野球五輪予選 日本×韓国

Posted at : 2007年 / 12月 / 02日
おもしろい試合だったねー。

・韓国まさかのプレイボール直前のメンバー交替
・韓国まさかの当たり屋攻撃
・岩瀬劇場
・解説古田、まさかの松木安太郎化
・解説栗山、まさかのアナル発言
・スマップ中居の生え際
・スマップ中居、10:30から消失
・テレ朝まさかの日曜洋画劇場休止
・日本ベンチの傍らにナゾの悩ましメガネっ娘
・韓国のチアが妙に可愛かった件


いや、やっぱりストライクゾーン判定に苦しめられたとはいえ
韓国にあそこまで食い下がられるとは思わなかったね。やっぱり
なりふりかまわない相手と戦争するのは大変だ。ま、勝ってよかった。


【追記】
昨日の試合後、韓国中央日報と朝鮮日報の日本語版にステキな
記事が載ってたので紹介。例のオーダー差し替え問題ですね。


これに対しキム・ギョンムン監督は「アマチュア規定が間違っている。
1時間前に提出したオーダー表は、>監督同士があいさつし、試合開始前の
整列時にオーダー表を交換するまでの間に差し替え可能だ。

とキッパリ。まあいいでしょう。しかしそう言い切っているのに、
その舌の根も乾かぬうちに

多くの規定そのものが誤っている。これから試合開始1時間前と
10分前のオーダーが同じになるようにしなければならない」と弁明した。


要するに。こんなことをさせたルールが悪い。俺たちは悪くないと。
子供の言い訳かと。でもその理由はといえば、

うちの先発に対しあっちが対抗策を出してくるかと懸念し、
先発を変えた」と説明した。


監督会議で決めた紳士協定なんか誰が守るかと思ったんですね。
まあここまで行われた試合で、守らなかったのはこの試合の韓国だけ
なんですけどね。しかも台湾戦ではやらず、日本戦だけでやらかした
確信犯ぶり、やっぱり頭イタイです。

まあ百歩譲って、「日本相手に必死だった、勝つためならなんでもするさ。
どう思われたってかまわない。好きに書いてくれ」と居直っていれば
まあそれはそれで一つの戦術としてアリとしましょう。一応ルールには
直前のオーダー変更は「やむをえない場合」と但し書きがあるんですが、
韓国チームが何を持って「やむをえない場合」としたのか説明してくれて
ないのも大目に見るとしてですよ。ところが言うに事欠いてこの人、

キム監督は「今後とも星野監督から日本野球の長所を学ばなければ
ならないので、理解してくださったら…と思う。星野監督が誤解しない
よう、日本のマスコミがよく説明してくれ」と要請した。


( ゚д゚)ポカーン・・・
えーと、素手のケンカで思わず石を投げてしまったが、そこは理解
してくれ、ていうか石を投げたのはそちらの【誤解】であって、
こちらには何一つ非はないので、今後ともこちらに利益をよろしくと。
この対人感覚の格差、カルチャーギャップとかで説明できる範囲を
完全に超越してますな。トドメに。

KBO(韓国野球委員会)も別途中国語通訳者を日本語通訳者側に
送って金監督の言葉を助詞1つ違わないように通訳するよう措置を取った。


いやいやいや。
助詞が一つ残らず正確に伝わっても、日本人(つうか文明人)の
感覚ではパーフェクトに非常識ですから! だいたいそんなことしたら、
「通訳のミスで誤解が…」って逃げ口上が使えなくなっちゃいますけど。
ホンットに上記のような身勝手な言い草がどこにでも通ると微塵も
疑わず思ってるんですね。怖い人たちだわホント…

ま、勝ったからいいけど。

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0
 |