ねんどろ律ちゃん届いた〜

Posted at : 2010年 / 03月 / 19日


つーことで、先日アマゾンに突如少数入荷したねんどろいど田井中律
本日到着ぅ( ̄▽ ̄)1円だけディスカウントというワケワカな
お値段でした。あああヒップギグかわいすぐる。

ドラムセットなし。


曲げ脚パーツはドラムスローンに密着してます。
なんかお尻から外れそうな気配もありますが、無理するとスローンの
脚がボキッとかなりそうなので自重。


密着はしてますが、脚はちょっぴり可動。




スカートなしで座ってるとなんかエロ可愛かったので一枚( ̄▽ ̄)


立ちポーズ。


このパーツ付けますかマニアックすぎだろJK、の下ろした前髪。
あわてた表情パーツもかあいいです。


下ろし前髪+元気顔の組み合わせも、やたら男前で好きです。
なんか美少年ぽい( ̄▽ ̄)


泣き顔+たんこぶ+ワナワナ手首。
この充実しすぎなセットなら4000円の定価もナットクです。


「けいおん!」ベストカポーといえばやはり律×澪にトドメを
刺すわけで。これが、


こうなると。



あ、このねんどろ買ったらぜひやってみたかったのがコレ。
一番くじ・きゅんキャラ版ヒップギグとの比較。
以下、すべて左側がねんどろいど版です。


同じドラムをデフォルメ・ミニチュア化したものでも、原型師さんの
解釈がいろいろ分かれていて面白いですね。


ぎゅっと横につぶれたようなねんどろいど版は、思い切った省略や
デフォルメがある一方、脚の滑り止めがちゃんと付いてたりする
あたりのコダワリがステキ。
一方きゅんキャラ版は現物を縦にきゅっとまとめた印象。
バスドラのプロポーションとかリム周りのディティールアップとか
リアルでグッときます。


いちばん違いがハッキリするドラマー側からの形状。
ねんどろいど版はスネアやタムに角度が付いてたり、キックに
ちゃんとビーターが付いてたりする細かさですが、その一方で
裏面にヘッドがないのは残念ちゃ残念( ̄▽ ̄)
きゅんキャラ版はちゃんとヘッド張ってますが、こちらには
ビーターがありません。しかしさりげなく3本目の脚で打面の
高さを調整するヒップギグの「フローティングバスドラシステム」
を再現してるのがニクい! スネアとタムは水平設置。


ハイハットには両者あまり差がありません。可動しないのも同じ。
ねんどろいど版のシンバルはブラスっぽい金色、きゅんキャラ版は
赤銅色で、こっちの方がなんとなく高そうです(?)。


ちなみにきゅんキャラ版叩かせてもあんまり違和感なかったりします。


いやーなんでしょうね、ドラムセット見てるだけでなんかニヨニヨ
してしまう可愛さです(わし自身はドラムなんて触ったこともねえ
ですけど)。つーことで最後は頑張れリズム隊少女!


しかしこうなっちゃうと、買えるチャンスがあったのに唯をスルー
してしまったのがなんとも残念だったりします( ̄▽ ̄)

あ、そういえばアマゾンでは今日のお昼からfigmaあずにゃんの
予約が順調に始まりました。もちろんポチッとな。

オマケ。
ジャズドラマーのデイヴ・ウェックルが律ちゃんと同じ黄色い
ヒップギグをプレイする動画

Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0
 |