バットマン映画次作タイトルは『ゴッサム』

Posted at : 2008年 / 12月 / 23日


MovieWalkerのコラムによると、バットマン映画次回作のタイトルは
『Gotham』になるとのこと。クリス・ノーランが監督してくれるなら、
暗黒の犯罪都市ゴッサムの風景や歴史をじっくり描いてくれそう
な期待感溢れるタイトルだけど…

リドラー役にエディ・マーフィ(げっ)、ロビン役(げげげっ!)に
シャイア・ラブーフが決定って…

超ダメそうなんですけど、この顔ぶれ!
あとリドラー、ペンギン、キャットウーマンってヴィラン出し
過ぎだろ。なんかシューマッカー監督の末期バットマンのダメダメ
っぷりが脳裏をよぎるんですが。大丈夫?

Category : 映画 | トラックバック(-) |  コメント:0

HM-250キター

Posted at : 2008年 / 12月 / 23日
つーことで、前々から興味津々だったバイノーラル録音がたった
5千円で出来ちゃう三洋純正の3WAYマイク HM-250、ポチりました。
で、届きました♪


電話録音マイク、ステレオピンマイク、そしてバイノーラルマイク
と三通りに使える変わった商品。タイピン型のホルダーにジャキーン
と合体させるとピンマイク、分離させるとバイノーラルマイクになる。

バイノーラルマイクって、上は200万円、下でも2万円くらいする、
えらく高価な特殊マイクなんだけど、そう言う意味では三洋のコレは
破格なんであります(安いパーツと簡単なハンダ付けで作れるので
自作されてる方も多いですな)。

正直、見た目はデザイン、素材ともに安っぽい。外装にアルミを
多用した同価格帯のオーテクT99シリーズとかに較べると、夜店で
売ってるオモチャみたいなプラスチック製。ムダに多機能なのも、
なんか大事なところに手を抜かれてそうで、こりゃダメだろうなあ
と思いつつ、まずはピンマイクとして試用。

最初こそ、やっぱり音もガリガリ安っぽいなあとガッカリしたけど、
一時間ほどいじくって、レコーダーのレベルをぐっと落とし目で
使うのがコツとわかりました。思ったより感度が高いんですな。

つか非常にピーキーというか音割れしやすい。レコーダーの取説には
「警告LEDが点灯しない範囲で、できるだけレベルメーターが右に
振れるように調整して下さい」とあるけれど、このマイクを付けた
場合は、それだと音割れまくりで使い物にならない。平均値をレベル
メーターの真ん中へんに抑えると、レコーダーの内蔵マイクと
変わらない、非常にクリアな音を拾います。ぶっちゃけ、この
チープな外観からは想像つかない音でした。

つーか今、仕様見たら周波数特性30〜20000Hzって、おま…
えらいワイドレンジだ。いくら無指向性だとはいえ。ちなみに
レコーダー本体の内蔵マイクは60〜20000Hz。なにこれめっちゃ
優秀マイクじゃん。それともカタログスペックだからゲタ履かせてる?

また内蔵マイクはレコーダーの操作音をノイズとして拾ってしまう
んだけど、これ付けてるとそれもなくなり、録音しながらのレベル
調節も安心して出来ます。

ただしフカレにはアタリマエのように弱い。デザイン的に仕方ない
とはいえ、ウインドスクリーンもないため、屋外使用はちょっと
考え物。昨日みたいな強風吹き荒れる日はもう大人しく使用断念
した方が吉( ̄▽ ̄)

つーわけでキモのバイノーラル録音、やってみました。
始めは「んっ。思ったより立体感感じないぞ」と首ひねったんですが、
本体の録音設定で「ステレオワイド」をオフにすると、キリッと音が
立ち上がりました。

使用法はいたって簡単。レコーダーに接続して、マイクを耳に入れて、
録音ボタンを押すだけ。意外と耳への納まりはよくて、歩き回っても
ポロリと落ちたりしないっす。出力は耳でモニターできないので、
音量は本体のレベルメーター頼り。

師走の地下街を歩きながら録音してみましたよ。
うはwwwwww回りの足音とか話し声とか案内放送とか、異様に
リアルに再現されてる。ちょっとビビる( ̄▽ ̄)

やべえ。これ楽しいぞ。

耳入れ型マイクは自分の心音とか呼吸音も拾ってしまうのが困る
という記事をどっかで見たけど、呼吸音はともかく心音は大丈夫
だったっす。息も音を立ててハァハァしてなければ無問題。

もう年内の仕事もあと少しだし、年末年始はこれもってあちこち
歩きますか。浅草とか渋谷とか面白そう。


※バイノーラルの実例に関してはコチラなどどうぞ( ̄▽ ̄)

他にも上質な音源を公開してらっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0
 |