サイゾーにアノ人のネタが

Posted at : 2008年 / 03月 / 05日
『テニスの王子様』人気の裏に大物声優の存在が!?



「週刊少年ジャンプ」(集英社)の人気連載マンガをミュージカル
化し、イケメン俳優の登竜門ともいわれる「ミュージカル テニスの
王子様」、通称「テニミュ」。2003年にスタートし、いまやチケット
をとるのも困難なほど女性に支持されているこのテニミュだが、
その人気の裏に、ある大物声優の存在があることをご存じだろうか?

 それは、脚本・作詞を手がける三ツ矢雄二氏。アニメ『タッチ』の
上杉達也の声優などとして名高い人でもあるが、彼の書くキャッチーな
歌詞が、絶大な支持を得ているのだ。

(中略)

三ツ矢氏といえば、自らゲイであることを公言してきた過去があり、
声優仲間の間でもときどきネタにされてきた。「そんな彼の“特性”
が舞台で生きているのでは?」との指摘も多い。
(サイゾー)
-------------------------------------------------------------

アッー! ちょwwwwwそんなハッキリwwwwwwww
いやー太古の昔やってた某『アニメトピア』では神だったよな
この人。当時からオネエ言葉全開で、アニメと全然関係ない
下ネタばっかり喋るんだけど、それが抜群に面白かったんだ。

でもアニヲタから「アニメの話しろや」って叩かれて、だんだん
出なくなっちゃったんだよなー。思えばアニヲタって、世代が
変われど全く変わらない不毛な論争をしている気がするwww

でもほんと、アニメの話題ぶっちぎってた時の『トピア』は
凄かった。30分まるまる、田中真弓がトチ狂って文化放送を
武装占拠、なんてネタ放送をやってたからなあ。ヲタが心配して、
四谷の文化放送前まで見に行ったりしたんだ。ネタだし録音
放送だから、行っても何か見られるわけじゃないんだけどw
ヲタも純朴な時代でしたな。

今ふと思ったんだけど、浅野真澄ってラジオのキャラ的に
三ツ矢さんの正当後継者だなあ。当時の三ツ矢さんは許され
なかったけど、浅野の番組は同じQRで長寿番組になりつつある
わけで、そういう意味では時代は変わってるのか。そうか。
[サイゾーにアノ人のネタが]の続きを読む

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0
 |