イヤフォンごにょごにょ

Posted at : 2008年 / 11月 / 30日

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

EMPP2Cに「あれっ」て思う

Posted at : 2008年 / 11月 / 29日


昨日届いたマイクロソリューションの激安イヤフォンEMPP2C、
昨夜から20時間ばかり、断続的に通常音源とピンクノイズで
エイジングをしたら、今日の夜くらいから「あれっ」と思う音の
変化があったので、ちょっとインプレ。

ぶっちゃけ、開封直後から今日のお昼くらいまでの音はひどかった。
低音が固まってぼわんぼわん鳴るばかりで、高音のギターやハイ
ハットの音なんか全然聞こえないし、ヴォーカルは幕の向こうで
歌ってるみたいだった。

うーむ、あと何日かはこんな音でガマンせにゃならんのか。
ネット見ると「このイヤフォンは100時間のエイジングが…」
「いや200時間…」なんて書いてる人もいて、それはもうエイジング
ではなく「愛用」と言わんか? とソボクな疑問を抱かないでもない
わしだったのだけど、夜、鮫隊長のために確保したFigma朝倉さんを
受け渡しのため、街にお出かけの時に、耳に着けてみた。

おや?
家から数歩歩いたところで明らかに音が変わってるのに気づく。
中高音が出てきたような。昼頃の試聴ではほとんど聴き取れ
なかったバックのアコギやシンバルの音が分離してきたのだ。
低音は相変わらず強いけど、他の音を潰すほどではなくなっている。
ヴォーカルもやや鮮明になってきた。

「このイヤフォンは250時間くらいかけて音が変わり続けるので
面白い」みたいなこと書いてる方もいらっしゃったけど、ホントに
そうなら今後が楽しみだ。

その他のインプレ。

・装着感:わしの耳サイズに合ってるのか、非常によい。
     Mサイズがベストで、「きゅぽっ」という感じで
     耳道にぴったり収まる感じがキモチイイ。
・タッチノイズ:非常に少ない。これは特筆したい。ケーブルが
     Y字型なのもタッチノイズ軽減に貢献してるだろう。
     個人的にもY字型の方が取り回しやすくて好き。
・風切り音:これもほとんどない。タッチノイズとこれがない、
      というだけでお散歩イヤフォンの座をSHE9700から
      奪取しそうだ。
・デザイン:70年代の家庭用医療機器みたいなデザインと色合い。
      しゃれているとは言い難いが、どうせ使ってる間は
      自分には見えないので関係ない。装着感の良さを
      鑑みれば、実用本位でよく練られたデザインなのが
      理解できる。ケーブルは細くてチープだけど、妙な
      絡まりやタッチノイズはないので、断線さえなければ
      これも目をつぶる。

明日からのお散歩が、ちょっと面白くなってきたな( ̄▽ ̄)


以下、音質に関して自分用備忘録。

[EMPP2Cに「あれっ」て思う]の続きを読む

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

「太眉はステータスだ。希少価値だ」

Posted at : 2008年 / 11月 / 28日


出ました。一部太眉美少女マニアから熱い支持を受ける『ハルヒ』の
隠れ人気キャラ朝倉涼子さんのFigma! 一部店舗では瞬殺のところも
あったようですが、あるところには余裕で残ってるようです。
この辺の微妙な人気っぷりがまた朝倉さんらしい( ̄▽ ̄)

おまけパーツは谷口の顔。てかそんなモン付けなくていいから、
上履き付けてくれよおおおお!
なんで革靴だけなんだよおおおお!




肩の上の髪の毛は軟質パーツ。関羽と同じで、強く曲げると塗装が
ハゲてしまう危険性が高い。首を曲げる時は要注意です。



朝倉さんに限らず、ちゃんと微妙に身長変えてあるのがFigmaは
地味にゴイスー。
ま結論としては、朝倉さん大好きだ!

Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0

EMPP2C

Posted at : 2008年 / 11月 / 27日


アマゾンを流し見してたら、えらい安売りしてたんで思わずポチった。
発売当初は6千円くらいしたらしいのが、3千円台になって、現在
さらに半額以下の1600円ほど。世に言う「投げ売り」でございます。
で、安いなら買おう、と後先考えずにポチッてしまうわしのこの性格。
世に言う「貧乏性」でございます。

メーカーのマイクロソリューションてのは、MACの周辺機器とか
作ってるとこ。オーディオ専業メーカーではないんですが、HPに
曰く、


「プロの現場にも期待を裏切らない機種」
「最高級、最新素材を使用し、海外高級製品に負けない日本の高い
技術を惜しみなく投入」
「サウンドの精密度はプロフェッショナルなインイヤモニターに匹敵」
「一品一品手作業で組み込みやチューニング」

と、えらい鼻息でございます。
なんつったって商品名が「イヤーズモニター・プロ」ですから。
名付けるに事欠いてイヤモニですよ、あなた。しかもプロですよ。
鬼より怖いウルサ方のヲタがひしめくジャンルの商品だけに、よほど
自信があるのか、それとも無名メーカーゆえの蛮勇か。

「皮脂・汗・整髪剤など付着させると痛むから手入れしる」
「エイジングもしっかりやれ」

と客への注文もなかなかウルサイ。ただしこのメーカー、直販だと
無料でエイジング済みのブツを発送してくれるサービスも行っていて、
その辺見ると、やっぱりそれなりの自信はあるんでしょうな。

※エイジングが「常識」か「オカルト」か、という問題はいまだ結論は
出ていないようですが、大手メーカーの開発者がインタビューで
エイジングを考慮した設計について言及したりもしているので、
現実問題としてなにがしかの経年変化は存在すると、作り手側も
考えていると思って間違いはないようです。※



パッケージ。きわめて簡素。ある意味エコ。
要らんところにコストを乗せない姿勢は個人的に好感持ちます。
この商品がホントに良いモノかどうかはひとまず保留するとして、
要望があればエイジングしてから客に渡すとか、交換用イヤー
ピース3サイズをなぜか2セットも同梱するとか、少なくとも
「ちゃんと作ってます」という姿勢を見せてる点は偉いなと。
まあ、アマゾンのレビューで工作員大量投入の疑惑もあるんです
けどね、ココ( ̄▽ ̄)

開封したての音は、巷間言われる通り、低音出過ぎでボワついてます。
全体にこもった感じですね。5、60時間エイジングすると、音が
こなれてとても良くなるというレビューもあるので、一ヶ月くらい
使ってみて、良かったらまたなんか書きます( ̄▽ ̄)


Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

『ジャスティス』

Posted at : 2008年 / 11月 / 26日


スターチャンネルクラシックでアル・パチーノ主演、1979年の映画。

わし、この映画はポスターしか見たことなくって、てっきり社会派
法廷映画かと思ってたんだけど、ずいぶんイメージ違ったな。
どっちかというと、「弁護士よもやま物語」的なコメディノリの作品。

確かに終盤は重いシーンが畳みかけられてくるんだけど、そこに
至るまでは、アメリカの弁護士生活の悲喜劇を素描風に描いた
いたって軽いタッチなのだ。テーマ曲なんて、当時の刑事ドラマの
OPみたいな軽快なソウル風だし。

腐敗した人間の屑のような判事と、パチーノ演じる庶民派熱血弁護士。
二人はとある事件から個人的に激しく憎み合っているが、あるとき
その判事が強姦で告訴される。判事は、なんとパチーノに弁護を
依頼してくる。彼の清潔なイメージが有利に働くと計算したのだ。
さまざまな社会的圧力から弁護をしぶしぶ引き受けるパチーノだが…

本筋はこれだけ。本筋が語られるのは2時間の映画の冒頭と終盤
だけで、あとは弁護士の毎日のドタバタ(相棒の弁護士が突然
イカレてしまったり、仲良しの判事のヘリで遊覧飛行して墜落
しそうになったり)が淡々と綴られるだけだ。

クライマックスもハチャメチャ(当時の流行語)だし、幕切れも
ずっしり胸に迫る…というよりは皮肉な笑いで軽妙に落としている。
わしは社会派ドラマというよりはブラックコメディとして見たな。

Category : 映画 | トラックバック(-) |  コメント:0

RAW#800

Posted at : 2008年 / 11月 / 25日


RAW#800、本国では3時間特番だったみたいだけど、日本放送版は
2時間のダイジェスト。放送予定を見た時点で期待度へなへな
だったわけだけど、やっぱあんまし面白くなかったね。

スキットにシェインとステフが出てきた時はワクテカしたのになー、
結局ステフはほとんど出番なし。イベントとしては、番組史上最低の
GMだったマイク・アダムリが早々に辞任。オートン復帰戦もデビアシ
意味不明の乱入で不透明決着。DX復活してHHHのデカ鼻とHBKの薄毛を
ネタにした自虐ミニコントは面白かった。メインはジェリコVSバティ
のリターンマッチ@金網。なんとジェリコ勝利ベルト奪還。バティ
またしても超短期政権(わずか2週間!)に終わる。といったとこ。

アダムリは、いつの間にかレポーターとしてレギュラーになっていた
イケメン親父。しかしアナウンス技術はイマイチで、FOするかと
思われていたらなぜかRAWのGMという大役に抜擢。しかし生放送中に
台詞を忘れたりトチったり全くセンスがなく、逆にWWEレスラー
たちの演技力の凄さを浮き彫りにするだけのオッサンだったな。

そろそろまたビンス復活してリングの上で暴れまくる姿が見たいのう。
ステフもお母さん業が忙しいんだろうけど、かつてのビッチぶりを
また見せてくれればリングも盛り上がるのになあ。

Category : プロレス | トラックバック(-) |  コメント:0

イヤーピース換えてみた

Posted at : 2008年 / 11月 / 25日


SHE9700のタッチノイズがあんまりなので困っていたところ、
イヤーピースをいいのに換えてみると吉かも、とネットで見て、
まずはソニーのEP-EX1買ってきた。グレーを選んだのは、まあ
気分気分( ̄▽ ̄)

まずはわし的標準サイズであるMを装着。
お、確かにタッチノイズは減るな。もちろん皆無というには程遠い
けど、純正の、ケーブルが首に触れるたびに「ごそっごそっ」と
耳に響いてもう音楽どころじゃねよーよという、やかましい雑音は
かなり軽減される。これは遮音性がかなり犠牲になっているためと
想像。確かに環境音はかなり入ってくる。まあタッチノイズと
どっちを取るかって究極の選択ですな。

音はなんちゅうか、これがソニー的ドンシャリテイストっつの?
特に高音が強調されて、「シャリつく」というより「チャカつく」
イメージ。ヴォーカルと、リズム隊のシンバルやタンバリンや
チャイムやピコピコが同列に来ちゃってるみたいというか。
純正のシャッキリしたクリア感、ほどよい低音の響き、ギター
の軽やかな鳴り具合が弱まってしまう印象。特にギター。ハード
ロックのギンギンなリードじゃなくて、ポップス系で心地よく
弾かれているサイドの音色を、SHE9700の純正セットがいかに
よく拾って聴かせてくれてたかよくわかる。

ちなみに違うサイズも装着してみた。
Lはよく耳道に密着するけど、耳の奥まで入らないせいか低音壊滅。
音がチンシャカしてお話にならない。これは純正Lサイズと同傾向。
Sは割とバランスよく鳴り、タッチノイズも劇的に減る。一瞬
「おっ」と思ったけど、耳道にほとんど密着せず装着感スカスカ。
歩いてるだけで落っこちそうなので×。

うーん、全体的な満足感は55点。
次はオーテク試してみよ。

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

秋刀魚の味

Posted at : 2008年 / 11月 / 24日


近所のスーパーで秋刀魚の開きを安売りしてた。

生秋刀魚は水分が多いのでフライパンで焼くのだけど、
開きは塩ふってあってワタも抜いてあるので、網で炙る。

皮がパリッパリ、ハラには脂がじゅわーっとにじんできたところに
エイヤッとおしょうゆかけて、炊きたてゴハンと白菜漬けで食う。
最高の昼メシ。秋刀魚の皮って美味しいよなあ。

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

安インク

Posted at : 2008年 / 11月 / 23日


プリンタのインクが切れた。
つーことで量販店に買い物に。この数日、雲一つない素晴らしい好天
なのに、そのくらいしかすることがないってのもなんだなわしゃ。

もちろん、年賀状刷りとDVD-Rのラベル印刷くらいにしか使わない
わしは、純正品なんか買っとれんので消臭力でお馴染み、エステー
が出してる格安互換インクを。

パッケージにちゃんと「純正インク相当の画質保存性能はありません」
とキッパリ明記してあって、その潔さやよし!( ̄▽ ̄)
まあ純正品の「百年画質」も、純正フォトペーパー使って
アルバムにきちんと保存して、という前提のもんだしね。
デジカメ買って以来、アルバムに保存してあるハードコピーなんて
一枚もないから、もうなんでもいいや。

試し刷りしてみたけど、結果は良好。
画質もインク残量管理機能も問題なっしんぐ。

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

イワイゴト

Posted at : 2008年 / 11月 / 22日
今日は学生時代の悪友たちが集まって出版記念飲み会。
友だちってのはありがたいもんですな。


(LUMIX DMC-FX35)

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0
 | Next Page»