CAUL買ってみた

Posted at : 2007年 / 08月 / 19日


伊集院のラジオ聴いてたら、草野球のコーナーにタカラトミーの
人が出てて、新しい赤外線ラジコン「CAUL」の宣伝してた。
あー、Qステアみたいなもんか?と思ったら「600円」という
値段に惹かれた。

さっそくアキバに買いに行った。
あーなるほどQステアよりずいぶんデカい。大き目のミニカーって
感じ。パッケージの中はキットになってて、組み立ては自分でやる。
組立工程をお客任せにするから、その分コストダウンになってるのね。
技術自体はQステからの援用なんだろうし。モーターサイズなんか
考えると大きく作った方が小さく作るより安いんだろうな。

まあ組み立て自体は難しいものじゃないけど、最低限ニッパーと
ヤスリくらいの工具は要るので、全くプラモをやらない子供には
ちょっと敷居が高いかも。

あと説明書がザックリしすぎで絵が小さい。
わし、いちばん最初の工程でギアの噛み合せがよくわかんなくて
5分くらい考えちゃったぞ。そこんとこヨロシク。

操作性は上々。
ただ電波ではなく赤外線を使っているので、指向性(?)が
強い。常にリモコンの発光部を車体に向けている必要があり、
これはちょっとコツがいる。

つーかなによりわしの部屋が汚くて、あまり走らせるスペース
がないことに気付いたぞ。車体が大きいから、ちょっとした
会議室くらいの場所があるとかなり楽しいんじゃないかな
(ちなみに屋内専用のおもちゃなので、野外での使用は
推奨されていない。ホコリなどが駆動部に詰まって故障の
原因になるんだそうだ)。

そういう意味では、デスクトップ程度の空間があればたっぷり
遊べるQステアの方が、狭い部屋には剥いてるかもね。

あ、全然関係ないけどホコ天になんかスゴイのいましたよ。


(EOS KDN + EF50mmF1.8?)



Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0
 |