『ECWワン・ナイト・スタンド07』

Posted at : 2007年 / 06月 / 23日


立ち上がった当初のアツさはカケラも無かったけど、まずまずの
特番でしたな『ワン・ナイト・スタンド』。つーかあれだ、
看板スターが次々離脱で、ここ数大会、全部三番組共催だなぁ。

オープニングはRVD対オートンのストレッチャー戦。
RVDがギリギリの逆転勝ちを収めるも、逆上したオートンの
暴行によって逆にストレッチャー・ジョブをするハメに。
RVDはこれで退団だっけ?

次は唯一の純正ECWマッチ。オリジナルズ対ニューブリーズの
テーブル戦。なんとテーブル破壊は一回だけというしょぼさ。
往年のファンが見たら泣くしかないよね。

世界タッグ王座戦はハーディーズ対世界最強タッグのハシゴ戦。
この試合のためだけにこの番組買う価値はある。質の低下が
叫ばれるWWEだけど、ハーディ兄弟のハシゴ戦のクォリティ
だけはガチだ!
 対する最強タッグも、相変わらず抜群の
運動神経を見せるシェルトンと、職人的ビッグセルを見せる
ハースが素晴らしかった。シェルトンなんか明らかにハシゴ
へのリープフロッグキック失敗してるのに見事なアドリブ
修正してた。あれは並みのレスラーにはできん。ハーディーズ
防衛。

お次。ケイン対ヘンリーのランバージャック戦。まあ普通に
グダグダでしたわ。ヘンリー勝ち。

ECW王座戦はビンス(W/シェイン&ウマガ)対ラシュリー。
シェインは今回も頑張った。ホーリーシットな場外への
放送席破壊ダイブがこの試合のハイスポットだね。つーか
人手足りないんだからシェインは期間限定でロスター入り
すべきだと思うよマジで。ラシュリーは相変わらず塩分高め
だが会場人気高し。予定通り王座奪還。

女子マッチはキャンディス対メリーナのプリン戦。要するに
泥レスです(;´Д`)。グダグダでしたが、試合前のスキット
でもキャンディスとのレズチューを見せてくれたマリアたん
乱入でオチが着きました(;´Д`)

世界王座戦はエッジ対バティの金網戦。これといって見どころ
なっしん。

メインはシナ対カリのエニウェア・フォール戦…なんだけど、
時間も短く、まったくエニウェアを使わない(だって場内
から出ないんだぜ!?)試合で、わしは寝た。シナ勝った?
だからなんだって!

Category : プロレス | トラックバック(-) |  コメント:0

シージェッターキター

Posted at : 2007年 / 06月 / 23日
池袋東口の宮城県アンテナショップ前を通ったら、石ノ森章太郎
デザインのご当地ヒーロー「シージェッター海斗」が来てたです。
なぜかギャルに大人気。


(LUMIX FX01)

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

今月買わなかったカメラ雑誌

Posted at : 2007年 / 06月 / 23日


『CAPA NUDE』
高校写真部のためのカメラ情報誌という性格が強い『CAPA』が
珍しくヌード特集の別冊。まあヌード特集は売れるけど、
ウチは本誌で特集できないし…というジレンマから生まれた
ものと思われる。ただ取り上げられてる写真家が一世代前。
写真も薬にしたくもない純アート系でテクニカル情報も不足。
ぱっと見て「ハッ!」「ドキッ!」としないヌードの何が面白い。

『アサカメ』
こちらも恒例ヌード特集。ただメインの特集よりサブ特集の
「あ〃軍艦部」が素晴らしすぎ。とにかく「軍艦」にこだわった
切り口にアサカメらしからぬライトなバカさが溢れ返ってる。
わざわざ三笠や大和の図版を引っ張ってきたりはいいとして、
なぜ軍艦巻きの解説までする! ぶはは! ニコンFを長門に
キヤノンF−1を大和、アサペンSPを重巡青葉、オリンパス
OM-1を軽巡夕張、ミノルタSRT101を重順妙高、コンタRTS?を
ビスマルクになぞらえた軍ヲタ丸出しなキャッチは秀逸。
続く「婦人科カメラ」もセミクラシックの女性ポートレートと
写真家を扱った面白い企画だが、できればこういう古いレンズで
撮った最新のかわゆい作例があれば最高なのに。次回はぜひ。
てことでこの号は買い。ずいぶんスタッフが若返ったのかね。


『日カメ』
こちらは覇気のないクラカメカタログ。ふうむ。

『CAPA』
夏のデジタル風景特集。ふうん。


『月カメ』
うはwww表紙エロス! 全編にビキニが踊っております。
お、公式サイトでオリモトさんの週刊連載が始まってる。
やべえ面白い。マロニエさんを毎週ネットで見られるとは
萌えだ!

『デジカメマガジン』
こちらも夏風景特集か…うーむ。




Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0
 |