『みつどもえ』8

Posted at : 2009年 / 12月 / 18日


やっと買ってきたっす。

7巻でやや息切れを感じて心配でしたが、こうして通して読むと
まだまだ大丈夫という雰囲気でホッとしました。アニメ化も決まった
ことだし末永く続けてほしいもの。

とりあえずわし的8巻のツボ。
・「佐藤が好きでしょうがない隊」のおがちん、3巻でぱんつを
脱ぎ捨てて以来ずっとノーパンだった衝撃事実発覚。おがちんの
破壊力はスベリ知らず。
・杉崎、宮下、松岡の出会いのきっかけは松岡の眉毛。
・宮下の尻はいつもエロすぎる。宮下大好き。

の3点ですハイ( ̄▽ ̄)


あ、そーいえば『にゃんこい』最終回か。

[『みつどもえ』8]の続きを読む

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

Figmaラムちゃん予約開始!

Posted at : 2009年 / 12月 / 18日
えー、桜姫以来でしょうか、Figma「おっさんだけが喜ぶキャラを
出してみよう」シリーズ
、なんと『うる星やつら』(ATOKに登録
されてて今ビックリ)のヒロイン・ラムがまさかのリリース、そして
アマゾンでも予約開始です!


個人的には嬉しいし買う気も満々なんですが、顔が…
原作後期あたりの準拠なんでしょうか、そういうところも必要以上に
忠実にしちゃうグッスマ原型師さんの職人魂がニクいっす。
桜姫の時も思ったけど、イメージを壊さない範囲でなら、こういう
古すぎるキャラは、多少今風のアレンジを施してもいいんじゃ
ないかなあ。

ただし、桜姫以来待望のビキニ素体の登場でもありまして、流用
素材としての期待も高まります。そんなにバカ売れもしないでしょう
から、のんびり発売を待ちたいと思います。発売は3月25日予定。


ちなみに高橋留美子シリーズ第2弾、日暮かごめのリリースも
決定だそうです。趣味に走ってるなあ社長www



あ、もちろん最近キャラも忘れてません。
スバル・ナカジマも今日から予約開始です。グッスマさんはこの
子好きですね。


ついでですが、アマゾン、リボルテック・メナスが順調に値下げ
開始です。不出来とまでは言いませんが、サービスの薄さの
否めないモデルで、値下げはむしろ遅かったなという印象です。


Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0

ルーペもってる?

Posted at : 2009年 / 12月 / 18日
親父の老眼がだいぶ進んでいるので、帰省の土産に読書用のルーペを
買っていこうといろいろ調べて、ニコンのハンドルーペを選びました。
非球面レンズのヤツ。

で、ネットであれこれと調べていると、自分もちょっと欲しくなって
くるのがわしの悪いクセ。おー、エッシェンバッハの非球面ルーペ
いいなあとか。

手持ちタイプのルーペは、昔そこらの文房具屋で買った500円くらいの
虫眼鏡があるだけなので、ちょっといいのがあるといいなあ。
いや、別に何を見る、何に使うというワケじゃないんですが。

と、いろいろ妄想してると、わし写真用のルーペは三つも持ってた
ことを思い出しました。


いずれも編集者時代、仕事でポジチェックを毎日のようにやってた
頃に自腹で買った物。左から、ニコンのプロルーペx4、ピークの
アナスチグマット・ルーぺx7とx4。ピークのは会社にも備品として
置いてありましたが、数が足りなくていつも取り合いだったのです。

ピークのx4はブローニーのコマを全体チェックできるので、わしが
働いてた編集部では必携でした。文鎮のように重たいルーペです。
x7は、ニーショットくらいのピントチェック用。でも、これで
チェックしても、引き延ばして印刷するとピンアマだったりして、
困ったことがあったなあ。いや、ピークが悪いって話じゃなく、
深夜に疲れてポジ見てますとね、眼の方が死んでくるんです。
ピークのルーペは比較的手頃なお値段で充分すぎる性能があり、
業界の定番のひとつでした(もうひとつの定番はペンタックスの
大きいやつ。あれは軽かった)。もちろん今も現役で販売されています。

ニコンのはサンゴーに特化したサイズ。でも、どうして買ったのか
自分でも思い出せません。多分、アルミの鏡筒があまりにもカッコ
よかったせいでしょう。ピークのルーペは対物レンズがギリまで
せり出していて、ライトボックスでしか使えませんが、ニコンのは
レンズが接眼部に集まっているのと、台の裾部分が光を透過する
おかげで、明るい視野で活字や小物の拡大観察にも使えます。
ただし、対象物を台にくっつくほど近づけなくちゃいけませんが。
歪みも収差も全くない素晴らしいルーペですが、デジタル時代に
入って需要が激減したせいでしょう、すでにディスコンです…

どれもアイポイントは高いので、中心部だけなら接眼レンズから
多少眼を離してもピントは見えます。全視野を見渡そうと思ったら
やっぱり接眼部に眼をくっつける必要がありますけれど。

ヒマつぶしに、いろいろ拡大してみようかな。


Category : 写真 | トラックバック(-) |  コメント:0
 |