フィギュアーツ キュアパッション他予約開始

Posted at : 2010年 / 04月 / 30日


イース様が発売直後に完売と絶好調のフィギュアーツ「フレッシュ
プリキュア」シリーズですが、イースが覚醒した第四のプリキュア
キュアパッションが予約開始となりました。お値段は相変わらず
大友相手の強気設定です。わし的にはスルー予定ですが。
バンダイみたいな大会社が「ヲタの足下見てる」感じのニオイが
なんかイヤなんです、わし。グッスマで作ってくんないかしらん。


海洋堂の特撮リボルテックは、わしが最も楽しみにしていたモデル
「ジャイアントロボ」と「バットマン」が予約開始になりました。

ジャイアントロボはシリーズ発表当初から「これだけは買う!」と
個人的に息巻いていた物件でありまして、ワクテカが止まりません。
早く「ま゛!」をやりたいです。




「バットマン」は当初のラインナップに画像がありませんでしたね。
発表された時には、ちょっとビックリしました。版権料のバカ高そうな
アメコミもの、しかも直近のハリウッド映画化版のキャラですから。
ご丁寧にクリスチャン・ベールの顔まで造形ときた日にゃあんた。
ノーラン版バットマンをこよなく愛するわしとしては、これもスルー
できない物件です。しかもロボと同日発売とかもうね。二つ一緒に
買うと5千円かあ。もうポチるしかないんですけどね。ついでなので
海洋堂さん、同じスケールでバットポッド作って下さい。3千円くらいで。
ダメ?


あ、今日ビックカメラ池袋本店に行ったら、ねんどろいどムギが
けっこうな在庫量でした。これまでの瞬殺騒ぎに対応して生産数
増やしたのか、それともムギの人気がないのか…もし買いそびれてる
東京近郊の人がいたら、ビックカメラへ急げ!

Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0

来いよベネット!『コマンドー』リメイクへ

Posted at : 2010年 / 04月 / 30日


eiga.comによりますと、
シュワルツェネッガー永遠の代表作にして2ちゃんねらー心の名画
『コマンドー』がリメイクされるようです。

一体何が始まるんですか?

第三次世界大戦だ!!

ということで、
脚本・監督は『フェイクシティ ある男のルール』のデビッド・エアー
が務める予定、キャストは未定とのこと。『フェイク…』はエルロイの
原作の力もあるとはいえ、なかなか見応えのあるノワールに仕上がって
ましたから、エアー監督の手腕は確かでしょうが、それが逆に不安でも
あります。

なんとなれば、『コマンドー』が不滅の名画たりえているのは、
B級映画の鬼マーク・L・レスター監督ならではの、全編に漂う名状
しがたいマヌケ感、脱力感、ボンクライズムゆえでありまして、
なまじっかな腕のある監督が、今風にカッコよくリメイクして
しまっては、もはやそれは『コマンドー』ではないのであります。
あの絶妙なアタマの悪さと中坊イズムを、21世紀の今再現できる
映像作家といえば、個人的には『トランスフォーマー』のマイケル・
ベイか、『ステルス』『トリプルX』のロブ・コーエンあたりを
推したいところです。

ということで、ラストにどんな蒸気抜きがあるのか楽しみです。


Category : 映画 | トラックバック(-) |  コメント:0

figma琴吹紬

Posted at : 2010年 / 04月 / 30日


たくあん眉毛のお嬢様キーボーディスト、そしてわしの嫁、ムギちゃん
こと琴吹紬figma、ちょちょっとレビューです。

「けいおん!」figmaはどれもグッスマの技術の粋を結集したカワイサ
なんですが、ムギちゃんも「ぞわわっ」とくる再現度そして萌え力。
特にこのぷにほっぺの絶妙な表現! あああ、あああ(理性崩壊中)


背中。


元気な笑顔。「わほーい」って感じです。


キーボード。リアルスケールにするとけっこう大きいですね。






パネル部のスイッチ類はほとんどプリントです。


プレイ用の手首です。


ミクライヴステージver.付属のキーボードと並べてみます。
やっぱりムギ用のはコストかかってますね。


おっと忘れるところでした。ムギちゃんといえば、このうっとり顔。
たまりません。


「けいおん!」キャラの中では比較的人気の薄いコですが、わしは
大好きです。太眉美少女は最高です。相変わらずの手抜きのない
造形も大満足です。来月はいよいよりっちゃんですね。楽しみです。


しかしこのうっとり顔はいろいろ絡めてみたくなりますね。
てことで、カラミもちょこっと。

[figma琴吹紬]の続きを読む

Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0
 |