おもろいじゃー『鞍馬天狗』

Posted at : 2008年 / 01月 / 17日


基本的にリアリズムと人情がテーマになることが多かったNHK木曜
時代劇。今日から放送開始になったのは、我が国最初の仮面の
ヒーロー『鞍馬天狗』

さてさてどう料理されるかと思ったら、いやもう最高だったね。
戦う前にホントに天狗に変身しちゃうし(イメージだけど)、
テーマ曲はダニー・エルフマンの『バットマン』ソックリだし、
チャンバラの時、太刀の軌跡が尾を引くような特撮は、やはり
仮面の超人を描いた『?フォー・ベンデッタ』からのイタダキだろう
けど、もういいよこの際。時代劇でここまで遊んでくれたのが嬉しい。

つーかね、今、時代劇に必要なのはこういうハジケたケレン味だと
思うんだ。まして『鞍馬天狗』の変身ヒーローとしての日本文化に
おける重要性を鑑みれば(世に出たのはギル・ケインのコミック
『バットマン』より古いのだ)、この演出は大正解。

もうこうなっちゃったらさ、主役の芝居が狂言丸出しで浮きまくっ
てても関係ないね。脚本は古田求だし、これは視聴続行決定。

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0
 |