やるなリコー

Posted at : 2009年 / 11月 / 11日


群雄割拠のカメラ業界にあって、ひたすら我が道を行く孤高の
メーカー、リコーがまたやったという感じですね、昨日発表の新型
コンパクトカメラ「GRX」。

なんとレンズ交換式ならぬ、撮像ユニット交換式コンパクトカメラ!
レンズとレンズボードが一体化!(大判カメラみたい)ボードの中に
エンジンとシャッターと撮像素子を収納し、レンズ交換はこの
ユニットごとカセットのようにガシャッと交換するという独創的
システムカメラです。

同時発表の単焦点標準マクロレンズはAPS-Cセンサーを搭載、
ズームレンズは1/1.7インチのコンデジサイズのセンサー搭載と
さっそく「1レンズ1センサー」のシステムの特色をがっつり
アピールしてます。

メインレンズというべきGR A12 33mmF2.5 Macroがちょっぴり
大ぶりなのは残念ですが、なんといってもAPS-Cセンサー搭載で
このボディサイズは抜群に魅力的です。フォーサーズじゃない
んですからね!

お値段はボディとこの33mmユニットのセットで12万前後ですか。
安いところで10万円くらいですかねー。オリンパスE-P1と同じ
クラスの、非常にいいラインです。

個人的にこういうオリジナリティのある着想は好きなんですが、
「ボディはいつかシャッターがヘタレて潰れるけど、レンズ資産は
半永久的」と考える古い世代のカメラファンには、この大胆な
発想が受け入れられるか、なんてことも思ったり・・・。

しかしよく考えたら、デジタルなんてどうせ一年で買い換えるん
だし、センサーが高画素化したらレンズの解像度が追いつかなく
なって・・・なんてイタチごっこがすでに一眼レフで始まってる
ことを考えれば、極めて経済的なシステムかも知れません。

それに、いつかはフルサイズセンサーを搭載したレンズユニットも
出るかも知れない・・・なんて考えると、夢も広がります。

とりあえず今は、APS-Cユニットで、ペンタのDA21mmF3.2AL Limited
みたいな極薄広角単焦点が出るかどうかですね。システムの命運は、
今後のレンズラインナップにあると見ていいでしょう。かの銘玉、
GR28mmF2.8を作ったリコーのことですから、抜かりはないとは
思いますが。シグマやタムロンといったサードパーティが参入
できないシステムだけに、リコーのロードマップへの期待は
ますます高まりますね。

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

市橋容疑者逮捕

Posted at : 2009年 / 11月 / 11日
市橋容疑者逮捕で、マスコミは昨夜から大騒ぎ。楽しそうであります。
護送の新幹線にまで大挙同乗して、だからといって新情報があるでも
なく、ただ「同じ新幹線に乗ってます!」と子供のようにはしゃいだ
映像を垂れ流しているだけ。まるで日本最大の殺人鬼が逮捕された
かのようなお祭り騒ぎ。

[市橋容疑者逮捕]の続きを読む

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0
 |