いらいらする

Posted at : 2009年 / 03月 / 20日
友人から「いい百合ネタ本めっけた」というメール。

佐竹沙織という人の歌集『いけないことですか?』(文芸社)。


アマゾンのなか見検索でちょっと立ち読みしたら、おおっ、これは
いい! 百合な女子高生の、女友達に、先輩に、後輩に、女教師に
寄せる淡い恋心を詠める短歌集。今年の一月に出た本のようだ。

WBC 2ndラウンドで日本代表の順当な勝利を見届けてから、
さっそく入手しようと池袋ジュンク堂を調べるも在庫なし。店頭
取り扱い規模はおそらく日本最大級と思われるこの巨大書店にない
となると、かなり絶望的。想像通りお向かいのリブロでも在庫切れ。

まあ天気もいいし、ちょっと自転車転がして神保町までポタリング。
ここなら一軒くらい置いてるだろ、と思ったが、三省堂、書泉、
東京堂、いずれも在庫切れでありました。

日暮れと共に風が強くなって急に寒くなってくるし、花粉症は
ひどくなって鼻水とまんねえし、どんどんブルーになってきた。

帰宅して紀伊国屋本店の店頭在庫検索かけるも、やはり在庫なし。
最後の望みはアマゾンだけど、ここも在庫なしで、取り寄せの
ため数日かかる模様。あああイライラするうううう!

だいたいですね、わしは一般的社会人の方々と較べるとかなり
ストレスフリーな怠惰生活送っておりまして、めったなことで
イライラすることはないんですが、今日みたいに「読みたい本が
すぐ読めない」という状況はひっじょーにイライラします。
胃液がいっぱい出ます。イーッてなります。

本てのは、「ちょっと読みたいからとりあえず買って(注文して)
おき、ヒマな時読んでみようかな」という物と、「ああもうすぐ
読みたい今日読みたい今読みたい」という物とがありまして、この
本はカンペキに後者。でもって東京に住んでると、よほどの稀覯な
本は別として、「読みたい本が本屋で手に入らない」なんてことは
めったにねえんです。こんなこと久しぶりですよあたくしゃ。

ちなみに教えてくれた友人は、鶯谷の小さな本屋でたまたまめっけた
そうで、そんなギャンブルみたいな本屋巡りできるかあ!

ほんっとにもうイライラしておりますハイ。


Category :  | トラックバック(-) |  コメント:0
 |