しょこたんktkr@『墓場鬼太郎』

Posted at : 2008年 / 01月 / 25日


都会が舞台になると、昭和の時代考証がしっかりした画作りが
とても目に心地いい深夜の『鬼太郎』。今週放送の「吸血木」
では思いがけず萌えキャラも登場。しかも中の人が中川翔子。
しかも意外とうまかったのでEDクレジット見てちょっとビックリ
したですよ。まあでもEDの曲はアレだ。ウン。

ゲストキャラのムード歌謡歌手トランプ重井を演じたのは
OP担当のメンバー・ピエール瀧。こちらは若干難もあったけど、
まずまずでしたか。ていうか昭和中期全開のステージシーンで、
フランク永井ばりのオリジナルのムード歌謡をちょっと歌う
シーンがシビレたw

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0
 |