ICR-RS110MF到着〜

Posted at : 2008年 / 12月 / 18日


越年もカクゴしてたけど、本日朝イチで到着しました
三洋DIPLY ICR-RS110MF(かなり個性的な商品なんだから、
もうちょっとキャッチーで覚えやすいニックネーム付けておあげよ)。
ジョーシンで22900円でした。

公式サイトの商品写真は、かなり大きなモノに見えちゃうんだけど、
実物は手のひらサイズ。下はiPod Classicとの比較。


えーご存知のようにAMラジオがmp3録音できるICレコーダー。
精密電子機器とAM波ってのはすごく相性が悪いそうで、本機も
単独では室内での受信はそう良くはない。ただわしの部屋は
据え置きのラジオでもループアンテナがないとどの局もノイズ
まみれなので、この機種が格別劣るわけではない。受信状態の
もともと良い文化放送、TBSなら角度や場所次第でちゃんと入る
ので、ラジオとしても優秀と言っていいと思うっす。

屋外ではAM、FMともに良好。
FMは付属イヤフォンがアンテナになるというよくある仕様だけど、
APPLE IN-EAR HEADPHONE w/R&Mで代用してもちゃんと受信した。
ああ、こんな便利な機械が「やるまん」放送してる頃にあったら
なあ。貴重な放送事件も記録できていたのに…。

んで、本機のキモ、クレイドル。


やっぱり商品写真では馬鹿に大きく見えるけど、実際は中型の
トランジスタラジオくらいのサイズ。比較対象のマイクロドライブ
と較べてもわかるけど、片手で掴めるくらい。ただし安定性を
考慮してか、土台にはけっこうなウエイトが入っていて、重みは
ずっしりとある。スピーカーの音質は昔のラジカセ並み。多分
高級ノートPCの内蔵スピーカーの方がいくぶんマシくらい。まあ
AM専用にどうぞって感じっす。

ただアンテナ線はこのクレイドルにしか付けられないので、ラジオ
録音に音質を求めるなら使用は必須。時計の自動合わせもやはり
このクレイドルにドッキングされている状態が必須であります。
森三中黒沢さんばりのヘヴィなラジオフリークなら、クレイドルに
据え置くのが基本形でしょうな。ただ前述のように場所は取らない
ので、常にクレイドルごと持ち運びたいとか思わなければ、問題に
なる人はまずいないでしょ。

AM用ループアンテナはケーブル長が2メートルくらいあって、
本体の置き場所にも自由度が広がる。アンテナを窓際に置けば
非常に良好な受信状態。ただし、(これはこの機種に限らず、
どのラジオでもそうだけど)PCの近くは御法度よん。

タイマー録音プログラムは5件まで。わしには充分だけど、ヘヴィ
リスナーには物足りないかな? 録音ビットレートは128kにアップ
したのは嬉しいんだけど、64kも選べる仕様だったらもっと嬉し
かったな。ラジオは128k固定ってのはなんで? ボイス録音は
四段階選べるのに…。

オマケとして、最近流行のリニアPCMレコーダー機能もある。
専用機みたいに24bitではなく16bitなので、CDと同等ですな。
わしみたいに、デジタルガジェットとしてPCMレコにすげー興味
あったけど、わざわざ3万4万出して専用機買うほど深い趣味は
ないって向きには、入門用としてほどよい性能だと思うっす。

オマケとはいえ、風切り音やエアコンのノイズを低減するロー
カットフィルタや、マニュアルで録音レベルを調整する機能も
ちゃんと搭載されてて、そうバカにしたもんでもないっすよ。
ピークメーターもきっちり表示されます。


もっとも、レベル調節は十字キープッシュなので、録音中にいじる
と操作のたびにカチカチと小さくノイズが入ります。このへんは
やっぱり専用機に一歩譲るっすな。三脚穴もないし、専用の
ウインドスクリーンも用意されないようなので、やはり本機は
あくまでもICレコーダーの延長線上にあるモデルなんでしょう。

でも、楽しかったなあPCM生録初体験。
APPLEのヘッドフォンでモニターしながら街の雑踏や、デパ地下の
喧噪を録音しまくってみた。なんだろうね。写真よりさらにもっと
「俺だけが楽しい」オナニー感満載の面白さなんだけど、オナニー
大好きだからね。いいよ他人に伝わらなくたって。もう決めた。
絶対純正の3Wayマイク HM-250手に入れて、年末バイノーラル生録
挑戦しよ! ワイドステレオ録音機能もあるので、それがどの程度
効果あるのかも次回試したい。

メモリは内蔵しておらず、マイクロSD 2GBが付属。
最大で8GBまで対応。
今は8GBのマイクロSDHCが1500円くらいのなので、実質的に
容量は無限大ってこってすな。これも実にありがたい。
ただしマイクロSDは異常にちっこいので逆に管理が大変そう。
風が吹いたら飛んでっちゃう大きさだもの。屋外で交換する
時はちょっぴりドキドキするw

全体的な印象としては、多機能なのに操作が簡便。
そして設計思想がとにかくユーザー目線。
さすが庶民的家電で長い歴史のあるメーカーと思わせてくれるっす。

たとえば電池。自社製のリチウム搭載で稼いでもいいのに、あえて
エネループ単3一本という仕様。万一の時にはアルカリでもいい
ですよという親切設計。専用の充電器を別途買わせるでもなく、
クレイドルに挿しときゃ充電もしときますという行き届きぶり。

たとえばPCとのインターフェイス。自社製のややこしい専用ソフト
を強制することもなく、USBでつなげばリムーバブルディスクとして
認識しますんで、ファイルの移動はWinのエクスプローラで気軽に
D&Dしてやっちゃって下さいという気安さ。

どっかのメーカーは見習って欲しい、使う人に優しい思想が
初日にして伝わってくる。いい機械だと思うっす。
ちょうど今日、こいつで聴いてたラジオのニュースで、松下が
凄い勢いで株買いまくって三洋の子会社化を進めてるなんて
話題を喋ってた。がんがれ。超がんがれ、三洋。


Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0
 |