カンのいいひと

Posted at : 2008年 / 11月 / 02日


わしはUFOやらUMAやらオカルティズムやらのトンデモなヨタ話は
大好きで、その種の本も積極的に読む方なのだが、基本的に本気で
信じてはいない。霊感やオカルトで人を騙して金儲けしている奴は
大嫌いだし、騙される方も馬鹿だなあと思う。占いに行動を左右される
人は哀れだと思うし、「あたし霊見える」とかマジメに言う女はウザい。
そんな人間だ。

それはそれとしてだ。
わしの昔の同僚で、ちょいとひどめに欝を患ってた人がいる。
仮名Aさんとしとこう。

今日、ある友人Bに、某有名雑誌休刊の話題のメールをしたのだけど、
そしたら直後に、なぜかそのAさんからのメールが来た。内容は
件の雑誌休刊についてで、しかもまるでBに出したメールの返信の
ような内容だったから、ギョッとしてしまった。

てっきりBに出すつもりだったメールを間違えてAさんに送信して
しまったのかと確認したら、そうではないと言う。単なる偶然だった
のだが、あまりにもドンピシャなタイミングなので、なんだか
奇妙な感じだった。

このAさんは以前も、わしがぼけっと「そういえばあの人どうしてる
かなあ」と考えていたら、まさにその瞬間に「いや別に用はないんだ
けど…」と、何の前触れもなく3年ぶりくらいに電話をかけてきた
ことがあって、みょーなカンが冴えてる時があるのだ。

だからなんだって言われると、別になんのオチもない、単にちょっと
気になるお話でした。サーセン。

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0
 |