女子K−1構想、谷川EPが発案

Posted at : 2009年 / 03月 / 11日


 K−1の谷川貞治イベントプロデューサー(EP=47)が10日、
都内で会見し、国内で女子のK−1大会の構想があると明かした。
昨夏の北京五輪で柔道やレスリングでの女子選手の活躍を見て発案した
といい、「スポーツとしての認知度アップに女子選手の参加は不可欠。
年内にもワンマッチ、将来的にはトーナメントでやりたい」と話した。
                    (ニッカンスポーツ)
----------------------------------------------------------------

女子格はこうやって企画が持ち上がっては、結局盛り上がらなくて
フェードアウトしちゃうんだよなあ。『スマックガール』とか、今
どうなってんのかなあ。

数年前にTBSがテレビ用に立ち上げた女子総格イベントは、
ヴィジュアルのいいコを集めてそれなりに見応えがあったんだけど、
やっぱり数字がよくなかったようで、2回くらいでなくなっちゃったし。
K-1で総格路線ってことは放送はTBSだろうし、あれの再来になるのか。

個人的には女子格は好きだし見たくはあるんだけど、面白くするのは
難しいんだよなあ。あんまりガチガチにすると絵面が地味になるし、
そもそも女の子って力が弱い割に耐久力はあるから、なっかなか
KOやタップアウトが出ないんだ。

『スマックガール』みたいに、徹底的に見せ物に徹するならそれは
それでなんだけど。初期の藪下vsグンダレンコみたいな超ウエイト
差マッチとか、顔殴られて泣き出しちゃう女の子とか(いたんだ、
そーゆーのも)、わしは面白いんだけど、テレビでやったら批判
すげーんだろうしなあ。


Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0
 |