春は新製品ラッシュ

Posted at : 2009年 / 03月 / 25日
なんか昨日から面白いデジカメのニュースが多いっすな。
ペンタックスk-mのオリーブバージョンとか。ちょっといいなこれw


KissDの最新モデル「X3」はいきなりフルHD動画撮影に対応と。
この機能、絶対楽しいし、民生機の映像表現の新しい可能性だと
思うんだけど、ただファイルサイズがなあ…1分で330MBかあ。
DVD一枚に20分しか入らない。えっ、時代はとっくにブルレイですか?
スンズレしました。

録画しながらの追っかけAFはできないようだし、これに限らず、
ライブビュー撮影って激烈にバッテリー食うんだよな(なので
わしはほとんど使ったことがない)。Kissが想定するエントリー
ユーザーには、ちょっと使いこなしが難しいんでねえすか。

これに合わせて出た小型スピードライト270EXはいいね!


キヤノンの小型のエントリー向けフラッシュは銀塩時代からずーっと
220EXが孤軍奮闘してて、このクラスの新製品は十何年ぶりとかじゃね?
わしは個人的に小型ストロボが大好きで、220EXも長年愛用してる。
いや、大きいのって確かに高機能だしパワフルなんだけど、重いし
カッコ悪いでしょなんか。仕事以外だと、ステージとか夜間イベント
撮る時くらいしか要らないし。

つーことで、270EXは注目です。
GNは22と220EXと変わらないけど、ほとんどの一般的なユーザーの
使用環境であろう「室内で普通に声が聞こえる程度の距離にいる人を
撮る」シチュエーションならだいたいこれでカタつきます。しかも
上方向のみとはいえバウンス機能が追加。横位置でしか使えないけど、
まあないより全然いい。ズームも付きましたよ。50mm相当までという
なんか無性にハンパなレンジではありますが。

ただひとつ、バッテリーが単3×2本というのはチャージに不安が
残りますな。今のデジタルは高感度でも画質が乱れないので、
そこで補えるってことですかねー。220EXは小さいボディに単3×
4本ぶっこめて(つまり筐体のほとんどが電池室だったりする)、
意外とパワフルだっただけに残念なような…。

とまれ、こういうカバンの中でかさばらない可愛いフラッシュの
新製品は大歓迎。値段も実売で1万円台とがんばってる。早く
実物見てみたいっすなー。

薄型CISタイプでついにフイルムスキャンに対応した「CanoScan
LiDE 700F」
も気になりますな。


場所を取らずにUSBバスパワー、実売1万5千円程度という価格も
大変魅力的。ただフイルムスキャンは別途専用の読取りユニットを
取り付ける必要がありそうで、しかも一度に一コマしか読み取れない。
うーん微妙。昔のスキャナか!

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0
 |