「和柄」ストラップ買ってみた

Posted at : 2007年 / 08月 / 07日


先週新宿に出たついでに、ヨドバシでげっとしました
UNの和柄カメラストラップ。トンボ柄と迷ったけど、
飽きのこなさそうな鹿の子柄にしたっす。

ワタクシ、こういう企画モノ大好きでございます。ていうかね、
カメラバッグとかストラップとか、ちょっとシャレたモノを
買おうと思ったらクソ高いアルティザン&アーティストしか
選択肢がない、というカメラ業界の現状が哀しい。

しかもA&Aのバッグなんざ、言うほどシャレてねえよなあ。
なんかイメージだけ先行してるけど。

そういう意味で、どっちかというとニッチ系商品が主体で
「オサレ」というイメージとは程遠いガンコ職人的メーカー
UNが、こーゆー面白い商品を手頃な価格で出してきたことは
高く評価したいのココロですよ。

んで、この和柄ストラップ、なかなかヨイですよ。
カメラストラップとしては薄手で柔らかい布製で、女の子
なんかは服を傷めなくてよさそう。一般的な純正ストラップ
と較べてちょっと長めに作ってあるのも、最近坊ちゃん
嬢ちゃんたちがよくやってる、斜め掛け対応と思われる。

リバーシブルなので滑り止め加工などはされてないけど、
これも多分斜め掛けに向いているんだと思う。わしは
斜め掛けしないし、極度のなで肩なので肩掛けしたら
ズリ落ちちゃいそうだ( ̄▽ ̄)

しかし和柄ストラップは今までどうしてなかったの、とゆー
くらいのヒットだなあ。ぜひシリーズ化して、卍崩しとか
亀甲とか経文とか出してください。

あ、ついでなのでストラップつながりの話題で、
IMAGENIQUEについて一言言わせてくれろ。

「カメラストラップ」でぐぐるとトップに広告が出てくる
オサレなレザーストラップで、わしも一時本気で購入を
考えたんだけど、あれ、どう考えても金具がデカ過ぎ。
カメラをキズつけそうで、とても日常使いにゃできねえよ。
デザインした人はオシャレな人なんだろうけど、カメラ自体は
それほど好きではないか、カメラに余計なキズが付くのを
まったく恐れないリッチな人か、どっちかだな。

デザイナーの人、見た目優先のストラップも悪くないんだけど、
もうちょっとカメラに気を使った新作待ってます。

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

『CSI:5』にタランティーノ

Posted at : 2007年 / 08月 / 07日


毎週月〜水のお昼時に、内臓やら腐乱死体やらをモロ出しで
楽しませてくれるテレ東『CSI』シリーズ。今日明日放送の
第五シーズン最終回はクェンティン・タランティーノが
脚本・監督を手がけてるんですな。

で、これがまたまんま『パルプ・フィクション』の1エピソード
になりそうな面白さ。

一人で現場にやってきたニックが何者かに拉致される。
犯人はニックをアクリルの棺桶に詰め、生きたまま埋葬。弾の
入った拳銃と共に。このままではニックは窒息するか、自殺する
しかない。そして犯人は、その絶望的様子をネットでCSIに
ライブ中継し、身代金を要求してくる。

怨恨か、カネ目当てか。全局を挙げて捜索するCSIだが、
手がかりは杳としてつかめない。ついにグリッソムは
犯人の要求どおり身代金を渡しに赴くが、現場に現れた
謎の男は、グリッソムの目の前で、体に巻きつけたプラスチック
爆弾にによって自爆してしまう…

ニックとウォリックがやたらに長いムダ話をしたりするあたりも
タランティーノ節全開で、シーズン最終回でありながら
異色作というのも長寿人気シリーズならではの余裕か。
いやあ、明日の解決編も楽しみだ。



って、全然関係ないけど、今NHK『ゆうどきネットワーク』見たら
「増える鉄道好き女性」という特集をやっててビックリ。可愛い
おねいさんがペンタK10D持って撮り鉄やってた( ̄□ ̄;)!!

わし、こっちのエントリで「女の撮り鉄なんかいねーだろ」って
書いたばっかりだし、先週友達とも「最近あらゆるヲタジャンル
に女性がいるようになってきたけど、鉄だけはいないね」なんて
喋ったばかりだったのでもうガクゼンですよ。

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0
 |