ソニー、世界最小レンズ交換式デジカメ発表

Posted at : 2010年 / 05月 / 11日


ソニーが、かねてウワサのレンズ交換式超小型デジカメを正式発表
しました。しかも「NEX-5」「NEX-3」と2機種同時です。

オリンパスやパナソニックのアレたちよりさらにボディを小さくして、
かつセンサーはAPS-Cサイズというのはゴイスーです。フランジバック
が一眼レフとまったく違うので専用レンズが用意されますが、旧来の
αレンズもアダプターを介して使用可能とのこと。

しかしスゲーデザインですな!
最小限の操作部以外、EVFも内蔵ストロボも全部取っ払った、まるで
試作品のようなスタイルです。言葉は悪いですが、「醜悪」と表現
してもいいでしょう。良くも悪くもおごったオサレさが身上のソニー
製品とは思えません。

これはあれですよ。やるとなったら世間の声など聞く耳持たず、
あさっての方向に全速力で暴走していく、往年のミノルタイズム
復活ですよ。ミノルタの怨霊が乱世のカメラ界に甦った!!

携帯性と画質を付き合わせたら、これ以上のポテンシャルを持つ
カメラは無いかも知れません。一方で、このジャンルを支える
「オサレにカメラを持ち歩きたい」層に訴求できるのか、興味深く
見守りたいと思います。

個人的には、レンズをライカサイズに出来たら、とんでもなく
売れたと思うんですけどねえ。

Category : カメラ | トラックバック(-) |  コメント:0
 |