『AVP2』

Posted at : 2009年 / 02月 / 28日


スターチャンネルプラスで『AVP2』。

予告を見た段階で「ダメだこりゃ」と思ったのでスルーしてたけど、
予想通りダメだった。

だいたいSF/パニック/ホラー系作品で田舎町を舞台にしたものは
ウンコと相場が決まっている。ロケするにもセット組むにもお金が
かからない。それだけだ。エイリアンやプレデターがのどかな
アメリカの片田舎に現れて何が面白いのか、という基本的な疑問は、
お金の問題の前には二の次なのだ。

加えて、画面のほとんどが必要以上に暗ければ完璧だ。
なんとなく怖い雰囲気が出る上、セットや着ぐるみのアラが隠せる
からね。まあいちばん肝心な見せ場も、何が起こってるかサッパリ
わからないという点に目をつぶればだ。

登場人物も単なるカッペで、どのキャラクターも何の人間的魅力も
ない。ただただ、わあわあと夜の田舎町を逃げ回り、謎に迫る
こともなければ事態を解決することもしない。そしてエイリアンと
プレデターは彼らと何の関わりもなく淡々と戦い続け、唐突に
軍が投下した核爆弾によって消滅する。生き残った主人公たちは
恐怖を振り返るでもなく、市民を巻き添えに町を核攻撃した軍に
怒りを抱くでもなく、よかったよかった。END。

THIS IS ウンコ。

Category : 映画 | トラックバック(-) |  コメント:0

923shのデジカメ画像

Posted at : 2009年 / 02月 / 28日
新しいケータイ、せっかく立派なデジカメ機能が付いてるので
テストしてみましたよ。

500万画素、レンズは単焦点29mm相当、お馴染みの顔認識AFの他、
フォーカスロック機能やマニュアルフォーカス機能もある。
わしゃJ-Phoneの初代写メールケータイを速攻買ったクチだけど
あの頃に較べると機能の充実ぶりは雲泥の差ですな。

基本アスペクト比は3:2だけど、1920x1080ピクセルのフルHDモード
(16:9)というものある(もちろん静止画のみ)。


上がフルHDモード静止画。無圧縮。サービスプリントくらいなら
まずまず問題ない画質だけど、やはり色の鮮やかさや細部の描写は
いささか頼りない。

圧縮率は「ハイクォリティ」「ファイン」「ノーマル」から選べる
けど、較べてみても細部の描写は大して変わらない。以下はすべて
「ハイクォリティ」で撮ったものの、基本「ノーマル」でいい
ような気がします。


本格的なデジカメでも、レンズやエンジンの性能によっては描写が
しんどくなる細かい木の枝。シャープとは言えませんが、ケータイの
撮像素子サイズでこの位撮れればまあまあでしょう。フルサイズ
無圧縮だとさすがに画像サイズが1.5MBほどになるので、
リサイズしています。




曇り空でのっぺりした被写体ですが、意外といい描写ですね。
広角レンズならではのパース感もでてます。

ただまあやはりケータイのバッテリーにはかなり負担が大きく、
30カットほど撮ったところで残量警告が。手元にデジカメが
無い時の緊急用サイドアームとしてはまずまずでしょうかね。

あ、デジカメ機能とは全然関係ないんですが、このケータイ、
発売当時ソフバンのハゲ社長が「全部乗せ」と評したくらい
機能ぶっ込みまくった機種なんだけど、いちばん気に入ってるのは
内蔵の国語・和英・英和辞典だったりします。便利( ̄▽ ̄)

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0
 |