やる気なさ過ぎだろ

Posted at : 2007年 / 09月 / 15日
朝、起きたら久しぶりにちょっと夏日。
窓の外でヒグラシが鳴いている。
涼しくなるのはいいけど、やっぱりちょっともったいない
気もしますな。突然セミの声が聞こえなくなったりすると
サビシーというかね。

それにしてもあれだ。
RD-E300はデジタルチューナー付きなので、民放BSが見られる
ようになった。全然興味もなかったけど、どんなんやってんのかな
と番組表を開いてみた。

なんだこりゃ。
どの局も一日中通販番組か韓国ドラマしかやってねえ!
そりゃまあ今は各局地デジに全力投球で、こんな廃墟メディアに
カネ使ってらんないだろうけどさ、これだって開局したのほんの
数年前だぜ。まあその当時はまだ地デジが暗中模索の最中だったん
だろうけど、これだってタダで電波流せるワケじゃないだろうに、
もう廃墟にしちゃうってどうよ。

唯一面白そうなの、BSフジで『ヤングスーパーマン』第3シーズン
やってるの発見。いえーい。のちのデイリープラネット編集長
ペリー・ホワイトが登場の#5。この頃はやさぐれたアル中で、
ケーブルテレビのレポーターとしてクラークの秘密を嗅ぎ回る。
かつては敏腕記者として、レックス・ルーサーの父の悪事を
調べていたらしいが…。キャラクターが全員無理なく関わり
合ってて、やっぱり面白いわこのドラマ。

ま、もちろんコピワンだけどね。うぜえ…

※画像と記事は関係ないめろりん


(EOS 20D + EF85mmF1.2L)

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

『裸でだっこ』@テレ東

Posted at : 2007年 / 09月 / 15日
気が向くとやっているテレ東シネ・ラ・バンバ枠の
渥美マリ特集。昨日は『裸でだっこ』(70年・大映)。

増村保造の軟体動物シリーズの陰湿なムードとは対照的な
あっけらかんとした艶笑コメディ。美人局で荒稼ぎしている
美女(渥美)と、純情一途の警官(古今亭志ん朝)を
めぐる能天気なストーリー。ワキにも大泉滉、唄圭師匠、
柳亭痴楽師匠など喜劇らしい顔ぶれが楽しい。後半に
出てくる変態役の梅津栄の怪演も必見だ。

作中のインテリアの手のつけられないダサっぷりはまさに
70年代初頭の日本映画ならではで、これまたウットリさせられる。
女声コーラスをフィーチャーしたバチェラーなサントラもクール。
おっと、これDVD未発売か。コレクターには嬉しい放送ですな。
監督が同じ大映で『ガメラ』を手がけていた湯浅憲明というのも
ヲタには注目であったりなかったり。



っておい、話違うけど『マッハ!』深夜に字幕放送かよ!
何が悲しいてアートシアター枠なんだよ。ゴールデンに
吹替え放送してみろよ。週明けの中学校、男子の話題は
これで持ち切りだって!そこからムーブメントが起こる
んだって! ったくフジはこれだから・・・テレ東魂
ちょっとは見習えよ。

Category : 映画 | トラックバック(-) |  コメント:0
 |