さらばMr.ケネディ

Posted at : 2009年 / 05月 / 31日


WWEがこのほどMr.ケネディことケン・ケネディを解雇したようです。

数年前、彗星のごとくWWEデビューを飾り、オペラ歌手のような
美声と、敵を肩の上に担ぎ上げ、コーナーから空中前転で叩きつける
超高難度のオリジナル・ホールド「ケントーン・ボム」を武器に
たちまちメインイベンターの一角に登り詰めましたが、なにしろ
ケガに弱い超スペランカー体質。復帰→直後にケガ、の繰り返しで、
ほとんどストーリーに絡めず、会社もファンもイライラしっぱなし。
今回またしても復帰直後にやっちゃいました、で会社としてももう
堪忍袋の緒が切れたというところでしょうか。

WWEとしては(クソC級とはいえ)映画出演まで用意してやってこれ
ですから、やりきれないところでしょう。天才だけどケガがバカに
多い人ってのは、どこの国、どのスポーツにもいるんですなあ。
以前我がベイスターズにもそんな主力がおりましたが…



【追記】
夜、池袋でモツ鍋。

鮫隊長から、最近の売れ筋本を資料として貸してもらう。
すっごい売れた本らしいが、面白さは隊長的には「普通」とのこと。
必ずしも面白いとか、よく書けてるから売れるってもんじゃない
当節の出版市場、わしら凡人には見通すことはかなわぬか。
おっさん二人、茶をすすりつつ、往年の痛快番長マンガのような
百合武闘ものを模索しつつ、お開き。

Category : プロレス | トラックバック(-) |  コメント:2

覚 悟 完 了 !

Posted at : 2009年 / 05月 / 30日


本日発売、バンダイS.H.Figurarts『覚悟のススメ』の強化外骨格零、
さっそく買ってきました。ビック特価2790円。
うおー、かっこええですー。


可動性は充分、前腕と腿と足の装甲パーツはダイキャスト製で
重量感抜群(ただしわしの買った個体は右腿のパーツが取れ
やすいです)。このシリーズはどれもそうですが、プロポーションや
ディティールも素晴らしいです。


手の交換パーツは四対、顔はノーマル版と「覚悟完了」版の二種、
「戦術神風」用の化学兵器調合装置が付属で、プレイアビリティも
なかなかです。


全然関係ないんだけど、さっきうんこしたら
[覚 悟 完 了 !]の続きを読む

Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0

今日もバーゲン

Posted at : 2009年 / 05月 / 28日
アマゾンで『よつばと!』の風香水着ver.のフィギャーが680円の
叩き売り。あんまりなので一つ保護しました。

[今日もバーゲン]の続きを読む

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

バクOn終了

Posted at : 2009年 / 05月 / 28日
最近では唯一毎回聴いていたネトラジ『バクバクOnAir』が今週配信
分で終了。

[バクOn終了]の続きを読む

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

栗本薫先生逝く

Posted at : 2009年 / 05月 / 27日
作家の栗本薫先生が癌で亡くなったそうです。

正直なところ、わしは最近お作を手に取ることはなくなっていましたが、
少年時代にハワードの『コナン』ともども読み耽った『グイン・サーガ
辺境編』は、今も心のバイブルです。カバー絵を加藤直之さんが
手がけてらしたあたりの筆力迫力たるや、そこらの男性作家も
裸足で逃げ出す骨太な大冒険活劇でありました。サーガ30周年で、
待望のアニメも放送開始になった年にお亡くなりなるというのも、
また口惜しい限りであります。

合掌。



Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

エカシルプ

Posted at : 2009年 / 05月 / 25日
ちょっと調べ物をしようとネットをさまよっていたら、こんな
ストロボに出くわしました。


エカルシプという聞いたことのないメーカーの、「アンプル300」
という商品。なんとこれ、出力300Wのモノブロックストロボ
なんですと。

聞いたことがないのも道理、メーカーは日本でも欧米でもなく、
なんとタイの会社。いやー、写真工業のイメージがあまりない
タイで、こんな独創的なストロボが作られていることに驚きです。

なにしろ小さい。そして安い。
大型のカメラバッグならサイドポケットに入ってしまうサイズで、
輸入代理店のサイトによると国内価格なんと35700円。コメットの
同出力のものの半額ですよ。わし、もう食いつきっぱなしです。

最近はわし、そういう仕事少なくなったけど、ちょっと前には
カートにモノブロック2台とカメラ一式詰めて、ゴロゴロと街を
引きずって取材に行ってたもんですよ。それでもジェネーター
式の大型セットに較べれば全然小さいんだけど、ホント、嵩張る
んです、ストロボって。

それがこれだけ小さくなってくれると、カメラバッグの大きさ
半分ですみますね。こちらのブログに試用レポートがありますが、
モデリングランプにちょっと難がある以外、実用的に何の問題も
ないようです。ちゃんと光量調節もできるみたいだし。

異常に壊れやすいとか、発光が不安定とか、そういう欠点があると
困るけど、とりあえずちゃんと働いてくれるなら、これ、毎日重い
荷物に肩や腰をやられている取材屋さんには大変な光明になります。

つーか、どうして国内の一流メーカーさんが、こういうイノベー
ティブな新製品を世に問えないのか。それがわしは悲しいです。
デジカメは毎年技術革新を起こしているというのに、十年一日の
ごとくおんなじようなものを漫然と作り続けている欧米日の各
メーカーは猛省して欲しいですね。これからタイや台湾といった
国から、続々とこういう商品は出てくるでしょう。国内メーカーは
うかうかしてられません。

まあなあ…コメットとか業界では有名企業だけど、本社行ったら
典型的な昭和の中小企業のたたずまいだからなあ。うーん。


あー、あと話ぜんぜん違うんですけど、ロープロの完全防水カメラ
ザック、ドライゾーン・ローバーが
[エカシルプ]の続きを読む

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

ナナエルさん特売

Posted at : 2009年 / 05月 / 23日
ちょいとした用事のついでに、ビックカメラ池袋西口店のおもちゃ
売り場覗いたら、巷で評判のいいキャストオフフィギュア、
『クイーンズブレイド』のナナエルさんが2980円のワゴンセール。


[ナナエルさん特売]の続きを読む

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

なんかプチ忙しい

Posted at : 2009年 / 05月 / 23日
大きい本の仕事をとっとと片付けたいのだけど、なんかこのところ、
小さい仕事がガスガス入ってきます。大きい本は一冊形になるまで
1円にもならないので、こちらが滞るのを承知で、日々のオマンマに
なる小さいお仕事もありがたくお受けします。この不況のご時世、
小さいお仕事が全然ない月なんてのも普通にありますから。

にしても、やっぱりストレスは溜まりますね、こういう不規則な
スケジュールの毎日は。

※画像と記事はまったく関係ないのざます




[なんかプチ忙しい]の続きを読む

Category : お仕事 | トラックバック(-) |  コメント:0

カスタムアップサービス?

Posted at : 2009年 / 05月 / 22日
昨日届いたサンパックauto 16R pro。

取説を読んでたら、日本語の最後のページに小さな枠に囲まれた
記述が目につきました。

「カスタムアップ―ビスについて」と題されたその一文。
・フォーカスランプを照度アップ品に交換します
・発光部カバーを乳白色カバーに交換します

とあります。いずれも有償ですが、価格と施行開始日については未定
ともありました。

ほほう。
昨日書いたように、このストロボ、時間にあまり余裕のない状況では、
フラッシュ機能より、強力な白色LEDのフォーカスランプ(モデリン
グランプ)の方が使えそうなのです。これは面白い。フィルター径
77mmに対応する大口径リングライトは今のところ他にないですしね。
サンパックもこの辺よくわかっていて、点灯スイッチが電源部と
発光部両方に付いてて、特に発光部のスイッチは非常に実用的です
(電源部には「常時点灯モード」まで装備されてます。ただしこの
モード、フラッシュとの併用はできません)。とまれ、このパワーが
強化されるなら、近接でTTL調光が使えない不便さも笑ってスルー
できようってもの。

で。
この件について、HPには記載がないようなので、サービスセンターに
先ほど直電して聞いてみました。

回答はあっさりしたもんで、
・今のところすべて未定。いつ頃施行するかも未定
・具体的にどの程度のスペックアップになるかも未定

とのことでした( ̄▽ ̄)
フォーカスランプのパワーアップはガチで期待してます。
早めのご検討お願いしますサンパックさん。

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

auto 16R pro届いたお

Posted at : 2009年 / 05月 / 21日


先日注文したサンパックのリングストロボauto 16R proが本日予定通り
到着〜。ホームショッピングYahoo店で、なんと送料・代引き手数料
込み込みで30800円。安い!

つーことで、いろいろいじってみました。
まずautoといっても、自動調光範囲は最短がせいぜい1メートル弱
程度で、それ以上近接するマクロ域での撮影は基本フルマニュアル。
寄れば寄るほど露出はシビアになり、20センチ前進すれば発光量を
ひと絞り変えなきゃいかん、というような世界であります。

しかも背景の色でも必要な発光量はずいぶん変わり、たとえば
屋外でお花なんか撮る人はかなり大変かと。デジタルだと画像を
見ながらトライアル・アンド・エラーを繰り返せばいいんでしょう
が、フィルム時代はナンギだったろうなあ、これ。二倍近い値段
出しても高価な純正品買う人が多い理由がわかりました。

まあ純正品は高いだけでなく、レンズも純正のみ対応、しかも
装着できる玉も限られてるという話なんですよね。その辺の
不自由さから、不便なサンパックに走る人も少なくないのかしらん。
せめてキヤノンもペンタックスくらい純正品を安くしてくれれば
いいのに・・・

ちなみにこの16Rにもう1万円くらい足すと、シグマのTTL調光できる
リングストロボ買えるんですが、これ、ネットを検索しても怖いくらい
記事がないです。価格.comでは驚異の口コミ件数ゼロ。なんで?
まあいいか。

レンズは基本的になんにでも付けられますが、28mm以下の広角
レンズでは四隅がケラレます。わしは今のところシグマ17-70mm
F2.8-4.5で使うのが主になると思いますが、70mmオンリーだろうなあ。

とりあえず、このフラッシュの唯一の使い道になると思われる
フィギュア撮りなどしてみましたよ(ホントは魚住誠一さんばりに
かわゆいおにゃにょこなど撮ってみたいけど、最近はそういう
お仕事もないなあ…)。


[auto 16R pro届いたお]の続きを読む

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0
 | Next Page»