超広角コンデジキタ━(゚∀゚)━!!!!

Posted at : 2008年 / 01月 / 30日


うおお、LUMIX FXシリーズ最新作はついにレンズのワイド端が
25mmの超広角域に突入か! 明るさも維持で、しかもエンジン
改良でノイズ対策もした(ぶっちゃけ満を持して出したFX100は
期待はずれだった)とあっちゃ、こりゃ期待だ!

このところずっと手元不如意だったこともあって、デジカメ
関連のニュースを見ても燃えることがめっきりなくなってたけど、
これは久しぶりにテンション上がる新製品だなあ。LUMIXは
値崩れ・・・失礼、実売が手頃な価格に下がってくるのも早いから
いっそうワクテカだ。

超広角コンデジってーとリコーの24mm相当があったけど、
あっちはデザインと画質がいまいち好きになれないんだよなー。
しかしLUMIXはこういうところ、攻めてくるよなあ。こういう
意欲的な企画は本来、家電屋じゃなくカメラ専業メーカーから
出て欲しいんだけど・・・

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

北京五輪のパンフにパチモンハルヒ?

Posted at : 2008年 / 01月 / 29日


あきばどっとこむによると、
北京オリンピックのパンフ(中学生向け?)の表紙が大変なことに
wwwwwwwww宇宙人とか超能力者とか大集合でしょうか。もう開会式は
一万人でハレハレユカイ踊っちゃえよ。

しかし画風が昭和のエロマンガですな。レモンピープルとかに
載ってそうなハルヒwwww



Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

鳥居みゆき、まさかの

Posted at : 2008年 / 01月 / 28日


待望の地上波進出も、これまではスポット参戦的露出がほとんどだった
鳥居みゆき、なんと『オジサンズ11』にフィーチャーゲストとして登場。
地上波としてはこれまでない長時間(とっても二分程度だったと
思うけど)でネタを披露。なんとフリートークで鈴木史郎さんと
ガチンコ対戦、般若心経について語り合うという奇跡の仕事ぶり。

いやー、まさかあの知的障害キャラの地上波解禁がプライムタイムの、
しかもオッサン番組だったとは予想してなかった。アナーキーだな
『オジサンズ11』! あなどれねえ。



なんでもいいけど伊集院のラジオ、最近やばいよな。
なんつか、ぜんっぜん面白くねえ。今メインコーナー扱いで
やってる嘘感動話のネタなんか、いっこも笑うところないのに
本人だけノリノリ。夏にやってた「カブトムシの育て方」にも
そんな気配があったけど。

本人は高度なギャグのつもりでやってると言い張るんだろうが、
ほんとのところ、年下の劇団ひとりとかが「ちょっといい話」の
本書いてベストセラーになって映画化までされちゃったのを
意識してんじゃないの?とか勘ぐってみたりして。暮れに
事務所辞めるの辞めないのってモメてたのも影響してんのか。

コサキンもそうだったけど、ラジオで無茶やって名前あげても
トシくって収入も安定してくると、本人も気づかないうちに
「あれ買った」「これ食った」ってオチのない話をするように
なるんだよな、不思議なことに。伊集院なんかが数年前まで
あれほど唾棄していたFM DJみたいな話をさ。正直、一部の
声優ラジオの方が毒があって面白いぜ今は。

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

「PRIDEの怪人」変死

Posted at : 2008年 / 01月 / 28日
作家の百瀬博教氏が昨日、自宅の浴槽で変死していたそうな。

物書きというより、全盛期のPRIDEでいつもリングサイドに
座っていて、いかつい外人選手たちまでがなぜか試合後最敬礼で
挨拶に行っていた、アポロキャップのアヤシゲなおっさんといえば
ピンと来る人も多いだろうか。まあご本人も認めているけれど、
バリバリ前科モノの極道であった。

PRIDE関係の変死といえば、五年前のDSE森下社長(当時)の
「自殺」を思い出す。たくさん怪しい状況があったにもかかわらず、
誰もが顔を伏せるようにして「自殺」と結論付けられてしまった
怖い事件だった。葬式の席で後任の榊原社長が「女関係で悩んで
いたから」などとマスコミに言い聞かせるように喋っていたのを
今でも思い出す。誰もが、普通自分の会社の社長の葬儀の席で、
私生活の女がどうこうなんて醜聞を、後任がくっちゃべるか?
と不審に思ったが、結局うやむやになってしまった。

きっとこの事件も、そんなふうにうやむやになって消えていくの
だろうなあ。こええなあ。

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

小島可奈子「女性の裸がすごく好き!」 

Posted at : 2008年 / 01月 / 27日


女優の小島可奈子(32)が24日、東京・神田佐久間町の
書泉ブックタワーで写真集「隠花な被写体」の発売イベントを行った。
(中略)
 女性の裸がすごく好きという思わぬ性癖も告白。
「銭湯とか行くと、必ず見ちゃう。女の人の体って、母性があって
柔らかくって」と力説していた。
                       (スポーツ報知)    

なぜこんなところで百合発言なんだ・・・




今日の蛇足。『もっけ』、ゲストキャラの木霊の声が [小島可奈子「女性の裸がすごく好き!」 ]の続きを読む

Category : 百合 | トラックバック(-) |  コメント:0

『はやて×ブレード(8)』

Posted at : 2008年 / 01月 / 27日


今までちょこっと仄めかされるだけだった、はやての双子の姉妹
ナギがいよいよ初登場。てか完璧存在を忘れてたぜ! ただでさえ
先の見えないはやてと綾那にどう絡むのか楽しみですな。

個人的には、いつのまにかすっかりお笑いカルテットぶりが定着した
桃犬猿雉と、イブなのに家でヒマにしてて、わざわざ学校にお芋
貰いに来るひつぎ会長に萌え( ̄▽ ̄)

巻末のオマケまんがでもネタにされてたけど、ドラマCD vol.2は
キャラが増えすぎでえらいことになってますな。実際の収録は
別録りだったんだろうけど、ホントにこんだけの人数スタジオに
詰め込んだらまさに「ムレムレの女臭たっぷり」っす。てか
そろそろアニメ化してくださいよう。マジで。中ボス的キャラとの
戦いがないから脚本まとめにくいとは思うけど。じゅんじゅん&
しぐま組とのバトルまでで1クールでどうよ。


はやてつながりで今日の『ハヤテ』、脚本が浦沢師匠、演出が
ナベシンか。だんだんスタッフが凄いことになってきたなw
一方『プリキュア5』は期待通り?のガッカリな最終回。ううむ。

Category : 百合 | トラックバック(-) |  コメント:0

お、『Candy☆Boy』が…

Posted at : 2008年 / 01月 / 26日


去年の12月に発売されたMEILINのMAXIシングル『Candy☆Boy』が
再販されたみたいですな。なぜかこのCDにはオリジナル短編アニメ
DVDがオマケでついてるのだけど、これが曲の内容とまったく関係
ない百合アニメ。しかもニコ動で公式配信されたダイジェスト版が
クォリティ鬼高というので評判を呼んでたちまち完売。ほんの
ちょっと前まで中古価格が8000円くらいに暴騰してました。

ニコ動では一部で有名な腐女子・百合ラジオ三姉妹が動画を
見つつ萌え転がる音声を付けたバカ動画も二次的話題になって
ましたなw

やべー、これは今さらながら買うしかないかな百合スキーとしては
( ̄▽ ̄)中の人が生天目仁美&柚木涼香というガチ百合臭漂う
キャラなのもポイント高いっす。



Category : 百合 | トラックバック(-) |  コメント:0

しょこたんktkr@『墓場鬼太郎』

Posted at : 2008年 / 01月 / 25日


都会が舞台になると、昭和の時代考証がしっかりした画作りが
とても目に心地いい深夜の『鬼太郎』。今週放送の「吸血木」
では思いがけず萌えキャラも登場。しかも中の人が中川翔子。
しかも意外とうまかったのでEDクレジット見てちょっとビックリ
したですよ。まあでもEDの曲はアレだ。ウン。

ゲストキャラのムード歌謡歌手トランプ重井を演じたのは
OP担当のメンバー・ピエール瀧。こちらは若干難もあったけど、
まずまずでしたか。ていうか昭和中期全開のステージシーンで、
フランク永井ばりのオリジナルのムード歌謡をちょっと歌う
シーンがシビレたw

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

鍋焦げたorz

Posted at : 2008年 / 01月 / 24日
鶏手羽の甘辛煮作ってたらうっかりして焦がしてしまった。
鍋を火にかけたまま金朋先生の地獄電波ソングをノリノリで
聴いてたのは秘密だ。ごんぬずわー!(↓ヘッドホン推奨)



Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

雪キター

Posted at : 2008年 / 01月 / 23日
寒いと思ったら朝から雪。
軽く積もったので雪景色でも撮りにいこうと思ってたら、
あれこれやってる間に雨になって、あっという間に溶けちゃった。
無念。

夜、ひさしぶりにC社に打ち合わせに行く。さぶい。
帰路、これまたひさしぶりにポリに職質された orz

※画像と記事は関係ないでござる


(EOS10D + EF17-35mmF2.8L)

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0
 | Next Page»