EOS 50D発表

Posted at : 2008年 / 08月 / 26日
例年秋の風物詩、キヤノン中級デジタル一眼レフ発表の季節で
ござんす(去年の40Dは30Dがあまりに不評だったせいかちょい
前倒しだったっすな)。

EOD 50D。
デザインは40Dからほとんど変わらずも、エンジンは新世代DIGIC4を
搭載、記録画素数は1000万から1500万画素、最高シャッター速度は
ついに銀塩フラッグシップ並みの1/8000秒に到達。最高感度は
一気にISO12800を達成と、中身は久しぶりの大幅なブローアップ。
さらに液晶モニタのドット数は一気に4倍の約92万画素と超高精細化。

ただしなぜか連写速度だけは6.3コマ/秒と心もち低下している。
やはり1500万画素の処理にはいささかリソースを食うのか。
うーむ、秋には多少実入りがありそうだし、精進検討するかぁ。

しかしなんですな、5Dの後継機も同時に発表されると思ってたけど、
こちらはまだまだ焦らしますな。この秋発表なのは間違いないよう
なので、楽しみに待ちますか。いや買えないけどさ( ̄▽ ̄)


それとは全然関係なく、FX35のために新しいメモリを買いますた。
SDHC 8GBがドスパラで2490円(A-DATA謹製)。


もちろん動作相性には問題ナシ。フラッシュメモリ、特にSDの
安さっつったらないですな。一方で一眼レフ専用メディアになって
フラッシュメモリの主役の座を追われたCFカードは下げ止まりで、
SDに較べるとけっこうな割高感。50Dはダブルスロットになるかと
思ってたけど、CFオンリーなのね。

閑話休題。しかしコンデジに8GBって、明らかに過剰容量だよな。
RAWで撮れるわけでなし。ただ動画をたくさん撮る人にはいいかも。
LUMIXはハイビジョンサイズの動画も撮れるし、最高画質で撮っても
8GBなら30分以上録画可(ただし連続撮影は2GBまで)。

なおパナソニックはハイビジョンサイズ最高画質録画には10MB/sec
以上のメディアを推奨しているので古いクラス6だとちと不足の
可能性も。

まあざっとテスト撮影をしてみたけど、よほど長い動画でない限り
大丈夫じゃねって感じではある…安物だから最低保証以上の速度は
なさそうなヨカンもするけど( ̄▽ ̄)

それにしても今日でもう何日雨だ…今週いっぱい降り続け予報。
例年なら残暑絶賛炎上中の8月終盤に気温が10月並みって…
さすがに記憶にないぞ、こんな冷夏は。

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0
 |