『ジロチョー』(笑)

Posted at : 2010年 / 01月 / 13日


CM見た段階で期待度30%くらいでしたが、想像以上のクソでした、
テレ東時代劇『ジロチョー』。結論から言えば、パチ屋が新台の
プロモ映像を同胞に撮らせてみました的な。

中村獅童、袴田吉彦、内藤剛志、佐野史郎、池内博之、笹野高史と
主要キャストはなかなか豪華。でも主演が倅タイホの中村雅俊、
他にも萩原聖人、真木蔵人、中野英雄とリアルな人出過ぎwwww
さすがパチ屋ドラマ。黒いわあ。かつて熱血教師役で売れた中村雅俊が、
実は熱血演技がまるでカラッペタな大根だというのも露呈して惨憺。

脚本もダメ。
冒頭、森の石松が殺されて以降、次郎長が復讐に立ち上がるまでの
流れがひたすらダラダラしていて全く見せ場なし。しまいにゃ、
大ヤマの立ち回りは見せないとかもうね。アホかと。次郎長が人を
斬る時に「うざってぇ」とか、台詞も下品で薄っぺら。女子高生か。
同時代人である坂本龍馬の使い方も無粋というか、ぶっちゃけ
「流行ってるから出しとくか」感が満載です。

BGMにロックを多用したり、立ち回りにCGを導入したりと、所々
見るべきところのあったグ・スーヨン監督の演出ですが、CG以外の
立ち回り演出は、どこをどうしたらいいかワカラナイという感じでした。
ザコキャラを囲んだあげく、必然性もなく大政が背中から突き殺し
たり、日本人から見るとちょっとな、と思うシーンもありました。
めちゃくちゃ強いボスキャラにやるならまだわかりますが。
次郎長一家のヴィジュアル設定は立っていただけに残念。

またキャストとCGで予算を使い切ってしまったようで、エキストラが
えらく少なく、全体的に画面がスッカスカです。平坦なライティング
のせいもあって、チープさが否めない画面作りでした。新台プロモ
として作るんなら別にそれでもいいんですが、だったらCMでやってる
黒谷友香(愛してます)と宝生舞のキャットチャンバラもちゃんと
本編でやれよと。

まあ今時パチンコなんかに給料つぎ込んで、ワンカップ呑みながら
麻雀劇画雑誌読んでるような人は好きなんでしょう、こういうの。

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

昨日のニュースですが

Posted at : 2010年 / 01月 / 13日
昨日チェックし忘れてたんですが、figma公式ブログでついに
『けいおん!』シリーズ開始のお知らせがあったんですな。

初弾は唯! しかも12日公式発表で、30日発売とか!


公式にもありましたが、どんだけ緊急発売なんですか!
あまりにも急すぎてアマゾンも予約受け付けてません。もうとにかく
予約とか関係ねえくらい大量出荷するとみました!

なにしろ他社をばっちり出し抜いて先陣を切ったアオシマのmobipが
惨憺たる市場評価で、ホビーショップはどこも在庫たっぷり。今で
こそ持ち直しましたがアマゾンでは一時半額以下にもなってました。
ヲタたちの「figmaはまだか!!」の声が、グッスマをこの緊急
発売に走らせたのでありましょう(100%の妄想)。これはもう
わしもソフマップに走るしか。

しかし律のドラムはどうするんだろうか。別売り?



Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0
 |