まれて初めて、リングのエプロンからの撮影って
奴をやりましたよ。プロレスは何度となく生で見たけど、
セコンドと肩を並べてマットにヒジついて撮影ってのは
初めて。いやー気ぃ抜くと選手は飛んで来るし、マットの
振動もバンバン来るしで凄い迫力だったですよ。

そんなに大きな興行じゃなかったので取材も少なく、
よくわしが後楽園ホールで見たような男の鉄火場的
雰囲気じゃなくて助かった。てか、そんな男たちが
写真を届ける雑誌ももうほとんど無いんだよね。
プロレス、終わってるよね。

ちなみにどこだったかというと、ここで以前多少、おい金沢
アレしとけ的なことを書いたあそこ。全くの偶然の巡り合せ
だったんだけど、皮肉なもんですわ。画像なくてスミマセン。


以下本日の蛇足〜

最近気になる中の人・河原木志穂さんの新しいネトラジ
一昨日からスタートしてました。
[リングサイドでかぶりつき]の続きを読む

Category : お仕事 | トラックバック(-) |  コメント:0

凶獣ベノワ逝く

Posted at : 2007年 / 06月 / 26日


新日本でもペガサス・キッドとして活躍したWWEスーパースター
クリス・ベノワが亡くなってしまった。自宅で奥様、お子さんと
ともに死体で発見されたそうだ。sports illusratedによると
警察は殺人として捜査中で、現在のところ詳細は未公表。

去年のエディに続いて今年はベノワまで・・・
悪夢だ。本当に悪夢だ。

ショーマンではなく、本当の職人的上手さを持つレスラーであり、
カナダ、日本、メキシコ、どこへ行ってもプロレスファンから
心から愛された真の仕事人だった。

ご冥福をお祈りいたします。


【追記】
FOX NEWSの報を受け、公式サイトWWE.COMでも死因が
無理心中であるとのリポートを掲載した。地元新聞では依然
詳細不明となっているところもあるし、FOXはセンセーショナ
リズムが売り物だけに、できれば誤報であって欲しいと思う。
あのベノワが妻子を殺して自殺したなんて、考えたら目の前が
真っ暗になる。

Category : プロレス | トラックバック(-) |  コメント:0

ミラーマンハジマタ

Posted at : 2007年 / 06月 / 26日


MXTV円谷劇場、『セブン』のあとは『ミラーマン』か。
いちいちシブいセレクションですなあ!

ウルトラシリーズに較べると若干予算的には見劣りするけど
非常にバタくさいというか、小洒落たムードの漂う作品ですな。
EDの、真っ白の背景に黒い明朝ロゴというデザインは今
見てもすげーカッコイイや。「不適切な映像」をカットして
ある旨のアナウンスは残念だけど。

鏡京太郎が使ってるカメラはヤシカなのはわかったけど
型番まではわかんねーなあ。ツァイス提携以前のヤシカの
一眼レフって極端に情報が少ないんだよね。コレクターも
いねえし。くっ付けてるグリップストロボが灰色なのが
面白かったな。当時はそういう商品があったのか、それとも
小道具さんが塗ったのかな。

ちなみに続く時間帯には、現在ハリウッドの大物女優である
ヘレン・ハント主演の外ドラコメディ『あなたにムチュー』。
これもいいね!

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

『コミック百合姫S』創刊号

Posted at : 2007年 / 06月 / 25日
しばらく買ってないけど、百合専門マンガ誌『百合姫』から
スピンオフした百合袋持ち向けのコミック誌。本家の方が
女子向け(でも多分読者の過半数は男子だと思われ)なのに
対し、こちらは思い切って♂向けにベクトルを振った。
ちょっとだけエロ成分もうp。

ケツまでがーっと読んだけど、正直、ビミョーだった。
野郎が笑い抜きで百合描くのは難しいんだよホントに。
巻頭の宮下未紀『マイナスりてらしー』はまずまずだった
けど、あとはなんだかなあ。百合は萌えるが奥が深い・・・。


ついでなので、出たのはちょっと前の本だけど、
kashmir『百合星人ナオコサン』も買う。

百合成分というよりは作者の濃ゆい幼女愛ネタを、ヲタク
あるあるネタと日刊ゲンダイ的エロネタでまぶした
キリングなギャグマンガ。

分かる人しか分からない、つーか分かる人はけっこう
社会的にヤバイギャグ満載。独特のリズム感と、本筋と
無関係な廃墟趣味など、特有の空気にハマると画力の
微妙さもあまり気にならない。わしは好き。

Category : 百合 | トラックバック(-) |  コメント:0

テレ朝『ダイハード』

Posted at : 2007年 / 06月 / 24日
『4.0』公開記念でテレ朝『ダイハード』放送キター。

やっぱりマクレーン刑事は野沢那智さんだなぁ。
デジタルリマスター版なんで思わず録画中。
DVD持ってるのにw

しかしもう子供とかには「ドカンと一発〜」の吹替え
アドリブは通じないだろうなあ。Nステ時代のネタだし。
あとオープニングタイトルクレジット、主役の名前を
ブルース・ウィルスはないよな…

Category : 映画 | トラックバック(-) |  コメント:0
 | Next Page»