ex:ride スリーホイール予約開始になってた

Posted at : 2010年 / 05月 / 31日


もうこうなってくると「毎月毎月よう出すなあ!」という感じです
フリーイングのex:rideシリーズ。一昨日あたりからride.008
「スリーホイール」が予約開始になってました。気がつきませんでした。

要はトライクですね。カブとかと違ってトライクは普通名詞だと
思うんですが、なぜかスリーホイールなんというヤヤコシイ名称に。

なんだかんだ言ってこのシリーズ、わしほとんど買っちゃってますね。
いいかげん置き場所がなくなってきて困ってるんですが。意外に嵩張り
ますし。まあそれだけツボを押さえたいいラインナップということ
なんですけどね。8月末の発売予定です。


ついでなのでアマゾンウォッチ。
相変わらずリボルテック・クイーンズブレイドは投げ売り続いてます。
不人気番長エキドナさんは、ついに65%offの1050円になっちゃいました。


リボルは変形バルキリーのフォッカー機もやはり半額割れの
1104円になっちゃってます。くそっ、2千円も出して発売日に
買ったわし(しかも一日で飽きて鮫隊長に進呈しちゃった)…


リボル戦国BASARA、カラバリの白装束ver.ですが、幸村も正宗も
共に不人気で、揃って1100円前後です。



あとシルバニアファミリーが全体に下がってますね。ていうか
先月くらいはほとんど値引きがなかったんですが(早春頃には
投げ売り祭があったそうです)、今は3割引きくらいのものが
増えてます。テラスの家が36%offの1991円だったりして、うおお
ビックより安くなった…




Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0

figma諫山黄泉

Posted at : 2010年 / 05月 / 30日


てことで、発売日から一日遅れて本日アマゾンから到着、『喰霊-零-』
の諫山黄泉ちゃんです。デフォルトは右向きのニコ顔です。
チラリと見えるお腹にはおへそもあります( ̄▽ ̄)


こちらも携帯電話が付属。電話機と手首はモールドされてます。


お次はむっつり顔。性格悪そうですw


愛刀「獅子王」。刀を持つ手首は、私服セイバーや神楽ちゃんと
同じく、通常の握り手と、手首に角度の付いた握り手があります。
もちろん鞘と、鞘持ち用の手首も付属。


ナゾ兵器「打杯弐拾八号」。
チェーンはやっぱり金属製です。


怒り顔。


なんと珍しい、ポニーテール後ろ髪がついてます。もちろん可動です。
しかし今いち可愛くないのはなぜでしょうか。


神楽ちゃんと仲良くツーショット。


もうちょっと、神楽ちゃんといちゃいちゃしてる時のための
甘々フェイスが欲しかったようなムニャムニャ…


なんかこう、全体にバランスがよくないなあと思ってしまうんです
が、頭がちょっと小さすぎるんじゃないですかね。こうして神楽
ちゃんと並べても小顔なことはなはだしいです。


原作通りのプロポーションに気を配って小顔に作るのはわかるん
ですが、やっぱりお人形はちょっと顔が大きいくらいの方が、
いろいろ楽しい気がします。これはリボルテックにも時々感じます。
やっぱりfigmaは「ハルヒ」や「けいおん!」くらいの等身が
いちばん萌えますね。


Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:1

figmライダー

Posted at : 2010年 / 05月 / 30日


ちうことで29日発売figmaちょろっとレビュー第二弾は、『Fate/
Stay night』のライダーさん。figma史上最むちとミカタンも大興奮
で煽ったせいか、発売数ヶ月前に早くも価格高騰気味でありました。

なるほどむちむちであります。


特徴的なロングヘア。付属品はダガーが二丁のみと、律ちゃんに
較べるとあっさりしたパッケージですが、ライダーはこの髪に
新趣向が凝縮しています。


眼帯を外した顔。


もうひとつの顔パーツは叫び顔。
ダガーのチェーンは土宮神楽と同じ金属製です。


前述したロングヘアは、ジョイントの付いた硬質パーツ三つと、
幾筋もの軟質パーツを組み合わせてあり、自在になびくように
なっています。これまでのfigmaの中でも最も凝った作りです。




この髪の可動性と、首を大きく仰ぎ方向に動かせるようにした
ことで、ライダーの売り物である四つん這いポーズが可能に。
ここまで首が上に動くのは、孫策伯符以来でしょうか。


その他もろもろ。
股関節も非常に可動域が大きくとってあります。


おしりだ!ふとももだ!


凜ちゃんと較べると、背丈もむちむち度も一回りアップです。


バーサスしてみた。


意外なことに、ちょっと無理すると凜の顔がハマります
(セイバーは無理でした)。


もう一発。ごはんバーサス!


つーわけで、やはりむちむちはイイ!(チガウ
律ちゃんに続いて「よく動く。きれい」というfigmaのキャッチ
コピーに忠実な、実に動かし甲斐のあるかっこいいお姉さんでした。
セイバーは甲冑・私服の他に、ゲーム付属の限定版「白」「赤」が
ありますけど、甲冑の再販(わしの手持ちのは塗装が落ちちゃい
ました)か、白の一般販売してくんないですかねえ…

Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0

figma田井中律

Posted at : 2010年 / 05月 / 29日


つーことで今日はfigma発売ラッシュでした!
本日のお手軽レビュー第一弾は『けいおん!』田井中律。
ドラムがフルセット付属するという豪華版パッケージであります。

元気のいい律ちゃんらしく、首、腰、脚と実によく動きます。


にひひ顔。


ジャケットが開いているのは律ちゃんだけなので、胸の下にも関節が
入れられてます。これで体をひねったり、反ったり丸めたり、可動
範囲がぐっと広くなってます。


ただしひねりすぎると大変なことに( ̄▽ ̄)


あちゃー顔。たんこぶは前髪ごと交換です。


二連たんこぶパーツはサービスよすぎでしょ( ̄▽ ̄)


つーことで、ついに軽音部(初期)勢揃いです。


律ちゃん好き過ぎの澪ちゃんと、ハァハァするムギちゃん。


最近、figmaがあんまり動かないなーと思ってたわしですんで、
可動範囲がたっぷりの律ちゃんは遊んでて楽しいです。
ヒップギグも、どこまでキッチリ作るんだよ!と言いたい出来。
ほんと、けいおん!のfigmaは気合い入りすぎでしょ、どれも。


ついでなので、ヒップギグについてもちょろっと。
[figma田井中律]の続きを読む

Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0

『THE MENTALIST』見た

Posted at : 2010年 / 05月 / 28日


少し前、伊集院もラジオで話題にしてた外ドラ『THE MENTALIST/
メンタリストの捜査ファイル』、スーパードラマチャンネルで
第1話見たっす。

「メンタリスト」てのは、心理学ではなく、手品業界の用語。
ちょっとした表情や筋肉の反応で人の心を読み操るトリックを
用いる奇術師を指す言葉ですね。

主人公パトリック・ジェーンはこのメンタリスト。手品師ではなく、
霊能者としてテレビで大金を稼いでいましたが、ある番組で、話題の
連続殺人鬼を揶揄したところ、その殺人鬼に家族を殺されてしまいます。
以来彼は、その技術を活かして犯罪捜査に協力することに…という
設定。一見キザで人をイラつかせるニヤケ男ですが、その心の奥には
自身が家族を殺される原因になってしまった罪悪感から、底知れない
闇を秘めている、というなかなか魅力的なキャラクター。

この主人公が、妻を殺したシリアルキラー「レッド・ジョン」を
追うというのがシリーズの骨子ですが、もうちょっとピリッとした
緊迫感とかスピード感があるかなーと。たとえば初対面の人の
プライベートな情報を一目でズバズバ言い当てる、というのは
それこそ19世紀のシャーロック・ホームズですでにやってること
ですし、犯人を追い詰める課程にもいまいちスリルがありません。
大詰めのいいところで、ちょっと眠くなってしまいました。

何話か続けて見れば、もうちょっと面白くなるのかな。
とりあえずレッド・ジョンが出張ってくるまで視聴続行します。

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

F3のなんが悪いとですか

Posted at : 2010年 / 05月 / 28日


けっこう毎週楽しく見ているアニメ『B型H系』。
ヒロインに狙われる男の子が持ってるカメラがニコンF3(しかも
アニメには割りと珍しく正確に描いてある)というところも
気に入ってます。ストーリーにも時々効果的に使われてますし。

で、今日東京で放送された回には、ニコンD3系にニッコールのゴーヨン
かなんか付けたイケメンキャラが登場して、その男の子が自分の
F3にちょっと劣等感を持つというシーンがあるんですが、個人的には
カメラの「格」はぜんぜんF3の方が上だと思ってますw


まあF3は程度のいいものでも中古で数万円、シャッタースピードも
最高で1/2000までしかありません。かたや最新のD3sはボディ単体で
50まんえん。レンズがゴーヨンだったらプラス80まんえん。
そこそこの車とおんなじ値段です( ̄▽ ̄)スペックも較べようが
ないんですけど、でも所詮2、3年でお払い箱になっちゃうカメラ
ですからねえ。

それに較べて、写真がメディアとして力を持っていた最後の時代、
1980年代というディケイドを支えた歴史的名機としての威風は、
こりゃもうお値段じゃ計れません。ジウジアーロ・デザインも
保守的な美しさにあふれています。わしもいつか持ってみたいと
昔から願いつつ、なかなか触れるご縁がないのが残念です。

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0

荒れ模様

Posted at : 2010年 / 05月 / 27日


アキバでは昨日入荷してたという、ねんどろあずにゃんですが、
ヒマつぶしにちょっとのぞいてきました。まあ予想通り壊滅でした。
来月の二次出荷を気長に待ちましょう。しかしムギちゃんはあんなに
残ってたのに。出荷量が多かったのだと思ってたんですが、やはり
キャラ人気が(ゲフンゲフン

うろうろしてたら雨に降られて参りました。予報では夕方からとの
ことだったのに。30分ほどでまた晴れ間が出てきましたが、一日
黒雲から日が出たり入ったりするお天気でした。

ねんどろいどといえば、ラブプラス凛子ちゃんの予約が始まりました。
例によってわしはスルー予定です( ̄▽ ̄)

Category : 雑感 | トラックバック(-) |  コメント:0

『ベントラー ベントラー』

Posted at : 2010年 / 05月 / 25日


先週から個人的に「宇宙人強化週間」でして、宇宙人関係の本
(ただしニューエイジやらアセンション関係の気色悪いヨタ本は除く)
を買い漁って読んでます。

その一環で読みました、野村亮馬『ベントラー ベントラー』全3巻。
さまざまな「外星人」たちが気楽に街をうろつくようになった近未来。
基本的にみんな無害だけど、ときどきちょっと迷惑なことがある。
そんなとき出動する「首都圏民営警察外星生物警備課」ののんびりした
活動と日常を描くまったりSF。

ちょっとした台詞の端々に、細かく凝った考証が光る、古き良き
「センス・オブ・ワンダー」を軽妙に描く、実に健全なSFマンガでした。

ヒロイン澄子をはじめ、万事ことなかれ主義で緊張感のない「警備課」
(警察というより、市役所の「すぐやる課」みたいな感じ)の面々。
澄子を気に入って、通訳係として勝手に出入りするようになる
調子のいい外星人クタム君(しかし実にイイ奴)。キャラクターも
それぞれ魅力的。

媚び上手だけど実は自分の目的を果たしたいだけの打算的な美少女
アンドロイドや、「人類の進歩と拡張」「ナメられない国」を唱える
アメリカの対外星組織のメンバーなど、脇キャラにもそれぞれの
行動哲学があるあたりもいい感じでした。

まあ最終回はややヤケクソ気味というか、アンハッピーでもハッピー
でもある、ちょっともの悲しい終り方。キレイな幕切れではあるん
ですが、まったりのままシメてもよかったのになあ。

Category : ヲタク | トラックバック(-) |  コメント:0

猪木『スタジオパーク』に登場

Posted at : 2010年 / 05月 / 24日


栗山千明にガチのヲタコレクションを語らせたり、アラーキーが
放送禁止用語スレスレトークをしたり、お昼の全国ネット生放送と
しては最もガチンコと言われるNHK『スタジオパークからこんにちは』
ですが、今日は我らがアントニオ猪木が登場。

最近の石井館長との対談では、進行役の吉田豪氏をして「会話に
ならない」と当惑させたアントンでありまして、わしもプヲタの
友人とメールチャットしつつ観戦しました。

アンドレ戦の映像を流しつつ、律儀にケーフェイを守った問いかけを
するアナたち。そして興味なさそうに答えるアントン。さすがに
NHKらしく、事前のアングルがしっかり組んであるようで、ブラジル
時代の話、力道山のこと、糖尿病のことなど、台本通りにサクサク
進行していきました。興味ない話題や面倒な話題は、全部笑って
ダジャレでごまかすか、まったく関係ない話を始めてしまう猪木
トークは完全封印。まさにNHK、寝転んだ姿勢から水面蹴りで
責め立てます。

途中、力道山について「まあ殺してやろうと思ったこともありました
けどねムフフ」とか、「北朝鮮興行をやった時には……」といった
発言は、サラリとスルーして話題を軌道修正した住吉美紀アナ、
若いのになかなかやります。

いちばん面白かったのは、猪木ウォッチャー、そして辻仁成
ウォッチャーがともに大注目している映画『ACACIA-アカシア−』
の映像!!

最近、ブログのセルフ写真が50過ぎのオヤジとは思えないほど
自己陶酔してて、そのキモさがクセになるとネット雀たちが
大注目の辻先生ですが、自身の小説を映画化、自らメガホンを
取った作品『ACACIA-アカシア−』に、なんと主演に猪木を起用!
これをワクテカせずにはおられようか(いやおれない)。

流れた映像はわずか数十秒でしたが、それだけで充分すぎるほど
伝わりました! 何がって? 辻演出のユルさと、アントンの
怖いほどの棒読みっぷりですよ! これはもう劇場に見に行くしか!
ひさしぶりの本格カルト映画登場の予感!



てなことを書いてたら、ラッシャー木村さんの訃報が……
誤嚥性肺炎とのこと。享年68。アントンと同世代なのに、木村さんは
ずっと老けて見えたなあ。いかにも昭和レスラー然としたおっかない
容貌の人でしたが、空いた時間は動物図鑑を見るのが何より好き
だったという、やさしいエピソードが印象深いです。合掌。

Category : プロレス | トラックバック(-) |  コメント:0

ex:ride 006 ミニバイク

Posted at : 2010年 / 05月 / 22日


figmaサイズのバイクシリーズも3モデル目ですか。
ex:ride ride006ミニバイク(黄色)買ってきました。
ソフマップ特価1380円。ぴょんと突き出たミラーがカワイイです。

店頭で見た感じ、特にこの黄色は、塗装に個体ごとのムラがあるよう
でした。通販で買うのはちょっと怖いですね。しかし出来の方は
今回も上々。エンジン周りの色使いとかイイですね。


モデルになったモンキー同様、ハンドルが畳めます。
本家は車に乗せるときジャマにならないための機能ですが、ミニチュア
もこれならしまうときに壊しにくいですね( ̄▽ ̄)またハンドルの
角度が微調整できるので、フィギュアのサイズに多少差があっても
乗せやすくなってます。

シートの高さも調整可能。凝ってます。


ちっちゃいバイクは女の子にも合いますね。




同じホンダ系のカブっぽいなにかと併走。


ボディの下にスタンド用の穴が開いてます!


なので、ウィリーとかもらっくらくー♪


カブに較べるとさほど思い入れもなかったんですけど、可動部が
多くて意外に遊べます。小さいけどアクティブなデザインなので、
ヒロイン系のキャラが乗っても絵になりますねー。




Category : 可動フィギュア | トラックバック(-) |  コメント:0
 | Next Page»