『21世紀を夢見た日々・日本のSF50年』

Posted at : 2007年 / 10月 / 21日


教育テレビETV特集は日本SFの黎明期を支えた第一世代作家たちを
振り返る。ホスト役は小山薫堂と栗山千明様。キタ━(゚∀゚)━!!!!

まあ内容的には本筋を外さずけっこうだったんじゃないでしょうか。
しかし小松左京先生はだいぶ老け込んでらっしゃいましたなー。
石川喬司先生なんか口の端から泡出っ放しだしなあ。あと
平井和正先生はテレビアニメ草創期にSFとマンガの橋渡し役
としてフィーチャーされたが、コメント無かったのが残念。
テレビでライブ電波飛ばして欲しかったなあ・・・

あ、日本SF界の歴史をたどるなら、第一世代が自らの墓標を
打ち立てることになった怪作映画『さよならジュピター』
ぜひ取り上げて欲しかったところでした。原作者である小松
左京先生が自らプロジェクトリーダーとなり、日本SF界の
頭脳を結集して「日本発の本格SF映画を!」という旗印のもと
スタートした作品でありましたが、フタを開けてみたらなんとも
ピントのズレたエコロジーメッセージ(宇宙開発時代に沖縄で
ヒッピーがイルカの歌を歌って反宇宙開発を訴える)やら
緊迫感のまったく無い展開やらで、結局印象に残ったのは
ショボい特撮で三浦友和が無名ガイジン女優と無重力ファック
するシーンとユーミンの主題歌だけだったというアレです。

当時、実はSF界の作家や読者たちは蔓延する「エセSF」に対して
「あれは間違っている。科学的に正しくない」とやたらと
噛み付きまくっておりまして(80年代になってもまだまだ皆さん
軒昂でいらした)、ガンダムなんかにもけっこう悪口言ってた
もんでした。「なら、オレたちが作って見せてやるよ!」と
ついに御大たちが立ち上がった! で、出来上がったのが上記の
ようなクズだったもんで、日本SF界第一世代の権威は大失墜。

いや、アタクシもガキでしたが、製作中に小松先生がやっていた
メイキングトークライブなんか見物して、そらもう鼻息荒く
「今どんなに凄い映画を作っておるか」とご本人がおっしゃってる
のを聞いて、期待に玉袋パンパンにしてた一人でしたから、
もうね。まあブレーンストーミングの席で、高千穂遥先生が
ひとりでアツくプロレストークを始めてしまい話にならなかった
なんてエピソードもあったようですが・・・

思えば「SFブンガク」と「アニメ・マンガ・トクサツ」の溝が
なくなって、SF総ラノベ化が始まったのは、あの「ジュピター
事件」がきっかけだったような気がしてなりませんが、それは
番組とは全く関係ないハナシ。

個人的には栗山千明様のアキバ探検のところだけ見られれば
よかったんですが。ハイ。



ちなみに今日のアキバ。


なんかでっかいシネカメラ抱えたチームが・・・


(EOS KDN + EF35mmF2)

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

讀賣m9(^Д^)プギャー

Posted at : 2007年 / 10月 / 21日


皮肉!アドバンテージ「不用」巨人が敗退(スポニチ)

 セ・リーグは今季からのプレーオフ制度導入にあたり、パ・
リーグが昨年まで採用していたリーグ覇者に日本シリーズ出場権を
得やすくさせるための第2ステージ「1勝」アドバンテージを取り
入れなかった。パ・リーグはアドバンテージの継続を主張したが、
セ・リーグでは意見が分かれた。巨人などが興行面などを重視し、
アドバンテージは不要と主張。中日などは最後まで必要と訴えた。
話し合いの末セ・リーグとしてアドバンテージが不要との結論に
至り、最終的にパ・リーグも同意した。       (後略)
---------------------------------------------------------------

97 名無しさん@恐縮です New! 2007/10/21(日) 12:24:52 ID:pqIikaXhO
2005年秋:読売リーグ五位!てゆーか交流戦除くと最下位m9(^Д^)プギャーーー!!!
    →「セもプレーオフ導入!だけどパのやり方は不公平だからセ独自のシステムで」
2006年春:読売開幕ぶっちぎりスタート!二桁ゲーム差で優勝も有り得る?
    →「パがセにあわせないのでプレーオフ導入しません」
      (おいおい、セ独自のシステムじゃなかったのか???)
2006年夏:読売故障者続出でジリジリ順位を下げて、ついに最下位転落!
    →清武改革委員会長「プロ野球を盛り上げる為、メジャーのようにポストシーズン制導入を検討しよう」
      (おいおい、ようはプレーオフじゃねーかw)
2006年夏:読売再浮上できず、二年連続Bクラス…
    →NPB「来年からCSやります」
      (;´Д`)
2007年夏:読売一位になるもCSで惨敗m9(^Д^≡^Д^)m9プギャプギャーーー!!!
    →清武英利球団代表「いずれにせよ、これからです」←今ココ!!



まさに讀賣・・・
           ,, -──- 、._ 
        .-"´         \. 
        :/   _ノ    ヽ、_ ヽ.:
        :/  o゚((●))  ((●))゚oヽ:
      :|       (__人__)    |: 
      :l        )  (      l:
      :` 、       `ー'     /:  
       :, -‐ (_).        /
       :l_j_j_j と)丶─‐┬.''´
          :ヽ   :i |:
             :/  :⊂ノ|:
さぁて、来年はどんなジャイアンルールをもってくるのかな?

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

『もうひとつの象の背中』

Posted at : 2007年 / 10月 / 21日


ふと深夜のテレビ番組表を見ていたら、『もうひとつの象の背中』
というドラマ枠のサブタイに、ただ二文字。

レズ

見ちゃった。ええ、全力で釣られましたよ('A`)

なんだよ、よく調べたら、秋元康が仕掛けてるゲロッパな
難病おセンチ映画のタイアップ企画かよ! オエッ。最近多い
けどさ、こーいう安直な難病もの。映画とかケータイ小説(笑)
とかでさ。昭和か。花は遅かったか。

ええと、このドラマは悪性ガンにかかったマジメっ子が、
同じグループだけどあんまり親しくないギャルっぽい子に
自分の病気を告白し、友情を深めるというオハナシ。
なんとなく、マジメっ子がギャル子に百合っぽい思いを
持ってるかなーというのを暗示させるショットもあるけど、
結局そのへんはあいまいなまま。

ていうかね、命に関わる病気を、こういうお気楽なドラマの
小道具にするって了見が気に食わないのよ基本的に。リアルに
病気に苦しんでる人だっているんだしさ。秋元みたいな奴が
ゼニ儲けのためにバカ女を泣かせる道具立てにしてるのも
腹立つし、それ見て泣いてるバカにも腹が立つ。

導入部のちょっとコミカルな感じとか、ダイアローグの小気味
いいカット割りなど深夜ドラマの演出としてはセンスを感じた
だけに、根っこに流れる腐れた志向と、百合イズムゼロの
内容にダブルがっかりだったわけですよ。

Category : 百合 | トラックバック(-) |  コメント:0
 |