DSC- TX5インプレ(夜景編)

Posted at : 2010年 / 04月 / 16日
四月も後半だというのに、東京は雪が降りそうな寒さです。

昨日の帰り道、ちょこっと深夜の街を撮ってみました。
最近のソニーの売り物のひとつである「手持ち夜景モード」をテスト。



ISO400。
「手持ち夜景モード」ってのは、やたらに感度を上げまくるんじゃ
なくて、ワンシャッターで瞬間的に6連写して、その画像(露光)を
合成して一枚の鮮明な画像にしてしまおうという手法。銀塩時代も
低感度夜景撮影の定番手法だった多重露光を、瞬間的に、デジタル
的に処理してるんですね。

画像合成処理自体は他社もすでに実装して、ダイナミックレンジ拡張
などに使っていますが、6連写というのはドープですね。裏面照射
センサーと光学手ブレ補正を組み合わせたチカラワザという感じです。

前述した銀塩の多重露光は、結果として長時間にわたる露光になり
ますから、車など動いているものは流れて消えてしまうのですが、
TX5は瞬間露光なので、上の画像を見ても判るように、歩いている
人の影がちゃんと止まっています。びっくりです。画像自体も
シャープですね。

もう一枚。こちらは元画像のシャッター速度が1/8秒なので、
さすがに車が少し流れています。ISO500。


お恥ずかしい失敗例もアップします。
左下隅にでっかく写り込んでいるのは、ぼくの指です。
レンズがボディの端っこですし、広角レンズですから、おかしな
持ち方をするとこういう失敗をやらかします。このカメラは基本的に
「持つ場所」がないので大変です。



その他のインプレ。
・電池室の「半ドア」判定はとてもシビア。蓋を閉める時はかなり
気合いを入れて「ぱちっ」とやらないと、かなりの頻度で警告が
出ます。まあこのカメラ唯一の開口部ですから、ここからちょっと
でも浸水したらそれでオシマイ。無理もありません。
・カメラ内赤目補正というのを、初めて使ってみました。一昔前なら
フォトショでシコシコやった作業が、スイッチひとつで一瞬です。
しかもキレイに消えて、別画像として保存されるんですからビックリ
ですね。アンシャープ機能やタッチペンを用いた落書き機能も
ありまして、もうヘタなペイントソフトは要りませんね…

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

みにちゅあーと蓄音機

Posted at : 2010年 / 04月 / 16日


以前、みにちゅあーとプチのランドセル買ったら、アンケートハガキが
付いてました。答えてくれたら抽選でなんかあげるよ、と書いてあり
ましたんで、回答したら蓄音機を送っていただきました。

アナログの音はミクもお気に入りのようです。
さんけいさん、ありがとうございました。


Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0
 |