毎日新聞またやっちゃいました

Posted at : 2008年 / 11月 / 19日


昨日からメディアを騒がせている天下り役人殺しですが、この件に
絡んで、かねてから反インターネット運動に躍起になっている
毎日新聞がまたやっちまったようです。

なんでも毎日の記者がズボラして被害者の情報を集めようと、フリー
百科事典Wikipediaを見たところ、死んだ元次官の名前に×印が。
タイムスタンプを見ると、なんと犯行より前の時間ではないか!
犯行予告のスクープキタ━(゚∀゚)━!!!!
ネットの闇、またもハッケーン!!

とワクテカで紙面web版に記事を掲載したところ、瞬時に2ちゃんに
晒され祭に。なんでも毎日さん、よほど大発見をしたと思ったのか
あきれたことに警察にも情報提供した模様。

どーもこの記者も編集部も、Wikipediaで使われているタイム
スタンプが協定世界時であり、日本標準時の9時間遅れである
ことを知らなかったようでして。

毎日新聞は速攻web版の記事を削除して、なかったことにしようと
ほっかむりしますが、活字版の回収は間に合わず、当該記事を
載せたまま、朝刊が配られる事態に。

さらに最近多い、新聞をただ読み上げるだけのバカワイドショーで
記事は訂正されることなく事実として垂れ流され、騒ぎに気づいた
Wikipedia記事の記入者氏は、なんの落ち度もないのに謝罪させ
られたばかりか、なんと警察に出頭させられた模様(ソースは
Wikipedia編集ノート)。

この件に関して毎日新聞は、お馴染みの小さな小さな形だけの
謝罪記事を掲載したが、誰に対しての謝罪なのか、相変わらず
よくわからない曖昧な書きようであります。

それはそうと、第一報ではこの件を「警察は捜査している」と
断言しちゃってますが、こんなボンクラ通報、警察もマジで
調べたんでしょうか。もし調べてたんなら立派な捜査攪乱だし
調べてないんなら毎日の虚報ということですが。どうなの?
[毎日新聞またやっちゃいました]の続きを読む

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0
 |