『ゴクジョッ。』(1)

Posted at : 2009年 / 02月 / 10日


のべつ百合マンガばかり探しているわしに、アマゾン師匠からお勧め
があったので読んでみましたよ。宮崎摩耶『ゴクジョッ。』?
(グリーンアロー出版)。

副題に『極楽院女子校寮物語』とある通り、女子校ものです。女子寮
ものです。しかあし! 極上生徒会やらコミック百合姫やら紺野キタ
やら、そんな甘々な百合世界の記憶は昨日に置いてこい!

そう、たとえて言うなら『工業哀歌バレーボーイズ』の村田ひろゆき
や『嗚呼花の応援団』のどおくまんが、大暮維人の筆致で女子寮ものを
描いたらかくもありましょうか。「エッチ」とか「ドキドキ」を遙かに
超え、「下世話」と「ナンセンス」の地平へと突き抜けた変態少女
ギャグマンガ。このマンガの性格を端的に説明しようと思ったら、
「ほとんどのオチは主人公が陰部を露出してチャンチャン♪」で
片付くことでありましょう。ことお下劣ぶりに関して言えば、
玄鉄絢の18禁マンガよりよほど強烈です。

ソフト百合しか受け付けないという向きには厳しい作風でありますが、
わしは面白かったっす。『百合姫S』あたりの中途半端な野郎百合
よりは、こういう問答無用の破壊力で押してくるマンガの方が
よほど楽しめる。

基本が「バカ」「下品」なので、ヒロイン(品性下劣なヤンキー
ギャルだが性に関しては知識・経験ともゼロ。知能指数1)が
綾波風のフシギちゃん美少女にときめくシーンとかが逆に妙に
ピュアに見えて、また良いのですね。発売一ヶ月で2刷という
のもうなずけますね。


[『ゴクジョッ。』(1)]の続きを読む

Category : 百合 | トラックバック(-) |  コメント:0

そういえばカマボコはどうなっておるのか

Posted at : 2009年 / 02月 / 10日
EOS50D、買ってからまだ1000カットも撮ってないのだけど、ふと、
「そーいえばカマボコボケ問題はどうなっておるのか」と思いたった。

APS-Cデジタル一眼の特有の小さなミラーボックスゆえに、像が
ケラれて点光源ボケがカマボコ状になってしまう問題。半可通の
イタいカメラヲタの中には、シグマ30mmF1.4固有の現象だと思ってる
人もいるようだが(そのレンズの発売とともに有名になったから)、
大口径レンズでは多かれ少なかれ発生する。

いくらスペックが上がっても、ミラーボックス自体のサイズは
変わってないわけで、1500万画素になろうがそれは変わらないだろう。

でも、もしかして改善されてたりすると嬉しいな。

そんな思いで実験。
わしの手持ちレンズの中では最も顕著にカマボコが出るEF85mmF1.2L
(旧)。絞り開放。


うおっほ。超カマボコですな、やっぱり。
F2.8まで絞るとかなり改善される。


85mmほどじゃないけど、50mmF1.4でも同様に確認できた。
最近はみんな諦めたのか、ぶうぶう言う人もいなくなったようだが、
ポートレート撮る人なんかは気になるよねえ、やっぱり。
ハード的な改良でもソフト的な修正でもいいから、なんとか
してくんないかなあキヤノンさん。ミノルタのSTF135mmF2.8[4.5]
みたいなボケ味コントロールをDPP上でできるようになってくれると
最強だと思ったりしてるんだけど。

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0
 |