ひぐらしの鳴く頃に

Posted at : 2007年 / 09月 / 18日
16歳少女 斧で実父の首を切り殺害



(※画像はイメージです)
 18日午前4時40分ごろ、京都府京田辺市、京都府警南署交通課巡査部長(45)方から、妻(41)とみられる女性の声で「主人が斧(おの)で首を切って自殺した」と119番通報があった。消防隊員が駆けつけると、2階の寝室で巡査部長が首から血を流して倒れており、すでに死亡していた。田辺署員が返り血を浴びた専門学校生の次女(16)に事情を聴いたところ殺害を認めたため、殺人容疑で緊急逮捕した。

 捜査1課と田辺署の調べによると、巡査部長はランニングシャツとパンツの下着姿で、右首の数カ所に傷があり、体の左側を下にして倒れていた。争った形跡はなかったという。

 警察が到着した際、次女は1階の居間にいた。居間には、血が付いた刃渡り約11センチの小型の斧もあった。斧はこれまで自宅になかったものとみられ、府警は次女が事前に準備したとみている。次女は「私が斧で切りつけた。以前から父が嫌いだった」などと供述しており、府警は動機を調べている。                                  (Asahi.com)



※なお第一報では被害者氏名が「北門和一郎さん(45)」と
報じられていたが、現在はすべてのメディアから削除されている。
--------------------------------------------------------------

事前に用意した斧で、首を数回切りつけるか・・・
どう考えても、親父の首を切断しようとしたんだな、この少女。

ただ殺したいなら、包丁で刺すなり農薬飲ませるなり、もっと
手早い方法はあったわけで、「首を切り落とす」という行為が
少女にとっては重要な意味があったのであろうなあ。

斬首は権威・権力の剥奪の象徴だから、少女にとって、警察官
であるこの父親は、よほど耐え難い権力者だったのだろうな
・・・と生半可なこと書いちゃみたが、ふつー16歳の女の子は、
いくら憎悪が殺意に高まっても、計画的に人間の首を切り落とそう
とは考えんよなあ。てことは儀式殺人か。いずれにしても
猟奇の世界だ。

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:1
 |