伊集院やっぱり・・・

Posted at : 2009年 / 04月 / 14日
やっぱりというかなんというか、伊集院、番組の最後にほのめかした
アレ、どう考えても「北野誠、芸能界から突然消される」事件に
ついてですわな。

この件に関しては、2ちゃん芸スポ板でもライト祭状態が続いてます。
北野誠人気に起因するというよりは、「なぜ、誰を怒らせて、奴が
干されることになったのか?」ねらーの情報集積力をもってしても
特定することができず(そもそもと発端と言われるABCラジオも
明確な説明をしていない)、憶測が憶測を生んで祭状態に。

たいがいこういう舌禍事件てのは、「これこれについての発言」が
「誰々のご機嫌を損ねて」というのがハッキリしていて、それに
ついての世間の賛否がありますが、今回の件に関してはそれが全て
闇の中にあるまま、「ある日突然芸能人がひとり消滅する」という
現実だけが立ち現れたもんですから、ねらーの空気も「北野が
可哀想」というよりは、まるで現北朝鮮や、旧東側の独裁国家にあった
恐怖政治の一幕を見せられたような、異様な不安感に支配されている
ようです。

アブナイところに毒を吐く芸風が近しい伊集院ですから(つっても、
個人的には彼の方が話術も品位も落しどころの巧さも上だと思い
ますが)、この一件はとても他人事では済まない思いではあった
でしょう。胆の据わった奥様がいて伊集院は幸せ者ですよホント。

もっとも伊集院は、原因が特定されない故に、恐怖に浮き足立つ
ネットの空気を読んでか、事情がハッキリしないうちにあまり
枯れ尾花かも知れない相手に騒がない方がいいと苦言も呈して
ましたな。奇しくも彼が「大嫌い」と公言して憚らないヲタキング
岡田斗司夫と意見を同じうしてしまったのは皮肉でありますが。

そういえば夕方、ピストン西澤も一瞬、この件に触れてました。
彼もまた業界毒舌が売り物の名パーソナリティでありますが、
今回の一件が「見せしめ」のようになり、市民のガス抜き的な
言論が封殺されていく可能性について、わしも不気味な雰囲気を
感じざるを得ません。

今でさえ、たとえば藤原紀香という二流タレントについて、
マスコミでは「離婚に傷心した可哀想な大女優」というスタンスの
報道しかされていません。「糊化なんざ代表作が『キャッツアイ』
実写版くらいしかねえ格闘技の添え物巨乳タレントじゃねえか」と
誰もが知っている王様の裸っぷりを喝破することは許されないのです。

こんな空気が政治や思想にまで立ち入るようになったら・・・
そんな日本を憂います。

個人的には北野誠というタレントは好きではありません。関西
ローカルタレント特有のエグみや押しつけがましさが嫌なのです。
しかし今はただ、彼が何事もなかったかのように仕事に復帰できる
日が来ることを願います。

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0
 |