今さらですが

Posted at : 2007年 / 08月 / 27日


EOS KDNにバッテリーグリップBG-E3買いますた。

ニコンEMとかの小型一眼にワインダー付けたみたいで、豆タンク
的カワイサがありますな。

まあ基本KDNはぶらぶらお散歩カメラなので、あんまり
使わない気もするけど、仕事のサブ機として持ってく時とか
イベント撮りの時に便利そう。

以前も書いたけど、バッテリー室の作りが非常にシッカリ
していて、二桁Dのグリップよりフラッグシップに近い。

40DのグリップBG-E2Nにもこれは採用して欲しいところだけど、
どうもこれ20D、30Dと互換性があるマイナーチェンジらしく、
相変わらずあの安っぽいペコペコの蓋が続く模様('A`)

BG-E2は発売当初パワーサプライ系統のトラブルがひどく
(本来それが目的のアイテムであるのに!)、結局
全品無償修理に至ったなんて恥さらしな商品だったけど、
今度はそんなことないように改良してあるんだろうね。

思えばキヤノンの品質管理に重大な欠陥が露呈し始めたのは
この20D関連のシリーズからだったように思う。20Dにして
からが、発売直後から重要ファームアップの連続だったし、
最近発売された50mmF1.2は栄誉あるLブランドを冠された
高級品であるにもかかわらず、近接でピントが合わないのを
メーカーが認めたうえで「仕様です」という信じられない
居直りを見せ、自ら赤鉢巻の伝説にドロを塗っちゃったし。

ウワサによるとキヤノンはレンズ設計を完全電算化した結果
昔から使っていた大切な光学測定器を最近廃棄しちまった
なんて話もあり、どうもモノ作りに対するクラフトマンシップを
急速に失いつつあるような気がするなぁ。

以前カメラ雑誌のインタビューでトキナーの技師さんが、
「最近、ザイデルの5収差も知らない奴にレンズ設計させてる
メーカーがある」なんて爆弾発言かましてたけど、それって
もしかしてキヤ・・・?



Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0
 |