サイゾー、毎日新聞に反論

Posted at : 2008年 / 06月 / 25日
前のエントリで話題にした「児童性愛者向けのマンガを云々」
という毎日新聞の変態記事に、引用元と名指しされた日刊サイゾー
が公式反論
です。

当該記事は

 「サイゾーによれば、パールハーバーと南京大虐殺の後継である
政府省庁が、テディベアを持ってメイド服を着たかわいらしい漫画の
少女キャラクターに日本の防衛策を説明させるようになった。
最近では、キワどい幼児性愛漫画のキャラクターを使って政策を
アピールする政府機関が増えているが、そのなかでも防衛省の少女
キャラクターはオタクを引きつけている、と同誌は言っている」

(Yahoo!ニュースより引用、改行管理人)

というものですが、サイゾーは元記事を全文掲載し、
「パールハーバーと南京大虐殺」のくだりは当社の記事ではない
と反論しております。毎日デイリーニュースおよび筆者ライアン・
コネル氏の嫌日的姿勢がよく現れた捏造事例であります。



ついでですので、毎日新聞コラムより、社会部岩佐淳士氏による
寄稿「ネットでの「祭り」を取材して」より引用します。

『ネット社会を取材して「匿名の悪意」を黙って見過ごすわけには
いかないと感じている。』

まったく仰るとおり。毎日新聞はマンガ家さんを侮蔑した記者の
名前をきちんと伝えるべきでした。企業の壁の後から、立場の
弱い個人を恫喝してはいけません。

『そんな粗野な世界を私たちは望んでいるのか。私たちはネットを
使う時、手にした力の大きさや伝えることの怖さをどれほど
自覚しているのだろうか。』


天に唾するという言葉がこれほど適切な事例は最近見ませんね。
その言葉、そっくりお返ししましょう。対外プロパガンダなら
批判されたからってオタオタせずに、貫徹しなさいと。それが
あなたがた毎日新聞の思想なのだから。しょせんネットの
カキコミなど(このブログを含め)便所の落書きに過ぎません。
しかしあなた方はウソや侮辱を「事実である」と発信して
お金が稼げているんです。これこそ情報エリートというものです。

メタタグに「hentai」「geisha」なんてアダルトサイト用ワード
が潜んでるサイトなんて、まさに毎日新聞にこそふさわしい
じゃありませんか。もっと胸をお張りなさい( ´∀`)

【追記】
毎日新聞社サイトのエロメタタグに関する報道。
◇毎日新聞社の日本の悪評バラ撒き行為。コーナーだけではなく社全体で行っていた可能性◇
(livedoor news)

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

毎日新聞社、変態ニュース関連でマンガ家に圧力

Posted at : 2008年 / 06月 / 25日


この数日、騒ぎになっている「毎日新聞英語サイトがひどすぎる件」。

祭になって慌てて削除してほっかむり、とゆー毎日の対応含めて
ひでえなあと思いつつ個人的には静観しておったですが、
こちらのブログを拝見して、ちょっとこれは聞き捨てならんと思ったっす。

「南京大虐殺を起こした日本政府が、児童性愛者向けのマンガを
作ってオタクを自衛隊にひきつけようとしている」
というムチャ
クチャな記事で槍玉に挙げられたマンガの作者さんが、自分で毎日
新聞社に問い合わせしたところ、

「迷惑かかったんなら対応させてもらうが、この事はブログに
書くな」
と言われたそうです。

これ、どうなんでしょ。
仮にも「言論の自由」の権利に拠って立つ社会の木鐸たる新聞社が
一個人の言論の自由に圧力をかけるって。新聞社の役割ってのは
こうした市井の個人の言論を守ることが第一義であって、まさに
本末転倒と言わざるを得ません。

毎日はこれまでもしばしば、ネットの自由な言論を封殺せよという
ファシスト的主張を繰り返しており、言論の自由は自分たちに
だけ存在し、市民個々にはそのようなモノは不要と考えている
節がありますな。このマンガ家さんに対する態度はまさにその
弾圧思想が社内の隅々まで浸透している証左と受け取られても
仕方ないでしょう。恐ろしい新聞社もあったものです。

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0
 |