英国防省、UFO目撃情報公開

Posted at : 2008年 / 05月 / 14日


【ロンドン=木村正人】英国防省は14日、数百にのぼる未確認
飛行物体(UFO)の目撃証言を公開した。同省は1979年に
「地球外生命体がやってくる可能性はない」と結論づけたほか、
2000年に「地球外生命の存在を裏付ける証拠はなかった」と
する報告書を極秘に作成。UFO目撃は自然現象による錯覚だと
説明している。

 しかし、公開された情報のなかには、80年12月、英イング
ランド東部のレンドルシャムという森で、光る三角形の物体が
米兵によって目撃されたケースや、84年4月にロンドン北部で
青、白、ピンク、緑の光る物体が目撃された例などが含まれている。

 目撃数は77年の米映画「未知との遭遇」(スティーブン・
スピルバーグ監督)のあと倍増していた。

 英国防省は、UFO研究家の求めに応じて、目撃例などを公開
したとしている。
                     (産経ニュース)
※原文ニュースはコチラ(BBC)
--------------------------------------------------------------

なんかBBCの方見ても、あんまり新しい目撃例はないのね。
どれも80年代くらいまでで。やはりUFOネタは90年代、
「ロズウェル」がコケたところで終わってんのかな。

懐疑主義的UFOバカとしては、話題がなくなっちまうこと自体は
とても寂しいのだけど。この間サイゾーでミステル矢追の
元気なインタビュー
が載ってたけど、またこういうアツい
仕掛け人が出てこないかなあ。

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0
 |